訳ありのカラオケ店【岡田健史】ネタバレ感想【ほん怖】は長い髪の女が怖い

スポンサーリンク

ハロウィン当日の10月31日の土曜日にフジテレビで放送される毎年恒例の『ほん怖2020』こと『ほんとにあった怖い話 2020特別編』。

今年は、直前に出演予定だった伊藤健太郎さんが逮捕。

放送はどうなるのか?気になった人が多いと思いますが無事に放送が決定しました!

そんな「ほん怖」に人気若手俳優の岡田健史(おかだけんし)さんが初登場します。

岡田健史さんが出演するエピソードが「訳ありのカラオケ店」です。

今回は「ほん怖」で岡田健史さんが主演する「訳ありのカラオケ店」のネタバレあらすじ、感想をご紹介していきます。

訳ありのカラオケ店の岡田健史ネタバレあらすじ【ほん怖】

訳ありのカラオケ店【岡田健史】のネタバレあらすじ

まずは、あらすじのご紹介です。

カラオケ店員の大野陽平(おおの・ようへい)。彼は仕事中に度々起こる、奇妙な現象に日々悩まされていた。実はこの店の入っている建物は、ちょっとしたいわくつきで・・・。ある日の夜、同僚の金井美紅(かない・みく/川島鈴遥)と店番をしているところに、元店員である吉岡翔(よしおか・しょう/亜生)がやってくる。彼は「後から連れが来るから」と言い残して、先に部屋へ入っていった。しばらくして、フロントに長い髪の女がやって来る。

「8番の部屋に案内してほしい」という彼女。

陽平はただならぬ雰囲気を感じながらも、吉岡のいる8番の部屋に女を案内するのだが・・・。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/20200901.html

いわくつきなカラオケ店って・・・。一体どんなことが起きるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

 

訳ありのカラオケ店【岡田健史】のキャスト

大野陽平【演:岡田健史】

彼は仕事中に度々起こる、奇妙な現象に日々悩まされているカラオケ店員。

吉岡翔【演:亜生】

元カラオケ店員

金井美紅【演:川島鈴遥】

大野陽平のカラオケ店の同僚

 

スポンサーリンク

 

訳ありのカラオケ店岡田健史ネタバレ感想【ほん怖】①8番パーティールームでは・・・

アルバイトを始めたばかりの陽平は、内線で連絡を受け、8番のパーティールームに行くと・・・びっくりします。

部屋は真っ暗。その中に、明らかに幽霊っぽい髪の長い女性が。

びっくりして、電気をつけると・・・女性はいなくなっていました。

同僚の金井「中見ちゃったか・・・。いつもは何も感じない私でも、あそこは何かいるって感じたよ。慣れちゃったけど。」

陽平「慣れちゃったって・・・(^^;」

同僚の金井「でも辞めないでね!みんなバイト辞めちゃってピンチなの。」

そうお願いされた陽平は「まだ始めたばっかだし辞めないですよ」と言うと、安心する金井。

元々、訳アリの物件らしく事故や自殺が頻繁に起きたり奇妙な現象が起きるなど噂が絶えませんでした。

そして、また、8番の部屋を片付けていると・・・肩に何者かの手が!?ひぇーーー。

おそらく幽霊の手ですね(^^;持っていたお皿やコップなどをすべて落としてしまいます。

明らかに霊ですね。

こうして陽平は、日々様々な不気味な現象に悩まされていました。

 

スポンサーリンク

 

訳ありのカラオケ店岡田健史ネタバレ感想【ほん怖】②バイトの吉岡が・・・

ある日、元バイトの吉岡翔(亜生)が来て、後から連れが来るからと言います。陽平は、吉岡を8番の部屋に案内します。

バイトの金井が「あの人ですよ。最近まで働いていたベテランのバイトの人。よくあいつここに来れたもんだよ」と意味ありげな発言をします。

事情を聞こうとすると、お客さんが来たので、この話はできずじまいでした。

何か微妙な理由があって、バイトを辞めたようでした。

すると・・・あとから気味の悪い、髪の長い女が「すみません。受付いいですか??」と聞いてきます。

見るからに、気味の悪いその女は、ずっと下を見ていました。

 

スポンサーリンク

 

訳ありのカラオケ店岡田健史ネタバレ感想【ほん怖】③吉岡と長い髪の女の関係とは・・・

陽平は長い髪の女性に「1名ですか??」と聞くと「8番の部屋へ・・・」と言います。

「吉岡様のお連れ様ですね?アプリをお持ちですか?」と聞いても何も答えません。

面倒な質問をされてイライラしている様子の女性は下を向きながらも・・・

「だから・・・8番のところに行きたいんだけど、ねえーー早く彼のところに行きたいんだけど」イライラする彼女。

びっくりした陽平は「承知いたしました」とあせって、8番の部屋にその女性を1人で行かせます。

その後、しばらくして、吉岡が会計をしに来ました。

後から女性が合流したので「2人分」の金額を提示すると「俺、1人やった」と言います。

しかし「女性の方が行きましたよね?」と陽平。

2人は会計で揉めます。

バイトの金井が「どうしたの??」と聞くと

吉岡は「ぼったくられる!この新しいバイトなんなん!?」とイライラします。

吉岡は「連れの男友達が来なかった」と言うのです。

同僚の金井が、陽平が見た女性がどんな人だったか??と聞きます。

すると・・・「ゆるいウェーブの長い髪で、赤い口紅、口元にほくろがある・・・」と言うと、突然吉岡が血相を変えて「やめろや!」と言います。

そして「なんの嫌がらせやねん!いい加減にせえよ!!」と帰っていきます。

金井はが陽平が見たのは、吉岡さんの元彼女だったのでは??と言います。

彼女は吉岡さんにヒドイ振られ方をされ・・・なんとこの建物の中で亡くなっていたとのことでした。

だから、よくカラオケに来れたもんだと金井は言ったんですね。

「その出来事や、ボクがこれまで体験した体験は、訳アリのこの物件が引き起こしたのかもしれません。」という陽平のナレーションで終了です。

そして・・・陽平の後ろには・・・髪の長い女性の姿がありました(+o+)

 

スポンサーリンク

 

訳ありのカラオケ店岡田健史【ほん怖】感想評判!カラオケは怖い!?

カラオケに行きたくなくなる、怖い話って感じですよね。

空いているカラオケに1人カラオケに行きたくなる怖いエピソードでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です