沖縄旅行はいつから行ける?自粛解除で6月7月や夏休みは?

スポンサーリンク

緊急事態宣言が解除となり、自粛解除され、やっと外出を自粛しなくて良いことになりました。

「長かった」「ホッとした」の声が聞こえてきますね。

そうなると気になるのが観光、そして旅行ですよね。GWからずっと我慢していた旅行好きの人たちは行きたいですよね。

自粛は解除されましたが、海外旅行はまだ厳しそうですが、沖縄旅行は、いつから行けるのでしょうか?6月、それとも7月??夏休みまで行けない??

既に予約をしている人も、予約をキャンセルするのか?行って良いのか??悩ましい時期でもあると思います。

それに夏休みの計画もできたら、早めに立てたいですよね。

今回は自粛解除後に、沖縄旅行にいつから行けるのか?

沖縄在住の私がリアルに調査しましたので、ご紹介します!

沖縄旅行はいつからいける?自粛解除直後のホテルや観光地は?

沖縄旅行がOKかどうかは、沖縄の受け入れ態勢がどうなっているか?がカギになると思います。調べてみました。

ホテル

まず、ホテルについて確認しました。

ホテル日航アリビラ

ホテルの運営を一時的に休館としておりましたが、日本政府の「緊急事態宣言の解除」を受け、2020年6月1日(月曜日)より順次営業を再開いたします。

引用元:https://www.alivila.co.jp/topics/detail.php?id=426

ハレクラニ沖縄

ハレクラニ沖縄では、2020年6月1日(月)正午(12:00)からの営業再開において、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を予防し、お客様により安全・安心なご滞在を
お楽しみいただくために、厚生労働省が推奨するガイドラインとルールに従い、
下記のお願いと措置をしております。

引用元:https://www.okinawa.halekulani.com/news/detail.php?id=32

ルネサンスリゾート沖縄

ホテルは、6月1日より営業を再開いたしますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、館内各施設の営業を下記のとおり変更させていただきます。

引用元:https://renaissance-okinawa.com/news/detail.php?id=63

View this post on Instagram

. 「新型コロナウイルス感染症」感染拡大に伴う一時休館および営業再開のお知らせ 平素よりルネッサンス リゾート オキナワをご利用いただきありがとうございます。 ルネッサンス リゾート オキナワでは、このたび政府および沖縄県より発令されました「緊急事態宣言」を受け、お客様と社員の健康と安全を最優先事項とし、4月26日(日)より5月31日(日)まで一時休館しておりますが、「緊急事態宣言」の解除を受け、6月1日より営業を再開いたします。 【休館期間】2020年4月26日(日)~5月31日(日) 2020年6月1日(月)よりRestart! 営業再開にあたり、お客様ならびにスタッフの健康と安全を第一に考え、お客様に安心してご利用いただけますよう、感染防止対策を行ってまいります。 #沖縄 #リゾート #ホテル #ルネッサンスリゾートオキナワ #okinawa #resort #hotel #renaissanceokinawaresort #renhotels

A post shared by 【公式】ルネッサンスリゾートオキナワ (@renaissanceokinawaresort) on

ハイアットリージェンシー那覇

世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当ホテルは臨時休館しておりましたが、
5月21日(木)より営業を再開させていただく運びとなりました。

引用元:https://hyattregencynaha.jp/info/hotel/1546?_ga=2.119806862.769371840.1590451764-884941230.1590451764

View this post on Instagram

5月21日(木)より営業再開のご案内 . . この度、世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い、臨時休館しておりましたが、5月21日(木)より営業を再開させていただく運びとなりました。 休館中多数のお客様にご協力いただきまして、誠にありがとうございました。 営業再開につきまして、当館ではお客様と従業員の安全と健康を最優先事項として考慮し、引き続き安全対策をさせていただきたく、館内施設営業時間を当面の間変更させていただきます。詳細についてはプロフィールのリンクをご確認お願い致します。宜しくお願い致します。

A post shared by Hyatt Regency Naha Okinawa (@hyattregencynahaokinawa) on

ホテルは、6月1日から営業再開しているところが多く、早いところでは5月からスタートしているホテルもありますね。

ホテルの観光客の受け入れ態勢はばっちりですね。

もちろん、感染対策もあるので、今まで通りの営業時間ではなかったり、すべての施設が営業しているとは限らないので、ホテルごとに予約をする前に詳しく施設営業、感染対策など問い合わせをしてみた方がよいと思います。

 

スポンサーリンク

 

観光スポット

次に気になるのが観光スポットですね。

美ら海水族館

2020年4月7日(火)~ 当面の間休業となっています。再開日はまだ発表になっていません。水族館だけでなく、イルカショーやウミガメ館も休業です。

引用元:https://churaumi.okinawa/topics/1582865698/

首里城

2019年10月31日に火災に遭ってしまった首里城。正殿周辺は立ち入りが出来ませんでしたが、それ以外の大部分は見学が可能でした。2020年4月19日(日)~当面の間、休園となっていて、再開の日にちは発表になっていません。

引用元:http://oki-park.jp/shurijo/

OKINAWAフルーツらんど

4月10日(金)から5月31日まで臨時休業となっていますが、再開のお知らせはまだ発表になっていません。

引用元:http://www.okinawa-fruitsland.com/

いずれも公式サイトが追い付いてないだけで、6月1日から再開するのでは?という見方が多いです。あらかじめ確認してください。

確実ではないですが、ホテルの再開状況を見ると、同じように対応するのでは??と予想されます。

 

ショッピング

旅行の楽しみのひとつは、お土産などのショッピングですね。

イオンモール沖縄ライカム

スーパーのイオンと専門店街とグルメの巨大なショッピングモールです。なんでも揃います。5月16日(土)から再開となりました。(映画館は休業)

引用元:https://okinawarycom-aeonmall.com/

サンエー浦添西海岸PARCO CITY

スーパーのサンエーと専門店街、グルメの巨大ショッピングモールです。5月16日(土)より再開となりました。

https://www.instagram.com/p/CAUle2ul80T/

国際通り

緊急事態宣言が解除されても、ほとんどの店がシャッターを閉じ、閑散としている国際通り。これまで多くの観光客を迎えてきた国際通りのシンボルのこちらシーサーも感染予防に努めていることを知っていますか?

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/76bf587d5a483204e6e08fef59c62b159a932bc0

私は那覇に住んでいるので、リアルに見てきました。4月の半ばから臨時休業になったお店が多く、ゴーストタウンの様でした。今は半分くらいの営業で、個人商店が多いので、少しずつ再開してきたといったところでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ビーチ

沖縄では通常、4月から10月まで泳げます。沖縄のビーチは海の家がありませんが、遊泳期間中なら更衣室やシャワーも使えます。

美らSUNビーチ

5月15日(金)から遊泳が出来ます。ビーチでBBQも出来ます。

引用元:https://churasun-beach.com/

宜野湾トロピカルビーチ

5/30からのBBQの受付もスタートしました。

沖縄県民は泳ぐ<ビーチパーティ(BBQ)なんです。

離島

玉城デニー沖縄県知事が次のように発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための休業要請と、飲食店への酒類提供時間や営業時間の短縮要請などを、予定通りに21日から全面解除すると公表した。

県内から県外、県外から県内への移動は31日まで引き続き自粛を求めた。離島への移動は各市町村の意向を踏まえ、解除時期を見極めるという。

引用元:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573921

沖縄には46の有人の離島があり、それぞれ文化もグルメも異なっていて魅力的なのですが、いずれも医療体制は脆弱なので、沖縄県民にも緊急以外の離島への移動自粛を要請ていました。市町村で受け入れ態勢を発表し始めました。

石垣島

石垣市 観光客受け入れ再開へ 6月1日から段階的 「感染防止策徹底」前提に

引用元:http://www.y-mainichi.co.jp/news/36410/

竹富島

沖縄県竹富町(西大舛高旬町長)は6月1日から観光客の受け入れを再開する。新型コロナウイルスの感染拡大で先月17日に独自の緊急事態宣言を発出して来島自粛を求めてきたが、今月7日付で宣言を解除して経済活動を戻す方向へかじを切った。ただ、県の感染拡大防止対策のガイドラインや「新しい生活様式」に準じた対策を講じることが営業再開の条件となる。

引用元:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/574413

座間味諸島

座間味村では6月1日より来訪者の受け入れを再開します。

引用元:https://www.vill.zamami.okinawa.jp/

イベント

春から夏の沖縄のイベントはすべて中止・延期となりました。

  • うたの日コンサート(6月24日頃)
  • 一万人エイサー踊り隊(8月第一日曜日)
  • 全島エイサーまつり(旧盆の頃)

秋以降のイベントについては、発表されていませんが、いつもとは違った沖縄になっています。

もちろん、どこへ行くとしても、コロナウイルスがいなくなったわけではないので、感染防止策は引き続き必要です。

 

スポンサーリンク

 

沖縄旅行はいつから行ける?6月末から7月がOK?おすすめ時期も

ニュースでは次のように報じられています。

都道府県をまたぐ移動については、今月末までは不要不急の帰省や旅行などは避けるよう促しています。その後、6月18日までの3週間程度は、最後まで宣言が継続された東京など首都圏の1都3県や北海道との間の移動は慎重に対応するよう促しています。また、自治体などが行う観光振興については、6月18日までの3週間程度は県内観光の振興から取り組むとしていて、その状況を踏まえたうえで、その後、県外からの人の呼び込みを実施するよう求めています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/policy/?tab=1

 

政府の出しているガイドラインでは、他県の人は6月末から7月がOKぽいかも?と考えられます。

ですが、コロナウイルスがなくなったわけではないので、これから第二波が来るという情報もあります。

持病がある人、高齢者、赤ちゃんなど小さなお子さんがいるファミリーなどは、もう少し後にして、様子を見るのもアリ?だと思います。

沖縄に住んでいる私の個人的な意見は、今、沖縄は梅雨です。平年では6月23日ごろが梅雨明けですが、6月23日は「慰霊の日」です。沖縄戦で亡くなった人を慰霊する祈りの日です。この時に沖縄に”遊びに来る”のはNGです。

梅雨明けが遅れることもあるので、6月末はアヤシイと思います。雨が降ると行ける場所が限られてしまうからです。

元気な人だけ、高齢者や小さいお子さんを同伴しない場合なら、7月以降の旅行が良いのではと思います。

 

スポンサーリンク

 

自粛解除で沖縄旅行は7月末からの夏休みが安く行けるしおすすめ?

政府は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている観光業や飲食業向けの需要喚起策について、7月下旬から実施する方針を固めた。国内旅行の代金の補助や飲食店で使えるクーポン券などに計約1・7兆円の予算を確保しており、業績の回復につなげる。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200525-OYT1T50077/

コロナウイルスによる観光業への打撃は大きかったので、上記のように需要喚起策が実施される予定です。

沖縄に安く行ける可能性があることと様子を見る意味も兼ねて、7月末以降に行くのもアリでは?ないでしょうか。

ですが、自粛が解除されたとしても、第二波がある可能性もあります。

また参加者が発熱など体調不良の場合は、旅行を取りやめるべきなので、そういった時に、キャンセル料がかからないか?
緊急事態宣言が再度出た場合、キャンセル料がかからないか??なども確認してみた方が良さそうです。

今回のコロナ騒動が始まってから、キャンセル料を払わなくてよい旅行会社も多かったので、その辺りの条件なども事前に確認しておいた方が良さそうです。

沖縄のとある店舗の経営者は、台湾のイベントに出店する予定でしたが、コロナウイルスの影響で、イベントが中止になってしまいました。

しかし、航空券は払い戻しの出来ないものだったと嘆いていました。

旅行会社や航空会社によってキャンセル料がかからない条件が異なります。

やっぱり心配な人は「キャンセル保険」というのもあります。

急なケガや病気で旅行に行けなくなっても大丈夫。ツアー・航空券・ホテルの予約をキャンセルしてもキャンセル料が保険金として戻ってきます!!

引用元:https://www.travel.co.jp/insurance/cxl/

コロナ感染で不安定な時だからこそ、保険の活用も検討してみてください。

 

まとめ

 

緊急事態宣言が解除となり、外出の自粛もしなくてよくなりました。

海外旅行はまだ厳しいと思いますが、健康な人であれば、国内旅行ならば6月末か7月からなら行っても良さそうです。

沖縄旅行ならば、健康であること、持病がなく、高齢者、小さな子供が同伴しない場合ならば、7月以降なら良さそうです。

6月末は梅雨明けが遅れる可能性があることと、6月23日の慰霊の日は祈りの日であって、個人的には、遊びに行くのはふさわしくない日だと思います。

緊急事態宣言が解除になっても、コロナウイルスはなくなっていないので、体調不良の場合は外出しない、マスクの着用、3密の回避、混雑の回避は必要だと思いますので、各自の感染対策が必要になってくると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です