【肝臓を奪われた妻】原作ネタバレ最終回結末!クズ家族への復讐の最後とは?

#ad #PR #スポンサー

スポンサーリンク

伊原六花さん主演の日本テレビ系火曜プラチナイトドラマDEEP「肝臓を奪われた妻」が愛する夫から肝臓を奪われてしまう主人公の復讐劇ですが原作のネタバレ結末とは?「肝臓を奪われた妻」原作あらすじネタバレを最終回結末までご紹介!クズ家族への復讐の最後とは?

目次

肝臓を奪われた妻の原作や脚本家は?

原作

「肝臓を奪われた妻」は、愛する夫から理不尽に肝臓を奪われてしまう主人公・北山優香の復讐劇を描いた物語。

結婚後、ドナーとなっていた義母への肝臓移植をした後に離婚を強いられ、臓器移植のための偽りの結婚だったと知った優香は、その5年が経ったある日、元夫・中村光星と再会。

愛する家族のために自分を犠牲にした優香の壮絶な復讐が始まります。

この作品の原作は、韓国発信のウェブマンガで原案はJYUNさん、作画をManaさんが担当。

2021年に韓国の大手インターネットサービス『NEVER』で連載がスタートされ一躍話題を集めました!

その後、日本でも掲載がスタートし、「LINEマンガ2022」年間ランキング女性編では6位にランクイン!

これまで累計閲覧数1億3300万ビューを記録した超人気作です!

初のドラマ化に原作者の2人も喜びのコメントを寄せていました(≧∀≦)

Manaさんコメント

3年以上、汗をかいて描いた物語がドラマ化されると聞いて本当に感無量です。ダヨン(優香)に絶対幸せになってほしいという気持ちで完結まで走り続けましたが、ドラマも同じ気持ちで応援しながら観るようになると思います。この作品を読んでいただき、本当にありがとうございました!読者の皆様の幸せと健康を祈ります!

JYUNさんコメント

日本でドラマ化だなんて、本当に夢のようで、ワクワクしています!すべて日本の読者の皆様のおかげだと思っております。作品を楽しんでいただき、本当にありがとうございます。これからももっとがんばりますので、ぜひドラマも楽しんでください!

引用元:公式サイト

そんな人気作「肝臓を奪われた妻」をドラマ化する脚本家とは??

脚本家

「肝臓を奪われた妻」の脚本を担当するのは、遠山絵梨香さんです。

遠山絵梨香さんは1983年生まれで、神奈川県出身。

2012年頃から脚本家として活動していて、ドラマやCM、小説など幅広い分野で才能を発揮しています。

最近ではNHK「しもべえ」、テレビ朝日「もしも、イケメンだけの高校があったら」、フジテレビTWO「恋と友情のあいだで」、東海テレビ「グランマの憂鬱」、テレビ朝日「BLドラマの主演になりました」などを担当。

昨年脚本を担当したドラマ「癒やしのお隣さんには秘密がある」は、Tverの見逃し配信が1000万回再生を突破するなど大きな話題を集めました!

深夜ドラマに定評がある遠山さんの新作に、今回も注目が集まります♪

放送枠

「肝臓を奪われた妻」が放送されるのは、日本テレビ系火曜プラチナイト『ドラマDEEP』枠です。

これまで『金曜ドラマDEEP』として金曜日に放送されていた枠ですが、4月からは火曜日に移動し全国ネット放送されます。

放送時間は毎週火曜24:24〜25:54の30分となっています。

間違えないように要チェックしておきましょう!

【肝臓を奪われた妻】原作ネタバレ最終回結末!クズ家族への復讐の最後とは?

母親の肝臓移植のドナーのために結婚して捨てられた優香

天涯孤独な女子大生の北山優香(伊原六花)はアルバイト先で中村光星(桐山漣)と出会い、猛アプローチを受け、結婚。

しかし・・・この結婚は仕組まれたものでした。

光星の病気の母親の肝臓の病気を治すため、移植のドナーになるために、選ばれた優香。検査で優香がドナーに適合することを知り、結婚をすることに。

そして移植をした後、すぐに離婚して優香を捨てる予定でした。

何も知らない優香は、母親が病気であることを告げられて、ドナーになる決意をします。

もちろん、母親も光星の妹もすべて知っていて、優香をだまして笑っていたのでした。

光星には、光星の子供を妊娠している、るり子がいましたが、るり子も事情を知って、移植が終わって離婚が成立してから結婚することを認めていました。

そして、無事に移植が済んだ後、計画通りに、難癖をつけて優香を捨てて離婚をした光星。

それまでやさしかった光星の母親も、移植が終わると、ヒドイ言動で優香を追い払います。

ヒドイ扱いを受けてどん底の優香。身体に手術の傷ができて、今後の身体の健康も影響を受けます。

そして騙されたことを知った優香は光星の家族に復讐を誓うのでした。

光星の子供を妊娠!そして5年後・・・復讐をスタート

復讐を決意した直後、なんと光星の息子を妊娠していたことがわかり衝撃を受ける優香。しかし生む覚悟をするのでした。

そして子供を産んで5年後、復讐がスタートします。

優香は健康でない体であることを知っていて、助けてくれる花屋の社長の春美が仕事に雇ってくれて、息子の結人の面倒も見てくれます。

春美は家族のように、優香や結人に寄り添ってくれます。復讐を始めることを知っていて、止めたくても止めることができず、復讐のために、出かける時に、結人を扱ったりしていました。

また偶然、優香が命を助けた、中年のイケオジ、黒田も優香の事情を知り、復讐に協力してくれることに。

家族全員がターゲット!

黒田は光星の母親に近づいて、恋人関係になり、事業のための大金を出してもらったり、一緒にマンションを購入。名義は優香でした。

そのお金は母親が光星から出させたものでした。

光星は母親に頭が上がらず、大金をよこせと言われて、仕方なく出していました。

そして優香は光星の妹の婚約者の賢三を誘惑して、優香を捨てさせます。

また、光星の妻のるり子は、スポーツインストラクターを不倫をしていたので、優香は妻の不倫相手を誘惑。

一方で、優香は偶然出会った花屋のビルのオーナーの小栗健とお互いに恋心を抱くように。しかし復讐をしようとしていることを告白して、諦めようとします。

しかし健は復讐に協力してくれると言い、優香の策略で婚約者に振られたことを知った光星の妹や不倫相手を誘惑されたことを知ったるり子が、るり子や息子に雇った男たちを使って危害を加えようとした時、守ってくれ自宅にかくまってくれます。

そして今度は、光星の家族が、結人が光星の息子だと知ると、跡取りとして、拉致してでも、引き取ろうとする光星の母親。

本当にクズな家族です(^^;

最後はまさかのハッピーエンド?

これを知った優香が、復讐の仕上げをします。母親の誘惑を頼んでいた黒田には姿を消すように言います。そして健に調べてもらった光星の会社の不正を取引先に暴露したことで、取引先の会社が一気に契約を破棄してきて、光星の会社は再起不能に。

婚約者を奪われた光星の妹は、優香の前にあらわれて、火をつけて一緒に死のうとしますが、逃げ出した優香。妹は火事で顔に大きな傷を負い、病院に運ばれてどうにか一命はとりとめますが、放火犯となります。

光星は、すべてを奪われたと知り、結人を人を使って誘拐させて、優香を呼び出します。

して優香に復讐の数々を白状させます。そこで優香は光星の会社などの不正の悪事も洗いざらい話すのですが、その会話は全部警察が聞いていて、結人も無事に助けられて、光星は逮捕されます。

そして、黒田が優香の差し金だと知った光星の母親はショックで脳卒中になり意識が戻りません。そして光星の家族の面倒を見るのはまっぴらだと、逃げ出そうとした妻のるり子は病院を出た後に事故に遭ってしまいます。

光星は懲役刑が決まるのでした。

そしてすべての復讐を終えた優香は、自分のことを守ってくれた健と晴れて結婚し、結人と3人で幸せにくらす、まさかのハッピーエンドで幕を閉じました。

ドラマ「肝臓を奪われた妻」あらすじネタバレ全話まとめ

1話あらすじネタバレ

幼少期に父親を亡くし、母親に女手一つで育てられた北山優香(伊原六花)。穏やかで心優しい女性に育った優香は、自分と似た境遇で育ち、家族想いの中村光星(桐山漣)と運命的に出会う。母親が息を引き取り、天涯孤独になってしまった優香。「ずっと一緒にいよう」という光星の言葉を信じ、2人は結婚する。

幸せ絶頂の優香…。だが、この結婚には“ある目的”が隠されていた…。

光星の母親・聖子(櫻井淳子)の肝臓の病気を治すため、移植のドナーになることを決心する優香。これから家族仲良く幸せに暮らせると信じていたが、手術後、光星と中村家の態度が一変。光星の妹・弘子(加藤千尋)と聖子に、光星との夫婦の営みを拒んだと言いがかりをつけられ、光星に会えないまま離婚させられてしまう。子供を身ごもっていた優香は悩んだ末に出産、息子・結人を一人で育てていく決意をする。
そして、5年の月日が経ったある日、光星と偶然再会する優香。
亡くなった母と愛する息子を侮辱され、5年前に全てを仕組んだのが光星であったことを知る。

『私は肝臓を奪われるためだけの道具だったんだ…』

優香の脳裏に忘れかけていた恨みの記憶が駆け巡り、溢れ出す。

『あなた達の大切なもの、私が全部奪ってやる…』

引用元:公式サイト

母親に腎臓を移植した後、光星に会えないまま、母親と妹がやってきて離婚させられた優香。

しかしやはりもう一度、光星に会いたいとマンションにやってきた優香は、母親と妹、そして光星の妻・るり子が優香が移植するためだけに結婚して騙されたという話を笑いながらしているのを聞いてしまう。

優香がつめよると「愛してたなら、肝臓くらいあげたっていいでしょ」と平然と言うるり子。るり子の父親は権力者の娘のようで、るり子のおかげで、光星はかっこたる地位を得て海外に仕事に行っていた。

それでも家族思いの光星だから、何か事情があるのでは?と信じていた優香は、妊娠した光星との子供を出産。

しかしお金がなく追い詰められた優香は、自殺しようとします。そこに通りかかった花屋の店主の春美に助けられて、花屋で働くようになった優香。

息子の結人と幸せに暮らしていたが、偶然にも再会した光星に当時のことを聞くと、録音した音声をきかせて「(優香が)自分の意志で肝臓を移植した」と平然と言うのでした。

優香は光星と家族への復讐を誓うのでした。

2話あらすじネタバレ

第2話
2024.4.9 OA
自分は義母に肝臓を提供するためだけの道具だった。。。
すべて元夫・中村光星(桐山漣)の仕組んだことだったと知った優香(伊原六花)は、元夫とその家族へ復讐を決意する。最初のターゲットは元夫・光星の妹・中村弘子(加藤千尋)。

兄・光星の威を借り、我がまま、やりたい放題の弘子は、井川グループの御曹司、井川賢三(田村健太郎)を強引なアプローチの末、口説き落とし、ついには友人たちの前で婚約発表することを計画。その日が迫ってきていた。
優香はそんな井川に狙いを定める。ある夜、バーで一人、酒を飲んでいた井川。
そこへ鮮やかなドレスに身を包んだ優香が現れる。
美しいその佇まいに目を奪われる井川。そんな井川に妖艶な微笑みを向ける優香。
果たして、優香は最初のターゲットである中村弘子から「大事なもの」を奪うことはできるのか?優香の壮大な復讐劇が、ついに幕をあける…!

引用元:https://www.ntv.co.jp/deep-kantsuma/story/

OA後に追記します!

3話あらすじネタバレ

第3話
2024.4.16 OA
元夫・中村光星(桐山漣)の妹・弘子(加藤千尋)の婚約発表を失敗に終わらせることに成功した優香(伊原六花)。ほっとしたのも束の間、突然花屋で働く優香のもとに光星が現れる。自分の居所が知られていることに恐怖を感じ、忌々しい記憶がよみがえり、手術跡が疼く優香。花屋のビルのオーナー、小栗健(戸塚純貴)や春美(猫背椿)の心配をよそに、優香は焦りと不安から更なる復讐計画の実行を早めることを決意する。

次のターゲットは、光星の妻・るり子(水崎綾女)。彼女が今一番大事に思っているのは、彼女が通うジムのトレーナーで不倫相手の玉木慎吾(夏生大湖)。るり子とは真逆の魅力で玉木に迫り、誘惑に成功する優香。玉木を陥落寸前に追い込んだと思っていたのだが、優香に絶体絶命のピンチが訪れる…。

引用元:公式サイト

OA後に追記します!

4話あらすじネタバレ

OA後に追記します!

肝臓を奪われた妻キャスト

引用元:公式サイト

北山優香(きたやまゆうか):伊原六花

幼少期に父親を亡くし、母親によって女手一つで育てられた優香は、母親の愛を一身に受け、献身的な元気で優しい子に育つ。
そんな優香の夢は、「幸せな家庭を築くこと」。
優香は、自分と似た境遇で育った家族想いの中村光星に惹かれ、付き合い始める。
そして母親が息を引き取り、天涯孤独になった優香は、光星と結婚。光星の母親・聖子の肝臓移植のドナーになると名乗り出る。しかし、すべては義母への臓器移植のための偽りの結婚であった。
離婚を強いられ騙されたと知るが、光星の子供を身ごもり、悩んだ末に出産、一人で育てる決意をする。そして、肝臓を奪われてから5年の月日が経ったある日、光星と偶然の再会…母と愛息子を侮辱する光星やその家族に恨みの感情が溢れ、中村家への復讐を決意する。

コメント

「肝臓を奪われた妻」と聞いて復讐を思い浮かべる方もいるかと思いますが、この作品は復讐に至るまでの経緯もそうですし、復讐中の優香だったり、その間で出会う人との関係性だったりとかで、優香の状況や周りの環境がどんどん変わっていく作品になります。復讐だけでなくその先にたどり着くものなど見えてくるのが私もワクワクしながら撮影に挑みたいなと思っております。是非、皆さんも楽しみにしていただけたらなと思います。

引用元:公式サイト

中村光星(なかむら こうせい):桐山漣

プライドが高く、弱みを見せることは死と同様。
母の肝臓移植のために、純粋な優香が夢見る「幸せな結婚」を持ちかけ、手術が終わった後は、離婚を強いて突き放した冷酷な男。
母・聖子がシングルマザーで育てたが、同じ境遇で育ちながらも、朗らかに真っすぐにいる優香を見て、妙なコンプレックスを感じてしまう。
優香の中村家への復讐計画の前に幾度となく立ちはだかる。

コメント

初めて脚本を読んだときは何て悪いやつなんだと思っていましたが、話が進めば進むほど復讐を躱(かわ)す中村光星の頭のキレの良さは見事ですし、歪んだ人格や冷酷さは彼の過去を知ると彼の物語でもあるように感じました。優香にとってみれば中村家は悪いやつばかりですがそれぞれが一家のためと見方を変えると楽しさが増すのはこの作品ならではの魅力かと思っています。偽りの結婚が5年の時を経て光星へどんな影響をもたらし三角関係へと発展していくのか、最後まで楽しみに見届けていただければ幸いです。

引用元:公式サイト

小栗健(おぐり たける):戸塚純貴

この投稿をInstagramで見る

 

戸塚純貴(@junki_tozuka)がシェアした投稿

優香の勤務する花屋のビルのオーナー。
曲がったことを知らず、困っている人には、手を差しのべるのが当たり前だと思っている心優しい男。
優香の息子・結人には「恐竜キャンディーのおじちゃん」の愛称で懐かれており、圧倒的な親しみやすさも持ち合わせている。
女手一つで結人を育てながら花屋で健気に働く優香に惹かれ、次第に支えたいと思うようになる。

コメント

すべては愛する誰かのために、僕の演じる小栗健は慈愛に満ち溢れた男、テーマは愛だと思っています。物語の中で起こる偽りと復讐、その一瞬一瞬の伊原六花さん演じる優香さんを優しく支えて行ければと思います。近くにある幸せに気付かぬふりをして復讐を続ける優香を大きな愛で包み込めるのか、是非ご期待ください。

中村弘子(なかむら ひろこ):加藤千尋

主人公北山優香の元夫・中村光星の妹。
自分勝手でわがまま、気に食わないことがあると人に八つ当たりをする。
所謂、港区女子。港区の知り合いのつてで、家柄もよく、気弱そうな井川賢三と出会う。スペックもよく手懐けやすいことから、結婚相手には好都合と思い、弘子からアプローチして婚約までさせた。
賢三の心が離れていく際に、純粋に恋していたことに気づく。

コメント

脚本をいただいた時”肝臓を奪われた妻”という衝撃的なタイトルに読むのがわくわくしました。火曜ドラマDEEPが新しく始まる大切な瞬間に私としても初めて連ドラ出演する機会をいただき、とても嬉しく思います。
強がりでわがままだけどどこか不器用な弘子は強烈な中村家の中で人生にもがきながらも、素直に誰よりも人間臭く生きる女の子だなと感じます。エネルギー溢れる彼女のパワーに負けないよう私も精一杯挑戦していきたいです。
優香の復讐劇の中で弘子自身がどんな変化をしてゆくのか、キャラクターそれぞれの想いや交差する人間関係がどんな結末にたどり着くのか 私自身ゾクゾクします。ぜひお楽しみにしてくださいませ。

引用元:公式サイト

中村聖子(なかむら せいこ):櫻井淳子

光星の母親。シングルマザー。中村家の絶対君主的存在。男を踏み台に生き、光星と弘子を女手一つで育てあげた。安藤グループの令嬢・るり子と結婚した光星を「自慢の息子」と褒めちぎり、その恩恵を大いに利用して成り上がった。これまで出会ったことのない飄々とした黒田と出会い、徐々に心を奪われていく!?ワインなどのお酒が大の好物で肝臓の病気もそれが原因。

コメント

どちらかというと優しそうな母親役が多い中、優香を悲惨な状況に追い込んでいく人物にキャスティングしていただき、新たな一面をお見せできるかと純粋に嬉しかったです。この作品は、タイトルにインパクトがあり、それに負けない中身の濃い内容ですよね。どん底の優香が、自分を犠牲にしてまでどう復讐していくのか、先が気になって仕方がないです。
中村聖子という人は優香を道具としか見てない、独善的なタイプで、とにかく酷いですよね。肝臓を提供してもらったにも関わらず、感謝もなく奪って当たり前という傲慢さ。復讐されて当たり前ですね。
卑劣な中村家を優香がどう復讐していくのか、そして、やり遂げ幸せになれるのか、皆様どうぞ楽しみにしていてください。

引用元:公式サイト

安藤るり子(あんどう るりこ):水崎綾女

この投稿をInstagramで見る

 

水崎 綾女(@misakiayame)がシェアした投稿

光星の妻。安藤グループの一人娘でいわゆる”お嬢様”。
大財閥の両親に幼少期から溺愛され、お金に困った経験は全くない。
光星から安藤グループとのパイプとしか見られていないことへの寂しさから、愛されない、満たされない気持ちを埋めるために、通っているジムのトレーナー・玉木と不倫関係になっている。

コメント

漫画を読んでいたので、オファーを頂いた時はもしかして…?と、るり子の事を想像していたら見事に当たっていました!嬉しい!!共演した事がある方から初めましての方までいるので現場は楽しみのワクワクと緊張のドキドキの連続になりそうです。
るり子というキャラクターは、育ちが良く、両親からも大きな愛情を受けてかなり甘やかされて育ったので、視聴者の皆さまから見るととても嫌な役どころだと思います。ただ、後半、どうしてそうなったのか、そうするしかなかったのかが描かれているので、光星に対しての、切なさやどうしようもなさを演じきれればと思います。 個人的には不倫する役が3本続けてなので世の中の不倫は三者三様、色々な不倫があるんだなぁと思っています(笑) るり子が嫌なやつであればあるほど優香の存在も強くなっていくと思うので、優香の復讐劇が深く、苦いものになるように微力ながら力添え出来ればいいなと思います。
最後の最後までどうなるか分からないミステリーみたいな作品でもあると思うので、ドキドキ感を楽しんで頂けたらと思います。

黒田修二(くろだ しゅうじ):原田龍二

突然の胸の痛みで倒れていたところ、花屋から見ていた優香に救われ、命拾いする。
黒田にとって「命の恩人」 となった優香の復讐計画を聞かされ、自ら手助けをしたいと名乗り出た。
軽快なトークとダンディーな振る舞いで、気の強い聖子を虜にしていく。ゴルフスクールを経営するのが夢。

コメント

まず、随分前から何度もご一緒していて、阿吽の息を共有できる中前監督が、どんな世界観を構築するのか興味が湧きました。私は現代劇でも時代劇でも、報復する側として演じた経験がありますが、なんと言っても勧善懲悪物語は好きです。結果的に『悪事を飲み込む正義』という構図は、観ていて実にスカッとすると同時に、劇中に登場する愛しいニンゲンたちの個々の生き様も、今作品の見どころだと思います。
法や道徳的にはアウトでも、『神様仏様が許してくださる正義』というものを考えさせられる作品だなあと思いました。
黒田修二という人物は、決してありふれた日常には居ない、何とも珍奇なニンゲンだと思いますが、恩義に報いたいという無尽蔵なその心意気が、妙に魅力的な男だなと思いました。
この一筋縄ではいかない、因果応報の世界の住人のひとりとして、視聴者の皆さんの溜飲をしっかりと下げられるように、自分ならではの仕事をしたいと思っています。宜しくお願い致します。

田代春美(たしろ はるみ):猫背椿

優香が働く花屋の店主。優香が妊婦で働き場所が見つからず困窮する中、唯一受け入れてくれた人物。
優香が中村家への復讐を進めていることには気づいており、とめたいと思ってはいるものの、ある過去の経験が原因で言い出せずにいる。よく優香に代わり結人を迎えにいくので結人に懐かれている。

コメント

作品タイトルに度肝を抜かれ「どっちのやつかな?」と思いマネージャーに「(ツッコミ待ちの方ではなく)ちゃんとやるやつですか?」と質問したら「ちゃんとやるやつです!」と言われました。
私が演じる、田代春美は、八方塞がりで絶望的な状況の優香にとって、唯一心を許せる人であり、自分の一番大事な存在である結人を任せられる人物なので「安心感」と、スリリングな展開のなかでの「セーフティーゾーン」を心がけつつ演じたいと思っています!
楽しみなキャストの皆さまを、自分も早く拝見したいです♡

玉木慎吾(たまき しんご):夏生 大湖

ジムのトレーナー。マッチョ系のチャラ男。パーソナルトレーニングの生徒でもある、るり子と不倫している。るり子は熱を上げているが、玉木は暇つぶしにできる金払いのいい女としか思っていない。新しくジムに入会した優香の思わせぶりな態度が気になり誘うが、毎回かわされる。そのうち、本気で恋をしてしまう。

コメント

この役がオーディションで決まった時、素直に嬉しかったです。今までに演じたことのない役なので、難しいとは思いますが、とにかく思いっきり演じようと思います!企画書を読んでみての感想ですが、一番に辛いなと思いました。いきなり裏切られる主人公に感情移入してしまい、思わず一緒に復讐しようかなと思ってしまいました。ですが、今回頂いた役はそんな主人公の復讐の1ピースになるような役です。その復讐が観ている方にとって、より痛快になるよう精一杯演じたいです。玉木慎吾という人物はクズ男だなと思いました。読んでいると、つい主人公に同調して奥歯を食いしばるような思いになったりするのですが、そういった気持ちは一切無くして、自分の欲を正直に、全力で出す事で成り立つ役のように感じています。
“肝臓を奪われた妻”の復讐がより痛快になるよう、また、皆さんに少しでもこの作品を楽しんでいただけるよう、演じたいと思います。そして、玉木というキャラクターが、この復讐劇の中で、どんな1ピースになっていくのかにも、是非注目していただきたいです。

井川賢三(いがわ けんぞう):田村健太郎

弘子の婚約者。井川グループの御曹司。受け身なタイプで、弘子の強引なアプローチに押し切られる形で婚約をした。いつも自分勝手な弘子に振り回されていたが、親同士の関係もあり、何も言い出せずにいる。
弘子とは真逆で健気な雰囲気の優香とバーで出会い、戸惑いつつも惹かれていく。

コメント

まず『なんだこのタイトル!SFかな!?』と思いました。ところが企画書を見ると現実の話でまたびっくりしました。そして台本を読んでみれば強烈なエネルギーを放つ登場人物多し!この、タイトルで刺してくる感じ、ピッタリだなと思いました…。
やらせていただく井川賢三という役は、御曹司で育ちの良さからくる穏やかさを持っており、正直な言葉を放つ人です。嘘ついたり企んだり腹に黒いものを持ってるキャラクター達の中で、賢三の正直な言葉が主人公の優香にどう影響するのか僕も楽しみです。
登場人物達の花のように咲き乱れる情念と湧き水のように溢れる想いが五臓六腑に染みていただけますよう精一杯やらせていただきます。お楽しみに!

探偵:飯田 基祐

偶然再会した優香をある理由で調べるために、光星が依頼した探偵。
優香の復讐計画をいつも遠くから見張り、その動向を光星に送っている。
それには大きな秘密が…。

コメント

秘密を抱え、表と裏の顔を持つ登場人物たちを、誰にも気づかれず、遠くから見つめる探偵。何を探っているのか?彼の目的は?そして、彼にも秘密があるのか?マンガ原作の大人気作品!プレッシャーもありますが、マンガとはまた違ったテレビドラマとしての面白さも伝えられたらと思っております!

肝臓を奪われた妻主題歌は?

「肝臓を奪われた妻」の主題歌は、ちゃんみなさんの『FORGIVE ME』に決定しました!

ちゃんみなさんといえば、”練馬のビヨンセ”として若者を中心に支持を集める女性ラッパー。

2017年に『未成年』でメジャーデビューし、昨年には中村倫也さん主演のドラマ「ハヤブサ消防団」で、主題歌『命日』を担当し話題を集めました!

今回の楽曲『FORGIVE ME』は、ドラマとどんな風にリンクしていくのでしょうか?放送をお楽しみに♪

ちゃんみなさんコメント

この度、新曲「FORGIVE ME」を主題歌に起用頂きありがとうございます。衝撃的なドラマタイトルに驚きましたが、人を信じられなくなったけれども、もう一度、愛を信じ、前を向いて歩いていく。というストーリーに、「FORGIVE ME」がドラマ映像と共にどのようにリンクしていくのか楽しみです。

伊原六花さんコメント

初めて楽曲を聴いた時、作中の場面が次々と頭の中に浮かんできて、登場人物達それぞれの感情が混ざり合いながら、スピードを上げて進んでいくのが想像できました。ちゃんみなさんの強さと柔らかさ、カッコ良くて女性らしい歌声が様々な顔を見せていく今作にハマっているのもすごく痺れます。素敵な主題歌にパワーをもらいながら、さらに楽しんでいただける作品にしていきたいと思います。

引用元:公式サイト

まとめ

今回は「肝臓を奪われた妻」の原作あらすじ脚本家、キャストなどについてご紹介しました。

原作は原案:JYUNさん・作画:Manaさんが担当した韓国のウェブマンガで、なんと累計閲覧数1億3300万回という超人気作!

「癒しのお隣さんには秘密がある」の脚本を担当した遠山絵梨香さんが脚本を務めます。

主演は伊原六花さん、キャストには戸塚純貴さん、桐山漣さん、櫻井淳子さん、水崎綾女さんなど!

そして主題歌はちゃんみなさんの『FORGIVE ME』で、ドラマ内にて解禁される予定です♪

「肝臓を奪われた妻」初回放送は2024年4月2日スタート!放送をお楽しみに〜!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる