危険なビーナス原作あらすじ!ネタバレ結末やサヴァン症候群の真実とは?

スポンサーリンク

TBS日曜劇場「危険なビーナス(きけんなびーなす)」が2020年10月11日夜9時からスタートします!

妻夫木聡(つまぶきさとし)さん主演で、ヒロインが吉高由里子(よしたかゆりこ)さんなど超豪華キャストで、さらに原作は東野圭吾さんの同名小説という事で面白いこと間違いなしの、この秋個人的には一押しの作品です(^^)/

主人公の手島伯朗(てしまはくろう)は、突如現れた疎遠になった弟・矢神明人(やがみあきと)の妻・楓(かえで)に「失踪した夫を探して欲しい」と懇願されることに。

弟の行方を楓と共に捜しながら、縁を切った矢神家の遺産相続問題に巻き込まれていくことになる伯朗。

果たして、明人が失踪した理由とは?

そこには16年前に亡くなった母親の死の真相も大きく関わっていたのです!

今回は「危険なビーナス」の原作小説からあらすじ結末ネタバレをご紹介していきます。

「危険なビーナス」のストーリーには「サヴァン症候群」が深く関わってきます。

原作の結末、犯人などかなりのネタバレが含まれているので閲覧にはご注意ください。

危険なビーナスネタバレ結末の原作あらすじ!犯人やサヴァン症候群の真実まとめ

まずは、ドラマ「危険なビーナス」のあらすじ、キャストのご紹介です。

ドラマ「危険なビーナス」のあらすじネタバレは?

まずは、ドラマのあらすじです。

ある日、いつものように動物病院で診察をしていた伯朗(妻夫木聡)。そこに「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)が突然現れ、弟・明人(染谷将太)が失踪したことを聞かされる。さらに楓は、明人の失踪には親族の誰かが関わっているのではないかという。

親族とは、伯朗の母が夫を亡くした後に嫁いだ「矢神家」の一族だ。伯朗は矢神の家では連れ子として肩身の狭い思いをしてきており、母の死後は一族と疎遠になっていた。一方、矢神の血を引く明人には総額30億円とも言われる遺産の相続権があり、現当主が危篤状態にある今、その遺産を狙う親族が明人をさらったかもしれないと楓は訴える。

もう矢神家とは関わらないと決めていたが、困っている女性を放っておけない伯朗は楓と共に矢神の屋敷へ向かう。そこには昔から伯朗を見下している矢神家の養子・勇磨(ディーン・フジオカ)をはじめとした一族の面々が顔をそろえていた。伯朗と楓が調べを進めていくと、一族の不穏な動きが次々に浮かび上がってくる。

そんな中、伯朗は楓と行動を共にするうちに、捉えどころのない不思議な魅力に惹かれていく。その様子を察した動物病院の助手・蔭山元美(中村アン)は、伯朗に忠告するが…。

 

引用元:https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/story/

突如現れた謎の美女楓は、弟が行方不明になったと言います。

そんな弟の失踪をきかっけに、様々な謎が深まっていく壮大なスケールのサスペンスです。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「危険なビーナス」のキャストは?

そんな謎が深まるストーリーを彩るメインキャスト陣を簡単にご紹介していきます。

手島伯朗【妻夫木聡】

 

池田動物病院の院長代理として勤務する獣医。5歳の時に父親が亡くなり、その後母親が矢神家の御曹司と再婚。矢神家の一員となったが、矢神の血を引く弟とは異なり、連れ子である伯朗は一族の中で肩身の狭い思いをして生きてきた。そのため、矢神家から姓を抜き、一族とも縁を切る選択をした。
正義感が強く真面目な性格だが、美女にはめっぽう弱い。突然現れた「弟の妻」にも翻弄され、次第に謎の美女の魅力に惹かれていく。

 

矢神楓【吉高由里子】

伯朗の弟・明人の妻だと名乗る謎の女。ある日突然、伯朗の前に現れる。明るく聡明な女性だが、どこかミステリアスな雰囲気を放つ。キャビンアテンダントとして働いていた時に海外で明人と出会い、結婚。それ以降は仕事を辞めて、IT関連の仕事をしている明人の仕事を手伝っていた。明人の父が危篤だと聞き、結婚の報告も兼ねて一緒に日本へ帰国する。その直後に明人が失踪し、義理の兄にあたる伯朗に一緒に捜して欲しいと願い出る。

 

矢神明人【染谷将太】

伯朗の母と再婚相手との間にできた伯朗の異父弟。矢神家の現当主の血を引く唯一の存在で、30億ともいわれる遺産を相続する権利を持つ。幼いころから優秀で後継ぎとして大きな期待をかけられていたが、人工知能の研究に没頭し、今はアメリカで人工知能を生かしたIT関連の仕事をしている。そこで偶然知り合った楓と結婚。現当主である父・康治が危篤と知りアメリカから帰国するが、その直後に失踪する。

 

矢神勇磨【ディーンフジオカ】

矢神家の養子。商売の才覚があり、都内に複数のダイニングレストランを経営している。連れ子として矢神家にやって来た伯朗を昔から見下していて、事あるごとに挑発してくる嫌味な男。明人を捜すために伯朗と共に矢神家を訪れた楓のことを気に入り、明人の妻であることを知りながら強引にアプローチをする。

 

蔭山元美【中村アン】

池田動物病院で伯朗の助手を務める動物看護師。一見クールな雰囲気だが、どんな動物にも愛される能力を持つ。常に冷静で、伯朗を陰ながら支えている有能な助手。観察眼も優れていて、時に伯朗に鋭い指摘をすることも。

引用元:https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/chart/

他にも多くの豪華すぎるキャストが脇を固めます。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「危険なビーナス」の原作は?

そんな日曜劇場TBSの日曜ドラマ「危険なビーナス」の原作についてのご紹介です。

人気作家東野圭吾さんによる、2016年の同名ミステリー小説。

東野圭吾さんといえば、

二宮和也さん主演の「流星の絆」、阿部寛さん主演の「新参者」、山田孝之さん主演の「白夜行」などなど、数えきれないほどの作品が実写化されています。

 

木村拓哉さん主演の映画「マスカレードホテル」も東野さんの作品です。

そんな多くの大ヒット作の原作者の東野圭吾さんによる、危険なビーナスの原作小説のネタバレを結末まで詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

危険なビーナスの原作あらすじ①弟の明人が失踪!

「危険なビーナス」の主人公・手島伯朗(妻夫木聡)は、池田動物病院に勤める獣医師です。

年老いた院長の代わりに、院長代理として病院を取り仕切っており、クールな動物看護士・陰山元美(中村アン)と一緒に日々の仕事をこなします。

伯朗は、院長から自分の養子になって跡を継いで欲しいと頼まれていたものの、なかなか決断できずにいました。

それは、自らの複雑な生い立ちに理由があります。

伯朗は画家の手島一清と、禎子(斉藤由貴)夫婦の間の長男として生まれましたが、父・一清は脳腫瘍が原因で、伯朗が幼いころに死亡。

禎子は後に資産家の医者・矢神康治(栗原英雄)と結婚しましたが、伯朗は康治を父親と認める気持ちにはなれませんでした。

ほどなく9歳年下の弟・明人(染谷将太)が生まれ、明人は矢神家を継ぐための英才教育を施され天才的な子供として育っていきます。

そんな矢神家が居心地が悪くなった伯朗は、大学進学と共に矢神家から姓を抜いて一人で生きていくことに。

その後、禎子は実家で事故死をしてしまい、矢神家とはさらに疎遠になり、弟の明人とも連絡を取っていなかったのです。

しかし、突如アメリカにいるはずの明人の妻と名乗る女・楓(吉高由里子)から、動物病院に電話がかかってきてこう言われます。

「行方不明なんです明人君。もう何日も帰らないんです」

 

スポンサーリンク

 

危険なビーナスの原作あらすじ②楓の頼みを断れない伯朗

後日、伯朗は楓と出会いその美しさに驚かされました。

楓の話では、二人は結婚したものの矢神家には報告しておらず、父・康治が危篤の知らせを受けて帰国したとの事。

しかし帰国した途端、明人は置手紙を残して突如消えてしまったというのです。

「ちょっとしたミッションが有って出かけます。もしかするとしばらく戻らないかもしれない。でも心配しなくていいです。その場合、申し訳ないけど父の見舞いは君一人で行ってください。よろしく 明人」

困った楓は、一人で資産家の矢神家を訪ねるわけにもいかず、兄である伯朗を頼ってきたというわけ。

矢神家とは縁を切っており気乗りしない伯朗でしたが、美しい義理の妹・楓の頼みを断れず同行することにしたのです。

二人が康治が入院する病院に向かうと、康治の妹の波恵(戸田恵子)が出迎えてくれました。

明人が失踪したことは伏せ、仕事で忙しいために代わりに兄の伯朗と一緒にお見舞いに来たことにしています。

伯朗はかつての義理の父親・康治に声を掛けるもあまり反応はありません。

しかし一言「明人に、背負わなくていいと・・・」と意味深なことを言うのです。

それ以上は語らず、目を閉じてしまった康治。

波恵は二人に「近々矢神家で親族一同が集まり、相続の事で話し合うので来るように」と話します。

気乗りしない伯朗でしたが、亡き母・禎子の遺品もあると言われて、楓と共に同行することを了承するのでした。

 

スポンサーリンク

 

危険なビーナスの原作あらすじ③矢神一族との対面

病院からの帰り道、伯朗は明人の自宅を訪れ、楓と話をします。

明人との馴れ初めや、康治がサヴァン症候群の研究をしていた事を知ることに。

サヴァン症候群とは言語などの障害を持つものの、芸術や知的分野に並外れた才能を持つ症状の事です。

後日、二人は禎子の妹夫婦の兼岩家にあいさつに行きます。

禎子の妹・順子(坂井真紀)と夫の数学者でもある憲三(小日向文世)は、久しぶりの伯朗の来訪を喜び、明人と楓の結婚も祝福してくれました。

そして、矢神家に集まる日となります。

伯朗と楓が矢神家に向かうと、そこには名家の親戚集団が待ち構えていました。

矢神家の前当主は明人の祖父に当たる康之介(栗田芳宏)で巨万の富を残し既にこの世を去っています。

その長男が危篤状態の康治で、病院で二人を出迎えてくれたのが康治の妹の波恵。

そして広間のテーブルに座っていたのは以下6人です。

康之介の次女で、康治の異母妹の支倉祥子(安蘭けい)とその夫・隆司(田口浩正)と娘の百合華(堀田真由)。

康之介の次男で、康治の異母弟の矢神牧雄(池内万作)。

そして康之介の養子の佐代(麻生祐未)と勇磨(ディーンフジオカ)です。

実は佐代は康之介の愛人だった女で、勇磨は紗代の息子。親子で康之介の養子になっているという非常に複雑な状況。

伯朗は、かつての親戚たちの顔と名前はほぼ一致しませんでしたが、勇磨のことだけ覚えていました。

それは、幼い時に勇磨にバカにされたことが有ったからです(# ゚Д゚)

勇磨は美しい楓を口説こうとしており、伯朗はそんな二人のことが気が気ではない様子。

 

スポンサーリンク

 

危険なビーナスの原作あらすじ④死んだ父はサヴァン症候群?

そんな中で皆で昼食を取り、その後康治の遺品について物色を始める親族たち。

実は前当主の康之介は「全財産を明人に譲る」と遺していたのですが、当時明人は幼くその財産は康治が引き継いでいました。

他の子供たちも遺留分に応じて遺産は受け取っていたのですが、康治の残している価値ある品に興味津々!

そんな中で、牧雄だけは康治が医師として残した資料だけを気にしています。そこにはサヴァン症候群の患者が書いたような絵もありました。

実は牧雄は康治が研究していたサヴァン症候群の研究について手伝っていたのです。

それを知った伯朗は牧雄にこう尋ねます。

「動物実験も手伝っていたんですか?」

伯朗が康治を父親として受け入れられなかった大きな理由は、サヴァン症候群の研究のために猫の脳に電気ショックを与えて殺すような実験をしていることを幼いころに知ってしまったため。

こんな過去が、伯朗が獣医師になることにも影響していました。

そして伯朗は、矢神家から禎子の遺品を受け取ります。

そこには幼いころの家族の写真が収められたアルバムやら禎子の貴金属が収められています。

アルバムには、父・一清が最後に書いた絵「寛恕の網」の写真が剥がされた跡がありました。

「寛恕の網」とは脳腫瘍に冒されてから一清が書いていた未完成の作品で、明らかに今までの作風とは異なっていました。

「寛恕」とは寛大な心で許すという意味。

誰がこの写真を剥がしたのか?伯朗は気になります。

後日、伯朗は禎子の遺品を持って、叔母の順子の家を訪ねました。

母の形見の貴金属を渡し、アルバムを見せてあげるためです。

そのとき順子から、小泉家を取り壊して更地にした土地に関してもしっかり確認するように言われます。

小泉家とは、禎子の実家でその風呂場で禎子は16年前に謎の死を遂げたのです。

当時は事故として処理されたが、失踪している明人は母の死の真相を疑っていた様子。

そして、伯朗は一清の残した「寛恕の網」がフラクタル図形というもので、とても常人が手書きできるものではなく、芸術的才能に特化したようなサヴァン症候群ではないと不可能だという事を叔父の憲三から聞かされるのでした。

父・一清はサヴァン症候群だったのか?

憲三も順子もそのようには見えなかったと話します。

 

スポンサーリンク

 

危険なビーナスの原作あらすじ⑤禎子と佐代は友人だった!

一方、楓は明人の失踪は矢神家の誰かが関わっているのでは?と思っているようで、言い寄ってくる勇磨と度々会って探りを入れていました。

そんな二人を嫉妬のような思いで心配する伯朗。

さらに伯朗は、遺品の写真から驚くべきことに気付きました。

禎子の学生時代の写真に、勇磨の母でもある佐代が写っていたこと。

伯朗は、佐代が営む銀座のクラブに向かい話を聞くと、驚きの事実を知ることに。

禎子と佐代は学生時代の友人で、禎子が矢神家と関係をもつきっかけが佐代だったのです。

脳腫瘍を患った一清が度々錯乱状態になることを佐代に相談し、佐代は愛人の康之介にそのことを伝えます。

すると康治にその治療を任せることを提案したのです。

康治は脳に電流を流して病気を和らげる研究をしており、禎子もその申し出を喜んで受け入れました。

治療の結果一清の錯乱状態は改善するも、後に脳腫瘍は悪化し死んでしまいます。

その責任を感じてなのか、康治は禎子と一緒になったのではないかと佐代は言いました。

後日、伯朗は楓と共に小泉家の更地の様子を見に行くことに。

すると更地のはずなのに家がそのまま残っていたのです!

管理は近所の老人に、康治が任せていました。

何故更地にしたと康治は伯朗たちに嘘を吐いたか?

サヴァン症候群やら、明人の行方やら、禎子の死の真相など謎は深まるばかりです(・・;)

 

スポンサーリンク

 

危険なビーナスの原作あらすじ⑥康治は後天性サヴァン症候群の研究をしていた

ある日楓は、サヴァン症候群についてネットで調べていたところ、とあるブログで矢神家に有った絵と同じような絵を発見!

さっそくそのブログの運営者に連絡を取り、伯朗と共に会いに行くとブログ運営者の亡くなった父親が書いた絵であることが分かります。

かつて交通事故が原因で脳に障害を負い、以後奇妙な絵「フラクタル図形」を書くようになった。

そのことを矢神康治に相談して検査を受けたと話してくれました。

そう、矢神家にあった絵は、ブログ運営者の父親が書いたものだったのです。

康治が研究したのは「後天性サヴァン症候群」、つまり人為的に天才脳を作り出すという発見。

しかしこの研究を康治が発表していませんでした。

これまでの疑問を本人に突き詰めようと、伯朗は康治の病院を再び訪ねます。

波恵の居ない隙に、耳元で康治に語り掛けると・・・

「明人、恨むな・・・」というまたもや意味深な言葉が飛び出すのです。

そして伯朗はこれまで楓と行動を共にしてきて、弟の妻である楓に明らかに好意を持っていました。

仕事に支障をきたすほどに、楓のことが気になっている状態(^_^;)

しかし職場の助手でもある陰山元美は、楓の存在を怪しく思っています。

そして佐代も「あの人はただ者には見えない」と言っていました。

果たして楓の正体は?危険なビーナスに大きな意味がありそうですよね〜(^^♪

 

スポンサーリンク

 

危険なビーナスの原作あらすじ⑦勇磨に嘘がばれてしまう

ある日、勇磨は明人がアメリカにいないことを調べ上げて、楓にそのことを突き詰めます。

すると隠し切れないと思い、すべてを勇磨に話してしまうのです。

伯朗はそのことを知ってショックでしたが、恋敵でもある勇磨と共に事件の真相を辿ることになります。

勇磨の目的は康治が残した「サヴァン症候群」の研究資料。金になると思ってのことのようです。

研究資料のありかを知ろうと三人が向かった先は、研究の手伝いをしていた牧雄のもとでした。

牧雄は一清への治療の結果、副作用としてサヴァン症候群が現れてしまったこと。

そして一清が亡くなったことで人体への施術は控え、動物実験をすることになったが、動物での実験ではその検証が困難であることが分かり、同様の実例を全国で探し始めた。

結果仮説が実証できたにも関わらず、康治は研究結果は公表しなかったと話します。

しかし牧雄も当時の研究資料のありかは知らない様子。

こうなると研究資料が隠されているのは、禎子の実家の小泉家では?と考えた三人。

翌日に小泉家を調べるという事になりますが、伯朗は仕事の都合がつかずその日に一人で探しに行こうと決意します。

その前に叔母の順子の家を訪ね「実家に隠し部屋みたいなの無かったか?」と質問しますが、順子からは「覚えていない」と言われてしまいます。

順子にとってはすでに更地になって家がないのに、なんでそんな質問をするの?と不思議そうです。

この時点で順子や夫の憲三は実家が残っていることを知りませんからね。

伯朗は、楓に改めて声を掛けて小泉家に向かおうとしますが、何と部屋には勇磨の姿も!

憤る伯朗でしたが、やむなく三人で小泉家の捜索に向かいます。

すると屋根裏部屋から、目的のサヴァン症候群の資料を発見!

しかし、以前にも屋根裏は確認したはずなのに何故?と伯朗は疑問を感じました。

そして三人は小泉家を離れ、伯朗と楓、勇磨は別の車で帰ろうとします。

しかし伯朗はどうも屋根裏で見つかったことが引っ掛かり・・・

「まさか!」と思い小泉家に向かって引き返すことに。

すると小泉家には消したはずの電気が付いていたのです。

果たして中にいた驚きの人物とは?

 

スポンサーリンク

 

危険なビーナスの原作あらすじ⑧母禎子を殺した犯人は?

小泉家の居間にいたのは、伯朗の叔父・兼岩憲三でした。

憲三は、先ほど伯朗が訪れたときの順子との話をこっそり聞いており、「更地のはずの小泉家が存在するのでは?」と思ってここに現れたのです。

サヴァン症候群の資料を置いたのは憲三です。

資料を見つけさせて、3人をこの家から早く立ち去らせたかったから。

憲三はこの家に隠されている伯朗の父・一清の「寛恕の網」を見つけたかったのです。

憲三はかつて一清から治療を受けて以降、奇妙な絵を描くようになったことを相談されていました。

その図形のような絵を見て数学者の憲三は驚きを隠せませんでした。

「ウラムの螺旋」と呼ばれる図形で、それは数学界にとって解明されていない素数の謎を解き明かすためのものだったのです!

ここで康治が言った「明人、恨むな・・・」は「ウラムの螺旋」を言いたかったことがここで分かりましたね。

憲三は絵の完成を待ちわびていましたが、未完成のまま一清は亡くなり「寛恕の網」は行方は分からずじまいに。

しかし、時が経ち明人がアルバムから切り取った「寛恕の網」の写真を見て驚いた憲三。

その写真は一清が亡くなった後に撮られたものだったからです。

ということは、「寛恕の網」はどこかに隠してあるのでは?と思い、こっそりと小泉家に入り込み探していたのですがなかなか見つけられず、運悪く禎子にその様子を見られてしまうんです。

禎子が順子に連絡しようとすると、慌てた憲三ともみ合いになり、頭を打って脳腫瘍を起こしてしまった禎子。

そこで助ければよかったのですが、憲三は禎子をふろ場に運び溺死に見せかけて殺害してしまったのです((+_+))

そのときにサヴァン症候群の資料を持ち出して、今日に至るまで保管していました。

全てが白日の下にさらされ、憲三は小泉家に灯油をまいて火をつけて自殺を図ろうとしますが、楓が憲三を運び出し、伯朗と共に小泉家を脱出!

しかし、伯朗は何か引っかかるものがあり火の手があがる部屋の中に戻っていくのです。

そして襖を破るとその中から父親の書いた「寛恕の網」を発見。

既に火の手が上がり、危険な状態のところで伯朗は何者かに手を引っ張られました。

「たかが絵だ!逃げよう」

伯朗の手を引っ張り助け出した人物とは?

何と失踪していた弟の明人だったのです!!

 

スポンサーリンク

 

危険なビーナスの原作あらすじ⑨明人の失踪の秘密と楓の正体は?

翌朝、警察署で目覚めた伯朗は、明人からすべての真相を聞かされます。

実は明人は失踪などしていませんでした。

アメリカから空港に到着した際、警察から「拉致監禁される可能性がある」と言われて保護されていたのです。

拉致しようとネットに依頼をしていたのは兼岩憲三。

その目的は、明人より先に「寛恕の網」を手に入れたいが為でした。

その犯人をあぶりだすために警察は潜入捜査を提案し、明人はそれを呑む条件として、母・禎子の死の原因を再捜査するようにお願いしました。

そしてここで明らかになった衝撃の事実!

そう楓は、警察が用意した潜入捜査員だったのです。

危険なビーナス=楓に何か秘密があるとは思っていましたが、潜入捜査員だったとは・・・

全く私は読んでいて、疑いもしませんでしたね〜( ´∀` )

明人は結婚しておらず、楓が妻だというのは真っ赤な嘘。

小泉家を更地にしたと嘘を吐いたのも、「寛恕の網」を狙った犯人が身内にいると考え、取り壊したことにすることで犯人を油断させるためでした。

後日、康治は亡くなりサヴァン症候群の資料に関しては、明人の判断で世間には公表されないことになります。

「人間には踏み込んではいけない領域がある」という明人の判断のもとからでした。

康治が言った「明人、背負わなくていい」とは、この絵のことを背負わなくていいと伝えたかったのでは?と明人は伯朗に語ります。

そして、矢神家は明人と勇磨の二人で立て直すことになっていくという展開に!

気になる伯朗の最後ですが、勤めている院長の養子となり動物病院を継ぐことを決意します。

いつものように、陰山元美と診療をしていると・・・

なんとペットを連れた楓が現れたのです!

「これから長ーい付き合いになるかもしれないからよろしくね、伯ちゃん」

ウインクして伯朗に向かってそう語り掛けるのでした(^^♪

 

 

危険なビーナスの原作あらすじ!犯人やサヴァン症候群の真実まとめ

今回は「危険なビーナス」の原作小説からネタバレ結末をご紹介しました。

主人公・伯朗の弟・明人は実は失踪しておらず、真犯人をあぶりだすための警察の潜入捜査に協力し失踪したふりをしていたのです。

そして明人の妻・楓の正体は、警察の潜入捜査官!

明人を拉致監禁しようとし、16年前に母親を殺した犯人は叔父の兼岩憲三だったのです。

ドラマで言うところの犯人役は小日向文世さんという事になりますね。

おそらく、多少のストーリーの変更はあるものの、犯人や結末はドラマも原作小説も変わらないのではないでしょうか?

一番驚かされたのは、吉高由里子さん演じる楓が妻では無く、警察の潜入捜査官だったというところですね〜(^_^;)

主人公の伯朗は、優しくてまっすぐな男なのですが、嘘が付けずに心の内を見透かされてしまうちょっと残念な人物なので、妻夫木聡さんがどのように演じてくれるのかとっても楽しみです!

原作の結末を知っても、ドラマでどのように描かれるのか?という点でとても楽しめる作品になると思います。

TBS日曜劇場「危険なビーナス」は10月11日からスタートですので、是非お楽しみくださいね(^^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です