東京ディズニー再開のチケット予約方法は?いつから?

スポンサーリンク

外出自粛も解除となり、県をまたぐ移動も解禁となり、いよいよ観光をする人が増えてきています。

そしてようやく、お待ちかねの「東京ディズニーリゾート(TDL)」東京ディズニーランド・東京ディズニーシーが再開されることが決定しました!

7月1日から東京ディズニーランド、東京ディズニーシーが再開します。

そうなると気になるのが、チケットの入手方法ですね。入場規制するようなのですが、果たしてどうやって再開後のチケットを入手することができるのでしょうか?

また年パスこと年間パスポートが再開後に使用できないらしいのですが本当なのでしょうか??

キャラクターたちに会える?アトラクションに乗れる?

今回は「東京ディズニーリゾート」再開後のチケット予約方法やコロナ対策、再開後のパークの様子についても調べましたので、ご紹介します!

東京ディズニー7月から再開!チケット予約方法は?

2020年7月飛行機は大丈夫?三密など対策は?

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーは、7 月 1 日(水)から両パークを
再開することを決定しましたのでお知らせいたします。

引用元:https://media2.tokyodisneyresort.jp/home/tdr/news/release/reopen.pdf

先に大阪のUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)が再開したことで、ディズニー再開はいつ!?と話題になっていましたが、遅れての再開がやっと決定しました!

そうなると気になるのが、チケットの入手方法です。

通常営業時のように窓口でのチケット販売は行わず、入場人数を規制するため、オンラインで人数限定の販売です。

ということで・・・オンラインでチケットを入手するのは、かなりの倍率になることが予想され、入手が困難になりそうです。

以下、チケット発売の詳細です。

 

チケット発売開始日時:6 月 25 日(木)午後 3 時より
チケット発売サイト:https://reserve.tokyodisneyresort.jp/ ←ここから購入できます。

期間:1ヶ月先まで日付指定

1度に購入できる枚数:5枚まで

決済方法:クレジットカードのみ

 

【チケットの種類】

・1 デーパスポート 午前 8 時以降:大人 8,200 円、中人 6,900 円、小人 4,900 円

・入園時間指定 午前 11 時以降:大人 7,300 円、中人 6,100 円、小人 4,300 円

・入園時間指定 午後 2 時以降:大人 6,300 円、中人 5,400 円 、小人3,800 円

 

人数を分散させるためなのか?チケットの種類は、入場時間指定する3種類に分かれています。

ただ、個人的に思うのですが、これって、徐々に人数が増え、14時以降は、すごい人数になってしまうと思うのですが、こればっかりはスタートしてみないと状況は読めないですね。

となっています。

いろいろ戸惑いもあるかと思いますが、ツイッターから再開の喜びの声を集めました。

 

東京ディズニーの再開は子供から大人まで、むしろ大人のほうが喜んでいるようですね♪

 

スポンサーリンク

 

東京ディズニー再開も年パスが使用できない!?

再開に喜びの声があがるなか、話題になっているのが「年パス」こと「年間パスポート」扱いです。

東京ディズニーリゾート(ディズニーシー・ディズニーランド)の年パスの扱いは以下のようになっています。

オープン券、年間パスポート、再来園パスポート等、上記以外のチケットは全て
ご入園いただけませんのでご注意ください

・有効期限の延長もしくは払い戻し
・グッズのオンライン購入と抽選によるご入園
パークに入園しなくても東京ディズニーリゾート・アプリのオンライングッズ販
売をご利用いただけるよう準備しています。また、年間パスポートでご入園いた
だけない期間については、抽選でご入園いただけるシステムを導入します。詳細
については、準備が整い次第、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサ
イトにてお知らせいたします。

引用元:https://media2.tokyodisneyresort.jp/home/tdr/news/release/reopen.pdf

東京ディズニーランド・リゾートの再開のチケットは、年パスは使えないんです。

大阪のUSJでは、年パス保持者が優先的にチケットを入手できる条件になっていたことから、不満の声があがっています。

そして、今回の再開に伴って年パスについては

・有効期限の延長か払い戻し

・グッズのオンライン購入と抽選による入園を検討

となっています。

抽選による入園とありますがまだ検討中なんですね。年パス保持者としても微妙な心境になることは理解できます。

USJのように年パス優遇でないことに不満のツイートもたくさんあがっています。

USJの例もあったので、同じような対応を予想していた人が多かったことから、この落差にがっかりした人も多いと思います。

また年パスが今回のチケットの対象外は納得できるとしても、決定が後回しになっていることに不満の声もあがっています。

しかし逆に年パス優遇はないけれど、しょうがないと思う、賛成の声もありました。

USJの年パス保持者と東京ディズニーの年パス保持者の人数が違っていて、密にならないような人数制限をすることが難しかったのかもしれませんえ。

ただ、有効期限の延長や払い戻し方法、抽選入園の仕方などが再開においついていないので、”後回し”にされてしまった感じが不安を増加させていると思います。

遠方に住んでいて年パス持っている人も多いでしょうから、準備が整ってから抽選となっても行かれるのか?現実的ではないのでは?と思ってしまった人もいるようです。

 

スポンサーリンク

 

東京ディズニー再開の内容やコロナ対策とは?

そしてどう考えても人が集まってしまうことが予想される東京ディズニーランド・東京ディズニーシー。

東京ディズニー再開にあたってのコロナ感染対策が気になりますよね。

以下、コロナ対策についてまとめてみました。

・ゲストの皆さまとキャストを含むパークに関わる全ての人の健康管理に留意する
・衛生的な施設・設備を提供できるよう清掃・消毒を強化実施する
・ソーシャルディスタンスと十分に換気された空気環境を確保する

引用元:https://media2.tokyodisneyresort.jp/home/tdr/news/release/reopen.pdf

再開日時:2020年7月1日
当分の開園時間、閉園時間:午前 8 時 ~ 午後 8 時

ゲスト、キャストともにマスクの着用が必須です。

これは、しょうがないですが、これからの夏の季節、キャストにとっても、ゲストにとっても厳しいものになってくると思います。

またゲストは入場に際して、検温が必要で、ソーシャルディスタンスの確保、手指の消毒、クレジットカードでの決済の推奨などの対策も行われています。

また、利用できないサービスやアトラクションがあります。

キャラクターグリーティング、パレードはなく、キャラクターと触れ合っての写真撮影もNGです。

密になってしまうアトラクションも休止となります。

例えば

・ミートミッキー(東京ディズニーランド)

・フェアリーテイルホール(東京ディズニーランド)

・マーメイドラグーン(東京ディズニーシー)

・海底2万マイル(東京ディズニーシー)

などです。

公式ではないですがこんなツイートも見つけました。

パレードを目当てで行く人も多いので、残念だと思いますが、ディズニーの世界観を再び味わえるのは、嬉しいかもしれません。

 

まとめ

 

東京ディズニーは7月1日から再開することが決まりました。

6 月 25 日(木)午後 3 時より専用サイトでのチケット発売となります。

年パスは使えません。

マスクの着用、検温の実施が求められ、パレードやキャラクターとの接触は出来ませんし、休止となるサービスやアトラクションもあります。

普段の東京ディズニーとはまったく違う姿になりそうですが、うまくチケットがgetできたら、空いていて快適かもしれません。まずは再開を喜びたいですね

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です