罪の声そういちろう役の俳優は宇野祥平!ネタバレはかわいそうで壮絶な運命

スポンサーリンク

小栗旬(おぐりしゅん)さんと星野源(ほしのげん)さんが主演を務める映画「罪の声」が10月30日より公開されています。

この映画は塩田武士(しおたたけし)さんの同名小説が原作のサスペンス映画です。

小栗旬さん演じる新聞記者の阿久津英士(あくつえいじ)35年前に起こった未解決事件を調べるうちに、星野源さん演じる京都でテーラーを営む曽根俊也(そねしゅんや)と出会います。

知らないうちに事件に関わってしまった俊也と記者の阿久津がともに事件を追っていきます。

俊也と事件に巻き込まれてしまった人物で、ストーリーの中でキーパーソンであるそうちゃんこと生島聡一郎(いくしまそういちろう)役のキャスト俳優の宇野祥平(うのしょうへい)さんが演じています。

総一郎役の宇野祥平さんは、それほど知名度は高くない役者さんですが、映画を中心に活躍する実力派の名脇役です。

今回の「罪の声」では壮絶な人生をおくってきた重要人物の役で、その熱演がかなり話題となっています。

この記事では映画「罪の声」で生島聡一郎役を演じる宇野祥平さんについてプロフィールと過去の出演を紹介します。

最後に映画の聡一郎のネタバレも紹介しています。映画の結末のネタバレを紹介しているので、知りたくない人は閲覧注意です。

罪の声そういちろう役の俳優は宇野祥平!役作りに10キロ減量で熱演

罪の声【映画】感想!声を録音した黒幕犯人と真相に鳥肌【ネタバレあり】

物語翻弄される運命。救うべきもの。本当の“罪”とは――日本中を震撼させた未解決事件。
35年前、日本中を巻き込み震撼させた驚愕の大事件。食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件は、誘拐や身代金要求、そして毒物混入など数々の犯罪を繰り返す凶悪さと同時に、警察やマスコミまでも挑発し、世間の関心を引き続けた挙句に忽然と姿を消した謎の犯人グループによる、日本の犯罪史上類を見ない劇場型犯罪だった。

大日新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、既に時効となっているこの未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、取材を重ねる毎日を過ごしていた。 一方、京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)は、家族3人で幸せに暮らしていたが、ある日、父の遺品の中に古いカセットテープを見つける。

「俺の声だ―」

それは、あの未解決の大事件で犯人グループが身代金の受け渡しに使用した脅迫テープと全く同じ声だった!
やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かう。
「正義」とは何か?「罪」とは何か?
事件の深淵に潜む真実を追う新聞記者の阿久津と、脅迫テープに声を使用され、知らないうちに事件に関わってしまった俊也を含む3人の子どもたち。
昭和・平成が幕を閉じ新時代が始まろうとしている今、35年の時を経て、それぞれの人生が激しく交錯し、衝撃の真相が明らかになる ――

引用元:公式サイト

「罪の声」は塩田武さんのサスペンス小説を原作とした映画です。

実際に起こったグリコ・森永事件をモチーフとした作品です。

1984年、人気製菓メーカーのギンガの社長が誘拐され身代金を要求される事件が起きました。

社長は自力で逃げ出すも、犯人は「くらま天狗」を名乗り、商品に毒物を混入すると言って脅迫したり、警察やマスコミに脅迫状や挑戦状を送り付けたりして捜査をかく乱します。

その脅迫テープには3人の子供の声が使われていました。

結局警察は犯人を逮捕することができず、「ギンガ萬堂事件」は未解決のまま時効を迎えました。

それから35年、大阪・大日新聞社で働く小栗旬さん演じる阿久津英士は未解決事件の真相を追うという企画を任され「ギンガ萬堂事件」を担当することになります。

一方京都でテーラーを営む星野源さん演じる曽根俊也は妻と娘と幸せに暮らしていました。

そんな中父の遺品を整理していると、35年前の事件に使われた脅迫テープと同じ内容のカセットテープが出てきました。

脅迫テープに使われたのは自分の声だと確信した俊也は真相を調べ始めます。

そして事件の真相を追って取材を続ける阿久津と、自分が知らない間に事件に関わっていた俊也は導かれるように出会います。

35年の時を経て、未解決事件の真相が明らかになっていきます。

この映画でキーパーソンとなるのは宇野祥平さん演じる生島聡一郎です。

生島聡一郎

望の弟。声を事件に使用された子どもの一人で当時小学生だった。現在は消息不明。

引用元:公式サイト

元警察官の息子である聡一郎は、俊也と同じく小学生だった当時に事件の脅迫テープに声を使用されていました。

聡一郎の姉もテープに声を使われており、このことで母親と姉とともに事件に巻き込まれていくことになります。

現在は消息不明となっており、事件の真相を知る上で重要人物となっています。

宇野祥平さんは撮影に臨むにあたって10キロも減量し、役作りを行ったそうです。

その演技は主演の2人も絶賛するほどだったそうです。

映画を見た方々からもその演技力に絶賛する声が相次いでいます。

これから見る人にも是非宇野祥平さんの演技に注目してほしいと思います。

それでは生島聡一郎を演じる宇野祥平さんについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

罪の声そういちろう役の宇野祥平のプロフィールは?

罪の声の望のネタバレ!生島のぞみと聡一郎の壮絶な結末とは?

1978年2月11日生
出身地/大阪府
身長/169cm

引用元:公式サイト

宇野祥平さんは現在42歳の俳優です。

大阪府出身の宇野祥平さんは、高校卒業後は花屋で働いていたそうです。

その時の店主の影響で、自分もやりたい仕事に就こうと思い好きだった映画の道に進むことを決意します。

大阪梅田のビジュアルアーツ専門学校放送映画科に進学し、昼はアルバイトをしながら夜は学校に通い、その後に仲間と自主映画を撮影するという日々を送っていました。

その後22歳の時に、降板した役者の代わりに映画に出演することになり上京します。

喫茶店でアルバイトをしながら役者を目指し、アルバイトは9年もしていたそうです。

30歳を過ぎるまでは友達の家を転々とするような生活をしていたそうですが、だんだんと役者の仕事が決まっていき、現在は映画に欠かせない名バイプレイヤーとして活躍しています。

2020年は10作品以上の映画にすでに出演しており、2021年もすでに5本の映画への出演が予定されています。

最近にはNHK朝ドラ「エール」にも出演し、その演技が注目されていました。

今後も様々な作品で活躍が期待できます。

 

スポンサーリンク

 

罪の声そういちろう役の宇野祥平の過去の出演作品一覧は?

罪の声のぞみ役は原菜乃華!生島望役のキャスト女優

それでは宇野祥平さんのこれまでの出演作品を紹介していきます。

映画など出演作品が膨大なので、主な作品を抜粋して紹介していきます。

テレビドラマ
美少女日記III(2001年)
深夜食堂(2009年・2011年・2014年)
VISION-殺しが見える女-(2012年)
エアーズロック(2012年)
まほろ駅前番外地(2013年)
ウルトラマンギンガ(2013年)
リバースエッジ 大川端探偵社 (2014年)
女はそれを許さない(2014年)
隣のレジの梅木さん(2014年)
洞窟おじさん(2015年)
劇場霊からの招待状(2015年)
仮面ライダーエグゼイド(2017年)
セシルのもくろみ(2017年)
ハロー張りネズミ (2017年)
ブラックリベンジ(2017年)
家康、江戸を建てる(2019年、NHK総合) – 元蔵 役
スキャンダル専門弁護士 QUEEN(2019年)
連続テレビ小説 エール(2020年)
太陽の子(2020年)

 

映画
絵里に首ったけ(2000年)
花(2002年)
座頭市(2003年)
妖怪大戦争(2005年)
それでもボクはやってない(2006年)
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年)
オカルト(2008年)
カイジ 人生逆転ゲーム(2009年)
超・暴力人間(2010年)
超・悪人(2010年)
舟を編む(2013年)
わたしのハワイの歩きかた(2014年)
殺人ワークショップ(2014年)
味園ユニバース(2015年)
深夜食堂(2015年)
木屋町DARUMA(2015年)
俳優 亀岡拓次(2016年)
セーラー服と機関銃 -卒業-(2016年)
菊とギロチン(2018年)
鈴木家の嘘(2018年)
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年)
プリズン13(2019年)
酔うと化け物になる父がつらい(2020年)
事故物件 恐い間取り(2020年)
本気のしるし(2020年)

2000年に22歳で俳優デビューした宇野祥平さん。

2008年にはホラー映画「オカルト」で初主演を務めました。

演じたのは通り魔事件の被害者で唯一の生存者江野祥平(えのしょうへい)です。

事件の被害者でありながら新たな事件を起こそうとしていくミステリアスな男性を演じました。

この映画で監督を務めた白石晃士(しらいしこうじ)監督とは、その後も映画「超・暴力人間」「超・悪人」「殺人ワークショップ」などでタッグを組んでいます。

2009年にはドラマ「深夜食堂」に出演しています。

演じているのは「めしや」の常連のフリーカメラマン小道(こみち)です。

気弱な性格ながら他の客の話に首を突っ込み余計な一言を言う空気の読めない客を演じました。

シリーズを通してレギュラー出演し、映画版にも登場しました。

2016年には自身が主人公のモデルの1人なった映画「俳優 亀岡拓次」に出演しています。

この映画は脇役専門の俳優である主人公亀岡拓次(かめおかたくじ)を主演の安田顕(やすだけん)さんが演じ、宇野祥平さんはその俳優仲間宇野泰平(うのたいへい)です。

主人公の亀岡のモデルは複数の脇役であり、その中の1人が宇野祥平さんであると明言されています。

2018年には映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」に出演。

ベテランボランティアの塚田心平(つかだしんぺい)を演じました。

2020年には「エール」で朝ドラデビューを飾りました。

演じたのは主人公の妻音の小学校時代の担任の熊谷(くまがい)先生です。

男尊女卑の強い志向の教師ですが、音に女の子も目立つ劇をさせてほしいと意見され、不本意ながら認めるという役どころでした。

出演は第2週のみでしたが、とても印象に残っています。

映画だけでなくドラマでも存在感のある演技をしている名脇役の宇野祥平さん。

「罪の声」でも事件に巻き込まれるキーパーソン役を演じるので、その演技に注目です。

 

スポンサーリンク

 

罪の声の聡一郎のネタバレはかわいそすぎる壮絶な運命【閲覧注意】

そんな宇野祥平さんの熱演が光る、罪の声の「聡一郎」に関するネタバレをご紹介します。

まず、どうしてどういった経緯で聡一郎や姉の望の声が「ギン萬事件」の音声に使われてしまったのでしょうか?

ギン萬事件は、複数犯でした。

そのメンバーは・・・学生運動をしていた、星野源さん演じる曽根俊也の父親の弟にあたる曽根達雄(そねたつお)や、元刑事で、マル暴だった生島秀樹、そして暴力団の青木隆一など一癖も二癖もあるメンバー9人で構成

曽根俊哉は、叔父の達雄に利用されたことで、声を使用されてしまいます。

そして、姉の生島望と聡一郎の父親は犯人グループの元刑事のマル暴の生島だったんです。

犯人グループの1人だった父親から利用された望と息子の聡一郎。どうして子供の声が利用されたかというと、足がつきにくいということでした。

映画「罪の声」は、曽根俊哉(星野源)と自分と「ギン萬事件」のかかわりを調べ過程で、自分と同じ境遇だった望と弟の聡一郎の存在を知ります。

そしてこの2人でどんな人生を歩んだのか?知りたい衝動にかられます。

最初は1人で調べていたものの、限界がきて、阿久津英士(小栗旬)と一緒に望と聡一郎のことを調べ始めます。

望の中学時代の担任の先生に会いに行き、話を聞くと、ある日突然、家族で失踪してしまったことを聞きます。

そしてマル暴だった父親が、悪い人間と付き合っていることは有名だったとのこと。

中学時代に失踪してしまった以降、望とは誰も会うこともなく、所在も不明でした。

そして更に、曽根と阿久津が聡一郎たち家族を調べていくと、衝撃の事実がわかります。

聡一郎の父親の生島は、犯人グループ内のもめごとで、暴力団員の青木に殺害されてしまいます。

そこで、生島と昔からの友達の曽根達雄は、生島の家族が青木に狙われると思い、お金を渡し逃がします。

しばらくは、見つからず生活できていた、聡一郎たち家族でしたが、青木に見つかり、青木たち暴力団員たちと一緒に生活し、軟禁状態に。

姉の望と母親は、夜は青木組が経営しているスナックで働かされ、まだ小学生だった聡一郎は、もちろん学校には行けず、家からほとんど出ることが許されない生活でした。

絶望していた姉の望でしたが、翻訳家になるという夢を諦めきれず、弟と母親を後から迎えにくると近い1人で、青木組から逃走を図ります。

それに気づいて、聡一郎。そして・・・そこを犯人グループの1人に見つかり、望は交通事故になるように仕向けられ、聡一郎の目の前で死亡してしまいます。

衝撃の望の死の現場を目撃した聡一郎を、犯人の1人が車に連れ込み、すごい形相で脅します。「静かに暮らせ!お母ちゃんも死ぬで!」と脅されます。

まだ幼かった聡一郎ですが、お母さんのために、静かに暮らします。

その後、成長した聡一郎は、青木組が経営する京陽建設で、暴力団員から執拗ないじめを受けながら、母親とともにこき使われていました。

しかし自分を唯一かわいがってくれていた津村と一緒に、放火して、母親を残し逃走。

母親は、自分を置いて逃げるように、聡一郎に合図を送りました。

そこから、逃亡生活が始まります。

青木組に見つかったら、殺されるかもしれない恐怖の中、中華料理店を経営する、岡山の三谷夫妻に拾われ、かわいがってもらい、中華料理店で働いていました。

しかし、そのお店に青木組に出入りしていた人間が姿を現し、三谷夫妻に迷惑がかかると、その場所を離れます。

その後、靴の修理店で働けるようになったのですが、目を悪くしてしまいます。

もちろんのこと、保険証も持っていないため、病院にもいけず・・・仕事を解雇されます。

青木組からも、逃げる生活がずっと続き、絶望して自殺しようとしたところに、曽根(星野源)たちが訪ねてきて自殺しないで済みました。

そして曽根たちから、青木が数年前に死に、青木組も解散したことを知り、泣き崩れます。

ここまであまりにもかわいそうで、救いのない人生を送ってきた聡一郎。

しかし映画のラストでは、少しだけ救いのあるシーンが。

その後、聡一郎は、なんと記者会見を開きます。記者会見で着るスーツは、テーラーの曽根が聡一郎のためにつくったものでした。

記者会見では、自分が事件の犯人の音声に使われた子供たと告白。なぜ記者会見を開いたのか??

それは、行方がわからない母親の居場所を探すためでした。

なんと、聡一郎が青木組から逃走した時にわかれた母親を探すために、記者会見を開きます。

あの、悲惨が現場に残された母親は生きていたのでしょうか??

なんと・・・生きていたんです!!!

映画のラストでは、介護施設にいた母親と涙の再会する聡一郎。

そこだけが唯一、聡一郎のシーンで救われた瞬間でした。

 

罪の声そういちろう役の俳優は宇野祥平!ネタバレはかわいそうで壮絶な運命まとめ

藤堂先生のモデルは遠藤喜美治!担任の先生は実在【エール】

「罪の意識」で幼少期に犯罪に利用され事件に巻き込まれてしまう生島聡一郎を演じるのは名脇役の宇野祥平さんです。

今回壮絶な人生をおくる役を演じ、見た人の心に深く残る演技をされ、その熱演には絶賛の声が相次いでいます。

様々な役を演じられる宇野祥平の今後の活躍に期待です。

宇野祥平さんが出演する「罪の声」は絶賛公開中です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です