沖縄旅行いけるか?行けないのか観光地の現状は?

スポンサーリンク

今年はコロナウイルスの影響で海外旅行は行けないので、沖縄旅行をしてリゾート気分を味わおうと計画していた人も多いと思います。

沖縄は観光立県ですので、観光に関係する業種がとても多いので、GOTOトラベルキャンペーンに期待していた関係者も多かったのです。

そんな最中に報じられた日本各地でのコロナ感染の拡大と沖縄でのコロナ感染者の増加。

すでに夏休みに向けて、沖縄旅行の予約をしていた人も多い思いますが沖縄旅行に行きたいけど「沖縄旅行に行けるのか?」「沖縄旅行に行けないの??」と旅行に行くかどうか迷っている人が多いと思います。

今回は感染状況やネットの声などを紹介しつつ

沖縄に住んでいる私が、沖縄の現状を紹介します。

沖縄旅行いけるか?行けないのか?コロナ感染者が増える現状

コロナは東京の感染者が飛びぬけて多かったのですが、最近は全国的に感染が広がっています。

沖縄旅行に限ったことではないのですが、夏の旅行を楽しみにして予約をしていた人たちが迷っている状況だと思います。

東京

国内旅行の需要喚起策「Go To トラベル」事業を巡り、政府は東京都発着を補助対象から外す方針に転換した。新型コロナウイルスの感染者が急増する東京からの来訪が増えれば、地方に感染が広がるとの懸念を踏まえた。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61681270X10C20A7EA3000/

東京都で新たに感染が確認されたのは、これまでで最も多い367人で、すでに感染した人との濃厚接触者は163人、感染経路が不明な人は204人だった。 東京都では、演劇の稽古中、29日までに2人の陽性が確認され、公演関係者の検査を行ったところ、30日に20人以上の感染が確認された。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e4bf472c2360ab17006bb2b6b9cb53ae464148dc

かねてから感染者数が連日100人と話題になっていたのですが、それが200人を超え、とうとう300人。東京独自の緊急事態宣言が出るのでは?という話も浮上しています。

大阪

大阪府の7月29日の新型コロナウイルス新規感染者の数は221人に上ることがわかりました。前日7月28日の155人を超えることになり、過去最多となります。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/7f29894e902fa0d8857c80105aa67ef14b687bf7

愛知

愛知県内では29日、新たに167人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。県内で1日に発表された感染者数として、過去最多を大幅に更新しました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200729/k10012538931000.html

岩手

岩手県と盛岡市は県内に住む30代と40代の男性2人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。岩手県内で感染が確認されたのは初めてで、これで全国すべての都道府県で感染が確認されたことになります。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200729/k10012539681000.html

これまでは東京の感染者数が飛びぬけて多かったので、「東京問題」とも言われていましたが、最近は全国で感染者が見つかり、これまで感染者がゼロだった岩手県でも感染者が見つかりました。

そしてとうとう大阪府も200人超え。

コロナ感染者は地域による特徴も、職業による特徴もなさそうで、いつ誰がどこで感染してもおかしくない状態になっていると言えそうです。

そしてとうとう、比較的少なかった、沖縄の感染者数も増えてきています。

県は29日、県内で新たに20~60代の男女44人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。前日の21人から倍増し、1日で最多の確認数を3日連続で更新した。感染が拡大する那覇市松山では26~29日、同じビルに入居する系列のキャバクラ2店舗で客や従業員ら少なくとも14人の感染が判明し、クラスター(感染者集団)が発生している。

引用元:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/608577

 県は29日、新型コロナウイルスに44人が感染したと発表した。県立宮古病院に勤務する職員の20代女性の感染も判明した。宮古島市で感染者が出るのは初めて。県内の1日の新規感染者数としては最多の44人となった。前日に感染が判明した5人は一緒に那覇市松山の店を訪れており、この店の感染者は客と従業員合わせて少なくとも14人となる。県はこの店でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。那覇市などと連携し、近く松山で大規模な検査を実施する方向で調整している。

 県の発表とは別に県警は29日、県警本部の50代男性警察官が感染したと発表した。28日に感染を明らかにした浦添署員は、県の29日の発表数に含まれる。県内の累計感染者数は県発表に県警を加えた276人。

29日に感染が判明した44人のうち、居住地が公表されたのは那覇市、糸満市、豊見城市、南城市、浦添市、宜野湾市、沖縄市、うるま市、宮古島市、中部保健所管内、南部保健所管内で、本島中南部に集中している。うるま市の50代女性は、5人の感染が判明した沖縄市のコールセンター、トランスコスモスマーケティングチェーンマネジメントセンター沖縄コザで勤務する。県は、このコールセンターでもクラスターが発生していると確定した。

引用元:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1165210.html

1日の最多の感染者数が3日連続で更新されています。

宮古島でも感染者が見つかり、医療体制の脆弱な離島での感染者発生は大きな問題です。

繁華街の松山、沖縄市のコールセンターでもクラスターが発生し、地域性や職業の特徴はなさそうです。

もうひとつ、沖縄では米軍基地でのコロナウイルスの感染拡大が問題になっています。

沖縄県は25日、米軍からの連絡で、新たに米軍関係者64人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県が日ごとに発表してきた米軍関係者の感染確認数としては過去最多。県内の米軍基地内での感染者は計229人になった。

引用元:https://mainichi.jp/articles/20200725/k00/00m/040/082000c

海外からの渡航者は空港で体温などのチェックを受けますが、基地関係は対象外です。

どうやら7月4日のアメリカ独立記念日のパーティが発端だったのでは?と言われていますが、米軍基地はアメリカの法律が適応されるため、情報が沖縄県に伝えられないのが実態です。

ようやく感染者数が連絡されるようになりましたが、年齢も性別などの詳細は明らかにされていません。

基地で働く沖縄県民もいますし、基地関係者も多く訪れるお店などもありますので、米軍基地由来で感染が広がるのではないかと不安に思う人もいます。

また、こんなニュースも話題になっています。

福井県は29日、沖縄県に旅行していた福井、坂井両市の30〜50代の男性会社員6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。全員が軽症か無症状という。

6人は一緒に行動し、発症時期も同時期のため、職場ではなく旅行中に感染した可能性が高いとみている。

引用元:https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20200729k0000m040179000c.html

沖縄県は27日、県内で新たに10歳未満から90代の男女18人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日の感染者数では過去最多。累計感染者数は210人となり、200人を超えた。観光で来県した千葉県の50代男性は重篤な肺炎で重症。県の警戒レベルの七つの判断指標のうち「入院患者数」「病床利用率」「直近1週間の新規感染者数」の3指標が第3段階の「感染流行期」に入った。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5d43c04d3185efd4454e66f1d54d85a315853a98

やはり、旅行に来た観光客の感染確認のニュースが増えてきています。

玉城デニー沖縄県知事が、感染拡大を受けて、先日会見を開きました。

沖縄県の玉城デニー知事は28日午後2時過ぎに記者会見し、県内の新型コロナウイルス警戒レベルを第二段階に引き上げたことに伴う対応策を発表した。都道府県をまたぐ移動の自粛は求めなかった。新型コロナで観光客が大幅に減少するなど県経済は打撃を受けており、感染を最小限に抑えつつ、経済を立て直す方策を重視したとみられる。

感染が拡大している東京都への不要不急の往来は「慎重な検討を求める」と述べるにとどめた。

引用元:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/607528

沖縄の玉城デニー知事は会見で、警戒レベルを引き上げましたが、県をまたぐ移動の自粛は求めず、東京都への不要不急の往来は慎重にして欲しいと述べました。

沖縄県の経済活動のことを重視して、このような発言となったと思われますが、県は30日に対策本部会議を開き、県内外の移動自粛を求めるかどうかなどの対策を検討する予定になっていますので、新しい発表があるかもしれません。

このような状況を受けて、ツイッターでは沖縄旅行を予約したものの、どうししよう??と迷っている声が見つかりました。

実際に沖縄旅行をキャンセルした人の声も見つかりました。

経済的なことを考えると、非常に難しい問題です。

しかし不安を抱えたままでは楽しめませんので悩んでいるなら、キャンセル料がかかるギリギリまで様子を見て判断をしてもいいかもしれません。

これから予約をしようという人は、もう少し様子を見てからでもいいかと思います。

 

スポンサーリンク

 

沖縄旅行行けるのか?観光地の現状は?

沖縄に旅行しようと考えている人は、観光地が自分たちを歓迎してくれるのか?が気になるところだと思います。

まずは現在の沖縄の状況をご紹介します。

観光スポットは営業中

まずは観光スポットの営業状態を紹介します。

◆美ら海水族館

2020年6月1日から営業再開、現在も営業中

但し、イルカショー・ダイバーショーは中止です。

マスクの着用が必須(乳幼児を除く)

引用元:https://churaumi.okinawa/topics/1588054521/

ナゴパイナップルパーク

2020年7月4日から営業を再開し、現在も営業中です。

マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保に協力ください。

https://www.nagopine.com/

 


◆首里城

2019年10月に火災にあってしまった首里城ですが、正殿のあった区域以外は公開されていました。

一旦休園となりましたが、6月1日より再開となり、6月12日より世界遺産となっている首里城正殿の遺構(遺跡みたいなもの)が公開となっています。

首里城は思っている以上に広く、日陰が少ないので、帽子を被って飲み物を持ち歩いてください。

http://oki-park.jp/shurijo/

 

ガンガラーの谷

6月20日からガイドツアー再開しています。

ガンガラーの谷は数十万年前までは鍾乳洞だったところが崩れてできた亜熱帯の森です。約1万8千年前にいきていた「港川人」の居住区ではないかと考えられているので、今でも発掘調査が行われています。

もともとガイドツアーに予約した人しか谷に立ち入れないシステムなので、混雑が避けられます。

探検気分で森を歩くのは楽しいです。滑りにくい靴でどうぞ。

引用元:http://www.gangala.com/

 


◆ 斎場御嶽

パワースポットとして人気の高い斎場御嶽。

6月22日より開場していますが、三庫理入口より内側は一般参拝者は立ち入りが出来ません。

また、7月9日から定時ガイド、予約ガイドは中止しています。

聖地ですので、きちんとマナーを守って訪れてください。

引用元:https://okinawa-nanjo.jp/sefa/

 

施設内で休業しているところはありますが、施設丸ごと休業しているところはなさそうです。

では観光地の様子はどうなっているでしょうか?

国際通りの様子です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、那覇市の国際通りで40店舗が閉店していることが、同市国際通り商店街振興組合連合会が20、21日に行った調査で分かった。同連合会は3密を避けながら商店街を活性化させようと、26日から路上で物販や飲食の提供を行う「国際通りマルシェ」を始める。同市平和通り商店街振興組合によると、平和通りでは22日時点で16店舗が閉店している。

引用元:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1161223.html

国際通りは閉店してしまったお店が40店舗もあり、中には臨時休業のまま一度も再開されることなく、つぶれてしまったところもたくさんあります。

毎週日曜日の歩行者天国も7/26から再開となりましたが、昼過ぎには人通りもまばらで、心配になってしまうくらいです。

北谷町の美浜アメリカンビレッジは、外国のような美しい街並みが広がりますが、びっくりするほどガラガラです。

那覇市民が日常的に利用する新都心界隈はにぎわっています。

新しくオープンしたショッピングモールの「イーアス沖縄豊崎」も混雑していますが、あとはガラガラと言っていいでしょう。

 

イベントはほぼすべてが中止

イベントのほぼすべてが中止となっています。

延期と発表されているものも、日程が未定のままのものがほとんどなので、箇条書きで紹介します。

  • 那覇ハーリー
  • 糸満ハーレー
  • 海洋博公園サマーフェスティバル
  • 恩納村美ら海花火大会
  • 琉球海炎祭
  • 一万人エイサー踊り隊
  • 全島エイサーまつり
  • 那覇大綱挽
  • 那覇マラソン
  • うたの日コンサート
  • 読谷やちむん市
  • 宮古島トライアスロン大会
  • 石垣島トライアスロン
  • 古宇利島マジックアワーRUN in 今帰仁村
  • 島酒フェスタ
  • 宮古島ミュージックコンベンション
  • MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL(宮古島ロックフェス)
  • CORONA SUNSETS FESTIVAL

 

これ以外にも、沖縄はその大きさにかかわらずイベントがたくさんあります。直前に変更になることもありますので、最新情報をご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

沖縄旅行に行かないと、観光業やその他も絶望的!

先程もご紹介しましたが、沖縄は観光業が中心なので、コロナ禍のため、大変なことになっています。

国際通りには約470店舗があるという。コロナの影響でピーク時は400店舗以上が休業したが、6月から営業を再開する店舗が増えた。調査時点で休業中は38店舗だった。4連休に合わせて、このうち約2割が営業再開するという。平和通りでもピーク時は全179店舗のうち、ほとんどが休業していたが、現在は半数超が再開している。

国際通りで飲食店を経営する60代の男性店主は4月から約2カ月間休業し、6月上旬に営業を再開した。「収入は前年同期に比べて20~30%落ち込んでいる。毎月約30万円の赤字だ」と厳しい現状を説明した。

引用元:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1161223.html

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う観光客減少の影響で、ドラッグストア「ダイコクドラッグ」の県内店舗が相次いで閉店、休業していることが20日までに分かった。  3月に入り、2店が閉店、2店が臨時休業した。関係者によると、4日に石垣市の「石垣730記念碑前店」が閉店し、8日は那覇市の「那覇平和通り店」が臨時休業。11日に北谷町美浜の「北谷西2階店」が臨時休業し、18日は国際通りの「国際通り西店」が閉店した。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/994e4a28432d50efba6c24339f56c849382bb762

倒産してしまった企業は、レンタカー会社、沖縄そばのお店、ホテルチェーン、クリーニング業などで、閉店になってしまった個人経営のお店はいくつあるかわかりません。

ドラッグストアは、医療品とお菓子が手にとって選べるので、いつも海外の旅行者で混雑していました。

ドラッグストアーへの立ち寄りがバスツアーに組み込まれていたくらいです。ですが、海外からの旅行者がほぼゼロになってしまった今は、閉店が相次いでいます。

観光に関する業種は、ホテルや飲食店、お土産屋さん、観光スポットだけではないのです。タクシーや観光バス、お店を作る建築業まで及びます。たくさんの企業が打撃を受けていて、このままだと、経済的に最悪なことになってしまいますし、雇用もなくなってしまいます。

行くのか?行けないのか?難しい問題であると思います。

私も大きな声で「みなさん、来てください。」とは言えないのが実状です。

ただ、全く観光客が来なくなったら、経済的に絶望的な状況になってしまいますので「来ないで」とも言えません。

本当に難しい問題です。

もし、沖縄旅行に行くのであれば、

  • マスクの着用、消毒薬の持参
  • 水分補給、熱中症対策は万全に
  • 高齢者や小さな子供を伴わない少人数で(4人くらい)
  • 接待の伴うお店には行かない
  • 持病のある人は行かない

 

そして、一番重要なのが

少しでも体調が悪い場合はキャンセルすること

これらを徹底して、はしゃぎすぎなければ、OKかと思います。

ツイッターの一部の情報では「体調が少し悪かったけど、沖縄旅行を強行し、ホテルに到着後に熱が上がり、病院に連絡」してきたなんて話もあったとか。

はやく、思いっきり沖縄を満喫できる日が来ることを祈るばかりです。

これらのことを踏まえて、1人1人が沖縄旅行に行くのか?行かないのか?判断しないといけない厳しい状況になってきています。

 

まとめ

コロナウイルスの影響のため、今年は海外旅行を諦めて、沖縄旅行を計画していた人も多いと思います。

ですが、全国的にコロナウイルスの感染者が増えてきています。

沖縄でも感染者が増えてきていて、連日、一日の最多感染者数を更新している状況です。

沖縄は観光立県ですので、観光にかかわる業種がとても多く、働いている人も多いです。

このまま観光客が減ってしまうと、経済への影響がとても深刻なものになってしまいます。

ですが、沖縄の医療体制は脆弱ですので、沖縄旅行に行っていいのか?ダメなのか?とても難しい問題となっています。

もし、沖縄旅行をするのであれば、

少人数で(沖縄の飲食店は大人数の対応できないところが多いです。)万全な対策をして、もし、ちょっとでも体調が悪いならキャンセルをすることを徹底して欲しいと思います。

一日も早く、思いっきり沖縄を満喫できる日が来ることを祈るばかりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です