逃亡者の犯人は誰かネタバレ!ドラマ版と映画を比較

スポンサーリンク

2020年12月5日(土)、6日(日)二夜連続テレビ朝日にてスペシャルドラマ「逃亡者(とうぼううしゃ)」が放送されます!

妻を殺されその犯人とされた男が護送中の車から逃亡し、事件の真相を追う姿を描くサスペンスドラマです。

実は「逃亡者」は1960年代にアメリカで放送されたテレビシリーズで、その後も何度か映像化されています。

日本でも2004年に江口洋介さん主演で日曜劇場でドラマ化されたことも有るんですよね〜。

そして皆さんの中で特に印象に残っているのは、1993年に公開された映画「逃亡者」ではないでしょうか?

逃亡する主人公をハリソン・フォードが演じ、追う保安官をトミー・リー・ジョーンズが演じました。

トミー・リー・ジョーンズといえば、コーヒーのボスのCMで有名な俳優ですよね(^^♪

今回はテレビ版「逃亡者」放送に先駆けて映画「逃亡者」のあらすじネタバレを結末までご紹介しちゃいます。

そして江口洋介さん主演の「逃亡者」の犯人と結末ネタバレを紹介して、比較しつつそして今回の渡辺謙さん主演のドラマ版の犯人は誰なのかも予想していきたいと思います!

結末のネタバレ、真相をを知りたくない方は閲覧ご注意ください。

逃亡者の犯人は誰かネタバレ!ドラマ版と映画を比較

まずは、1993年に公開されたハリソンフォード主演の映画「逃亡者」について、詳しくご紹介です。

何度もリメイクされるだけあり、超面白い作品です。

ハリソンフォード演じる無実の罪を着せられながらも妻を殺害した真犯人「片腕の男」を追う医師キンブルと、そして、彼を逃亡犯として追うジェラードをトミー・リー・ジョーンズと超豪華キャスティング。

脚本を読んだハリソン・フォードは最初は、相手役のジェラード役を熱望したというエピソードも。しかし映画が完成してみると2人のキャラクターがばっちりはまった素晴らしい映画に仕上がっていますよね。

トミー・リー・ジョーンズはこの作品で、第66回アカデミー助演男優賞を受賞しました。

この映画の原作は、1963年に放送されたアメリカのテレビドラマです。非常に昔の作品なんです。

このドラマ版は、1963年から1967年まで放送され、高視聴率を出した、全120話のドラマ。

なんと最終回の視聴率は50%!と言うことは・・・2人に1人が見ていたというとんでもないヒットドラマです。

そんな面白い訳がない「逃亡者」のネタバレを犯人と結末でご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

逃亡者の犯人ネタバレとあらすじを結末まで①妻殺しで死刑判決を受ける主人公キンブル!

逃亡者ネタバレ!あらすじ原作【渡辺謙】脚本家やキャストまとめ

シカゴ小児記念病院の著名な外科医・リチャード・キンブル(ハリソン・フォード)は妻のヘレン殺害の容疑で捕まってしまいます。

しかし、キンブルは妻の殺害を否認。

その日は夫婦で基金援助パーティに参加し、急患の連絡を受けたキンブルはヘレンを自宅に車に送り届け、一人病院に戻っていました。

そして手術を終えて帰宅すると、そこで見知らぬ男に遭遇し格闘の末男は逃亡。

部屋の中にはヘレンが倒れており、キンブルの腕の中で息絶えてしまうのです(/ω\)

「逃げた男は右手が義手だった」

キンブルはシカゴ警察にそう訴えるのですが、警察は110番に通報したヘレンが「私殺される、リチャード、死にたくない」と言っていたこと。家から盗られたものが無いこと。そしてキンブルが生命保険の受取人となっていたことからキンブルを犯人として逮捕!

そしてキンブルは裁判でも無罪を認めてもらえずに、遂には死刑判決を言い渡されてしまうのでした。

 

 

逃亡者の犯人ネタバレを結末まで②キンブルは護送中に脱走を図る!

収監されることになったキンブルは、他の受刑者たちと護送車に乗せられます。

すると受刑者の一人が逃亡を企てようとしたたことで、護送車が事故を起こしてしまい道路からがけ下に転落!

医師のキンブルはけが人を見るという名目で手錠を外してもらうのですが、その時遠くからライトが明るく照らされます。

何と転落したのは線路の上(・_・;)

向こうから列車がこちらに向かってくるライトだったのです!

看守はそれを見て逃げ出してしまい、キンブルはけが人を放っておけず一人の男を抱えて何とか車の中から脱出しようとします。

列車とぶつかる直前に何とか、車から抜け出したキンブル。

その直後に列車が車に衝突し、列車は脱線し炎上。

キンブルは危機一髪のところで難を逃れて、逃走することに成功したのです!

さすがハリウッド映画という事で、列車脱線シーンは大迫力の映像でしたね(^^;)

 

逃亡者の犯人ネタバレを結末まで③キンブルを追う連邦保安官ジェラード

事故現場に現れた連邦保安官サム・ジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)は、受刑者たちは死んでおらず逃げているものがいると感じ、その一人キンブルを追う任務を任されます。

検問を張り、大規模な捜索をスタートさせたのです。

翌朝、キンブルは一人逃亡を続け近くに有った病院に忍び込んでいました。

実は事故でわき腹にけがを負っており自ら治療。

ひげをそり、服を着替えて病院の医師になりすまして逃げようとしたとき、警察官に遭遇してしまいます!

しかし警察官はキンブルを医師だと思いこんだようで、なんとかその場はセーフ。

その後救急車を使い逃げるキンブルでしたが、ジェラードたち保安官はヘリを使ってキンブルを追います。

逃げ切れないと感じたキンブルは、トンネルで救急車を降りて地下水路を通じて逃げ出すことを思いつく。

しかし、そのあとをジェラードたちも追いかけていき、水路の奥でついにキンブルは追い詰められてしまいます。

キンブルはジェラードに銃を向け言います。

「俺は殺してない」

「知ったことか!」

キンブルはさらに奥に逃げるものの、水路の先に有ったのは何とダム!

ここから逃げるためには断崖絶壁のダムの底に飛び降りなければなりません(・_・;)

「銃を捨てろ!」

ジェラードから迫られたキンブルは銃を捨てて投降するかと思いきや・・・

背後のダムの底に飛び込んでしまうのでした!

 

 

逃亡者の犯人ネタバレを結末まで④キンブルはシカゴに戻り友人の医師ニコルズに会う

ダムの底に落ちたら死んでしまいそうなものですが、キンブルは生きています(^^)/

ジェラードも保安官たちに、キンブルを探すように命じます。

逃亡を続けるキンブルは愛する妻の姿を思い出し、一人で殺した犯人の義手の男を見つけ出そうと決意!

髪を染めて自らがキンブルであることに気付かれないように、かつて住んでいたシカゴを目指していきます。

その途中弁護士に電話をすると「自首するように」と促されるも拒否して「セントルイス」にいることを告げるキンブル。

その電話の録音を聞いたジェラードは、これでキンブルが生きていることを確信し、捜査の手をより厳しくしていきます。

その頃シカゴに戻ってきたキンブルは、親友の医師チャールズ・ニコルズに会い、逃亡に必要なお金を借りていました。

ニコルズはキンブルの無罪を信じてくれている様子で、とても協力的です。

そしてキンブルがやってきたのはクック郡病院。

ここで義手の男の情報を得ようとしているみたいです!

 

逃亡者の犯人ネタバレを結末まで⑤義手の犯人を見つけ出したキンブル!

ある日キンブルは、清掃作業員を装ってクック郡病院に忍び込み、義手の形状などの情報から犯人候補を5人まで絞り込むことに成功。

その後、病院の中でケガ人がたくさん搬送される様子を目撃したキンブル。

大変そうな状況を見過ごせず、ケガをした男の子を手術室に搬送する手伝いをすることに。

しかし、女性医師がそのニコルズの様子を怪しく思い警察に通報!

ジェラードが現れたときには、既にキンブルは逃走しますが、何故ここに現れたのか不思議に思うジェラード。

そしてこの病院に義手の患者がきていることをしり、キンブルは義手の犯人を捜しに来ていたのでは?とジェラードも思い始めます。

その頃、キンブルは候補の5人に当たりを付けて、その一人がいる刑務所に現れていました。

しかしその人物は犯人では無いことが分かり、その場を後にしようとするキンブル。

しかし、ジェラードがその情報をかぎつけてキンブルをようやく発見!

逃げるキンブルを追うジェラード。

建物の入り口を閉めるように指示するも、ギリギリのところで扉に挟まりながら逃げ出そうとするキンブル。

ジェラードは銃を撃ち、もはやこれまでか・・・

と思われましたが、何とか挟まった足を抜き、キンブルはまたもや逃亡に成功するのでした。

そしてキンブルはようやく、義手の犯人フレデリック・サイクスの存在にたどり着くのです。

 

 

逃亡者の犯人ネタバレを結末まで⑥ジェラードにわざと証拠を残したキンブル

キンブルはかなり大胆な行動に出ます。

サイクスが不在の部屋に忍び込み、その証拠写真を見つけて、部屋からジェラードに電話をかけたんです。

「下水路での言葉覚えてるか?」

「確か君は妻を殺してないと?」

「あんたの答えは?」

「俺は謎解きをする気はない」

「俺が謎を解く、その手がかりをつかんだ」

そう言って電話を置き去っていくキンブル。

そう、キンブルは電話を逆探知させて、ジェラードに犯人のサイクスを調べさせようとしたのです!

ジェラードにサイクス宅に向かい、帰宅したサイクスに話を聞くもキンブルのことは知らないと答えます。

キンブルが明らかにしたこのサイクスという男。

元警察官で、デヴリン社という製薬会社で警備の仕事をしています。

そのサイクスがシカゴ記念病院の医師レンツと一緒に写っている写真を見つけたキンブルは、親友のニコルズに電話をしてこう言うのです。

「妻を殺した男を見つけたぞ。本当は私を狙っていた。デヴリン社とレンツだ!」

デヴリン社は新薬「RDU-90」を開発したが、キンブルはがその肝臓障害の副作用を見破った。

レンツはその新薬の開発者の一人で、キンブルの副作用の報告書を改ざんして、新薬開発の邪魔になりそうなキンブルを殺そうとしたのでは?

しかし、キンブルはニコルズから、既にレンツが交通事故で亡くなっていることを聞かされます。

という事は、レンツの背後には黒幕がいるはず!

キンブルはかつて勤めていたシカゴ記念病院でレンツの研究に用いられていた検体が、レンツの死後にレンツ以外の何者かによってすり替えられていたことを知ることに。

すり替えた人物が黒幕で、そんなことを出来るのは一人しかいない。

果たして、黒幕とは誰なのでしょうか?

そしてジェラードも、キンブルが残した証拠から事件の真相に近づいていたのでした。

 

[ad#ad-1]

 

逃亡者の犯人ネタバレを結末まで⑦妻を殺した事件の黒幕は誰?

事件の真相を知ったキンブルを追っていたのはサイクスでした。

キンブルは電車に乗っていると、乗客に自分がキンブルであることに気付かれてしまい警察を呼ばれてしまう事に(・_・;)

そして警察が現れる前に、サイクスが現れ次の駅で降りるようにキンブルに促します。

するとやってきた警察官が銃を向けたので、サイクスは警察官を撃ち殺してしまいます。

電車は緊急ボタンが押され停止。

キンブルは暴れるサイクスを押さえつけ殴りつけた末に、警察官の手錠を使い拘束することに成功。

一人電車を降り、真の黒幕の元に向かう事になるのです!

一方、警察官を撃った犯人はキンブルだと思うシカゴ警察は、キンブルを見つけ次第射殺も辞さないと息巻いていました。

それを何としても止めようと動き出す連邦保安官のジェラード。

そしてキンブルが向かっていたのはとあるホテル。

そこである医師が新薬開発の講演会をしていたのです。

その医師とは、キンブルの親友であるニコルズ!

そう、妻殺しの黒幕はニコルズだったんです。

講演会に乗り込んだキンブルは「惜しかったな。証拠はある」と言ってニコルズに迫ります。

講演会を中断して、別の部屋に向かったキンブルとニコルズ。

当然話し合いで解決するわけもなく、二人は乱闘となります。

ホテルの屋上で争いあう二人の上空には、シカゴ警察のヘリが!

シカゴ警察は、警官殺しのキンブルを狙って銃を放ってきます(・_・;)

そこにジェラードが現れ、シカゴ警察を止めようとしますが、キンブルとニコルズの攻防は続きます。

屋上からのエレベーターで転落した二人がたどり着いたのは、5階の洗濯室でした。

逃げるニコルズを追うキンブル。そしてそのあとをジェラードが追いかけます。

そしてジェラードはキンブルに聞こえるようにこう語り掛けます。

「ドクターキンブル!もう逃げ道はない。君は無罪だ。犯人はサイクスだ。それとニコルズだ。奴はあの夜、君の車を借りてカギを手に入れた。それで家に入った。俺を信じるかシカゴ警察に撃たれたいか?もう逃亡をやめるんだ!」

その声を聴いていたニコルズが、背後からジェラードを銃で狙おうとしています(/ω\)

しかし、それに気づいたキンブルがニコルズを攻撃して、間一髪でそれを防ぎます。

ジェラードは銃を向けてキンブルに近づきますが、すぐさま銃を下ろしました。

「奴らが妻を?わかってる」

「わかってる。だがもう終わった。よかった。もう休みたい」

ジェラードはキンブルに手錠をかけてホテルを出ていき、報道陣を避けて車に乗り込んでいきました。

そして車の中でジェラードはキンブルの手錠を外すんです!

「優しいんだな?」

「まあな。皆には内緒だぞ」

そう言って二人が乗った車は走っていくというラストシーンでした(^^)/

 

[ad#ad-1]

 

逃亡者の犯人のドラマ版は誰?【江口洋介版】

という事で、1993年放送の映画版「逃亡者」は、主人公キンブルの親友の医師・ニコルズで、実行犯は義手の男・サイクスでした。

ちなみに、日本でリメイクされた作品で有名なのは、日曜劇場枠で2004年に江口洋介さん主演でドラマ化された『逃亡者 RUNAWAY』。

平均視聴率 14.3%。若かりし頃の長澤まさみさん、そして現在はあまりドラマに出演しない極楽とんぼの 加藤浩次さん他、豪華キャストが脇を固めていました。

そして江口洋介さん主演版の「逃亡者」の黒幕犯人は、原田芳雄さん演じる医師である主人公の義理の父親でした。

父親が不正を告白しようとした娘を殺すように手引きしていたという衝撃のラストでしたね(;・∀・)

娘を殺すなんて!?と当時衝撃を受けたのを覚えています。

ちなみにこの作品は、主人公は医師ではなく、過去に正当防衛で殺人を犯した保護観察官という設定でした。

かなり「映画版」とは設定もストーリー展開も異なっていました。

 

[ad#ad-1]

 

逃亡者の犯人のドラマ版は誰?【渡辺謙版】考察予想

江口洋介さんバージョンの犯人を紹介しましたが、今回の渡辺謙さん主演の「逃亡者」は映画版に近い展開になりそうな気がします。

公式のあらすじをまずは見てみましょう。

 都内の高級住宅街で、凄惨な殺人事件が発生した。殺害されたのは、大学病院勤務のエリート外科医・加倉井一樹(渡辺謙)の妻・陽子(夏川結衣)。その夜、加倉井は陽子を連れ、大学時代の同期、宮島光彦(杉本哲太)や石森卓(村田雄浩)らと恩師・沢村八郎(山本學)のパーティーに出席したのだが、緊急オペの要請が入ったため、陽子は先に帰宅。執刀を終えた加倉井が深夜、家に戻ったところ、1階で家政婦の女性が、そして2階の寝室で陽子がナイフで胸を刺されて絶命していたのだ…。
思いもよらぬ出来事にがく然とする加倉井は、現場から逃げる男を発見。階段で格闘となり、頭部を殴打されて気絶してしまった。だが、警視庁捜査一課刑事・浅野和志(篠井英介)らは加倉井が2人を殺害して逃走を図った挙げ句、階段を踏み外して気を失ったものと断定。もみあった際、犯人の左腕が義手であることに気づいた加倉井は「義手の男を見つけてくれ」と訴えるものの、現場には侵入者の痕跡は何ひとつ残されておらず、結局、加倉井の主張はかき消され、逮捕されたのち、死刑判決が下された。
絶望の底に突き落とされたまま、加倉井は東京から名古屋の拘置所へ移送されることとなった。ところが、同じく移送バスに乗っていた爆弾テロ事件の首謀者・嶋岡正彦(天野慶久)の仲間らが、山中で護送車を襲撃。横転し炎上した車内から危機一髪、逃げ出した加倉井は決断を迫られた。ここに残るか、それとも――!? 陽子の顔が頭に浮かんだ次の瞬間、加倉井は深い森の中へと姿を消していた――。
まもなく、襲撃現場に結成されたばかりの特別広域捜査班が到着した。班長・保坂正巳(豊川悦司)は、鴨井航(三浦翔平)、柏木弥生(原沙知絵)ら部下を震撼させるほどの強硬手段で嶋岡らテロ集団を制圧。次は加倉井をターゲットに見据え、彼の行方を追いはじめる。そのころ、加倉井は脱走時に負った腹部の傷の痛みに耐えながら、逃亡者として旅をはじめていた…。

引用元:公式サイト

あらすじと登場人物を見る限り、映画「逃亡者」での親友の医師ニコルズ的な役割を担いそうなのは、杉本哲太さん演じる宮島光彦のような気がします。

村田雄彦さん演じる石森卓も怪しいところです。

実行犯が義手の男である点も、映画版と一緒ですが、実行犯を誰が演じるかは発表されている出演者の中にはいないように思います。

二夜連続で放送される2020年版「逃亡者」の黒幕は杉本哲太さん演じる宮島光彦ではないかと個人的には予想してみました!

 

逃亡者の犯人は誰かネタバレ!ドラマ版と映画を比較まとめ

今回は1993年公開の映画「逃亡者」のあらすじネタバレ犯人をご紹介しました。

主人公のキンブル妻を殺した犯人は、義手の男で黒幕から依頼されたサイクルという男です。

その黒幕とは、主人公の親友で医師のニコルズでした!

今回の2020年版「逃亡者」では、杉本哲太さんが演じる役どころが黒幕として怪しいような気がしますね。

「逃亡者」は12月5日、6日、夜9時からの放送です。皆さんお見逃しなく(^^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です