持続化給付金は入金進捗状況確認できない?システムに不満の声

スポンサーリンク

コロナウイルスの感染拡大防止のために取られた休業要請のために仕事が出来ない中小企業や個人事業主、休業要請はなくても、営業してもしなくても赤字になってしまう、収入がないと死活問題なところがたくさんあります。

そんな中小企業と個人事業主に対して、持続化給付金が支給されることになり、5月1日からオンラインでの申請開始、そして5月8日より振込となっています。

すぐにでも現金が必要な方たちにとっての救世主!と思っていたら「入金がなかなかされない」「振込が全然されない」と、振込入金処理の遅れが問題になっているんです。

そんな中で気になるのがオンラインWEB申請での入金進捗状況確認。振込の進行状況さえわかればまだ、待っている人も、安心だと思うのですが、進捗確認はできるのでしょうか??

今回は持続化給付金の入金、振込が遅れている件や、オンライン申請のマイページで入金などの進捗状況が確認できるのか?まとめてみました。

持続化給付金申請で入金振込進捗状況は確認できない?

持続化給付金の申請受付は5月1日に始まって、8日から振込が開始となりました。

申請から振込まで2週間程度と記載されているのに、15日になっても入金が確認できない人がたくさんいます。

ツイッターには悲壮感の漂った声が集まっています。

 

 

 

 

入金が遅いと、不安な声が多数でています。

だったら、オンライン申請のマイーページに申請後の、進捗確認ができるようになっていれば、少し安心ですよね。

というか普通に考えて進捗確認ができると思いますよね。。

しかし・・・なんと現在は、申請後に、画面上で申請後の入金までの進捗状況の確認はできません。

マイページでは進捗状況が確認できないので、不満が多いのでは?考えられます。

せめて審査が完了したなど、どのステップにあるのかわかれば、待てるのにと言う声が多いです。

 

スポンサーリンク

 

持続化給付金申請で入金振込進捗状況確認ができないシステムに不満の声

そんな持続化給付金申請のWEBのオンラインマイページにて「持続化給付金の入力振込進捗状況が確認できない」ことに多くの不満が集まっています。

ツイッターの声を集めてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月1日に申請して8日に入金があった人もいる一方で、15日になっても入金も修正指示もない人もたくさんいます。

もちろん、振り込みが遅くなってしまっていることが問題かもしれませんが

なんの連絡も見通しもないまま、「ただ待つ」のは非常に辛いです。

申請受付完了→審査中→修正待ち→審査完了→入金手続きなどの進捗状況がわかれば、安心できますし、計画も立てられます。

宅配便も伝票ナンバーさえわかれば、webで追跡をすることが出来ますね。追跡システムの精度に疑問はありますが、問い合わせの件数はぐっと減らせています。

総合病院などでは会計窓口で受付→計算中→計算終了などと表示されているのを見たこともあります。

進捗状況を表示するのは可能であると考えられます。

現状は、事業の持続を可能にするための給付金であるはずなのに、進捗状況がわからないために、事業持続が可能なのかどうか、予定が立たないことになっています。

 

スポンサーリンク

 

持続化給付金入金の進捗状況確認に他にも改善を求める声が

持続化給付金は進捗状況がわからないだけでなく、他にも改善して欲しい点がたくさんあるのです。

・申請後は、不備に気が付いても自分で修正ができないシステム。ひたすら修正指示のメールを待つしかないこと。

・問い合わせの電話は全然つながらないし、やっとつながっても、進捗状況などオペレーターではわからない。

L・INEの問い合わせも、決まりきった回答だけで、知りたい情報が得られないことが多い。

・高齢の経営者などネット環境がない、PCが苦手の人もいるのでようやく申請窓口ができたが、遅いし、予約はwebのみのため、予約も出来ないこともある。

・前年比で売上の減少したところに支給とあるが、新規開業して1年未満は申請も行なえないのか?

ツイッターの声を見てみました。

 

 

 

 

 

 

どんな政策や支援策にも落とし穴や抜け道、不正受給などもあると思います。特に今回は緊急だったので多少はしょうがないかもしれません。

ここまで不満や改善点がたくさんあると、もう少し、考えられなかったのか??と思ってしまいます。

2020年は当初、東京オリンピックの開催が予定されていたので、オリンピック特需を見越して、新しく開業したところも多いでしょう。

2019年に開業したところでも売上が少ないと確定申告を見送ってしまう人もいるとか。支援すると言いつつ、確定申告を推奨するなど、”ついでに盛り込んだもの”があるような気もします・・・。

 

まとめ

中小企業と個人事業主に対して、持続化給付金が支給されることになり、5月8日より振込と発表されました。

申請から振込まで2週間程度となっていますが、15日を過ぎても入金が確認できない人もたくさんいます。

進捗状況が確認できないので、入金待ちなのか、修正が必要なのか、そもそも申請が却下されたのかもわかりません。

なんの見通しもなく、ただ待てというのでは、事業持続のための計画も立てられません。

進捗状況もわからず、問い合わせしようとしても電話もつながらず、やっとつながっても疑問は解決できません。申請後に間違いに気が付いても修正メールが来るまでは修正することも出来ません。

また、ネット環境がない人、開業して1年未満の人に対する支援策も必要です。

今からでも遅くないので、もっと困っている人に寄り添った支援策をしてくれたらと思います。

スポンサーリンク

5 件のコメント

  • 私は、不要不急の連絡はしないで欲しいと思います。
    というか、安倍自公政権へ官邸や自民党へ抗議の電話を掛けるべきだと。
    役人は、死ぬほど大変ですし、まさにコロナ感染症医療従事者と同様24時間戦っています。

    もう遅すぎるのです。
    4月まで東京オリンピック万歳だけだった政財界マスコミ、そして日本国民。それが、いきなり新型コロナウィルス対策だ!って舵を切られても、日本丸という巨大な船が簡単には進路を変えられない。何の準備もなかったのだから。

    原発、福島核大事故と同様、起きてから慌てる。
    これを改めなければならない。この新型コロナウィルス、パンデミックは予兆に過ぎないのだから。
    本当のクラッシュは、まだまだこれから。311の10倍規模の破局的な天変地異が迫ってきている。

    ゆえに、あらゆる災いに対処する災害救助省を創設することが急務である!

  • 先週の金曜日にコールセンターに電話が繋がり対応頂いた女性にこちらも意識して対応したら最後に会社名と名前をお教えしたら翌日にマイページに
    『現在、審査中です、入金と葉書をお待ち下さい』と言うメッセージが入ってましたよ!
    相手も人間ですから最初から食ってかかっていたら得られる情報も得られないと思います。
    ただ、2日3時に申請して15日現在で入金の確認はされてませんが、少し安心出来ました。
    コールセンターの方々には何の罪は有りませんから
    近い内に入金されるな!と言う感じを受けました。

  • この様な事態になって、本当に政府の汚さが(自分らの都合の良い)責任転換や余りにも事業主に対して政府の
    対応が冷たいなと思いました!弱者に対して優しく気持ちのこもった対応が出来ないのかと思いました。
    トップの人間の考えがおかしいからこの様な事態になった時にはゴテゴテになってしまい、日本の政府やトップの人間は平和ボケしすぎ。もう少し危機感を持ってほしいです!商売人は毎日毎日商いしながら危機感を持って家族やお店お客様の気遣いをしてます!
    目先の事ばかり考えないで下さい。

  • いつまで待てば…と言う感じです。5月1日申請26860番
    不備メールなし
    ハガキなし
    振り込みなし
    赤枠のお知らせあり
    コールセンター500回以上掛けるが繋がらず…
    本当に支給されるのか
    経営を持続するための給付金が経営者のストレスを持続させてる…本当に何らかの対応策を早急に考えて発信するべき
    待たせるだけでは…支援にも何にもならない
    政府って…何??って思う

    • 全くその通りです。私も5月1日申請24917番。
      音沙汰無し。
      まつのはつらい。
      社員に給料払わなければ事業がストップだよ。
      分かってるのか公務員!
      国の2週間程度が3週間4週間が当たり前になったら
      国が滅ぶよ。助けてくれ~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です