竜の道最終回結末ネタバレ!原作と違う2人が死ぬラスト?

スポンサーリンク

玉木宏(たまきひろし)さんと高橋一生(たかはしいっせい)さんが主演を務める火曜ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」の放送がスタートします。

このドラマは白川道(しらかわとおる)さんの小説「竜の道」を原作としたサスペンス。

しかし、なんと「竜の道」の執筆が完了する前に、白川道さんな亡くなられたので、なんと未完の作品なんです。

びっくりですよね。

今回はドラマ「竜の道」の原作のネタバレから最終回の結末予想をご紹介していきます。

原作小説のあらすじをネタバレするので、先を知りたくない人は閲覧注意です。

▼今ならドラマ「竜の道」見逃し動画を2週間完全無料で視聴できます▼

FODは、2週間以内に解約すれば無料で視聴でき、違約金もありません。

FODでは先日お亡くなりになられた三浦春馬さん出演の「ラストシンデレラ」「TWO WEEKS」「僕のいた時間」「奈緒子」「ガリレオ」「オトナ高校」が無料で視聴可能です!

ドラマ「竜の道」最終回結末前にネタバレあらすじは?

竜の道の子役双子キャストや妹みさ役!幼少期役まとめ

まずは、以下、1話のドラマのあらすじです。

1997年、福岡。幼いころに実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻の養子として引き取られた双子の竜一(少年時代:阪本光希)と竜二(少年時代:阪本颯希)は、夫妻の実の娘である5歳の妹・美佐(幼少期:宮地美然)と仲良く暮らしていた。しかし、全国への事業拡大を企むキリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた養父母は自殺。養父母が源平に追い詰められる姿を間近で見ていた竜一と竜二は、霧島への復讐(ふくしゅう)を誓い合う。

それから7年後の2004年。22歳の竜一は、たばこの不始末による火事で突然帰らぬ人となってしまう。ところが、その数カ月後、竜二(高橋一生)の前に現れたのは、顔も名前も違う竜一を名乗る男(玉木宏)だった……。
竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、霧島源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。成長した美佐(松本穂香)にも本当のことを告げず、復讐(ふくしゅう)計画を進めていく二人は、ついにキリシマ急便の不祥事のネタをつかむが……。

引用元:https://www.ktv.jp/ryu-no-michi/

義父母に養子でありながら、大事に育てられた双子の竜一と竜二。

この2人が義父母を死に追いやった男、キリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)に復讐するサスペンスです。

双子の竜一と竜二は復讐のために、綿密に人生をかけて計画をしていきます。

義理の妹である美佐(松本穂香)の存在も気になるところですね。

そんな衝撃のストーリーですが、原作小説のネタバレをご紹介しつつ、結末予想をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「竜の道」最終回結末ネタバレは?原作は未完の小説

竜の道霧島まゆみ役は松本まりか!ドラマホリディラブの怪演で話題

竜の道の原作は「竜の道」は白川道(しらかわとおる)さんの小説が原作。双子の兄弟が復讐をするハードボイルド作品。

この小説は『竜の道 飛翔篇』として2009年9月に刊行されます。

3巻のシリーズにする予定でしたが、2巻目の連載中になんと原作者の白川道さんがご逝去。

そして、なんと未完のまま2巻目の『竜の道 昇龍篇』が2015年10月に刊行。

ということで・・・なんとストーリーは完結していないんです。なので、原作に忠実に再現していたとしても、必ずオリジナルのラストになること間違いなしですね。

以降で原作のネタバレから結末予想をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「竜の道」ネタバレ原作①やさしくしてくれた美佐と両親

竜一と竜二は捨て子でした。

捨てれていた幼い双子を、引き取った義父母。

引き取った目的は、2人をこき使うため。

義父母は、2人に壮絶な労働をさせ、少しでもミスをするとヒドイ暴力を受けました。

一方で自分たちはお金を貯め込むヒドい両親でした。

そう、奴隷のように義父母から虐待を受けて育った2人。

あれ???そう、ドラマと違う設定ですよね(^^;後程、詳しく違いについてはご紹介します。

しかもこの義父母、ヒドイのは、捨て子だったことを2人にはしばらくは言わずに、労働をさせていたんです。

しかし、ある程度成長した後、双子の竜一と竜二は、自分たちが実の息子でないことを知ります。

また一方で、竜一と竜二に幼馴染の美佐がいました。

そして美佐の両親も兄弟に優しく接してくれました。

この竜一と竜二にやさしくしてくれたのは美佐の両親だけでした。

ですが美佐の両親は二階堂急便の二階堂源平に会社を乗っ取られ、一家心中をはかります。

名前は違いますが、ドラマでのキリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)のことですね。

幸い美佐だけは命を取り留めましたが失明してしまいます。

竜一と竜二は美佐の両親の復讐を誓いました。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「竜の道」ネタバレ原作②火事で義父母を殺害し別の人物になりすます

18歳になった竜一は、自分たちを虐待した養父母と倉岡という男を火事に見せかけて殺害します。

竜一は自分の身代わりを探し、その身代わりの男:倉岡に自分の代わりにとして義父母と一緒に焼死させ、自分が死んだことにします。

竜一はその後、点々と移動しつづけ、整形を繰り返し別人になります。

もちろん、竜二もそのことは知っています。

竜一と竜二は復讐のため、竜二は太陽となり、高級マンションを購入し、華やかな生活を送ります。上京し東京大学に入ります。

高級マンションの購入はなくなった義父母が残したお金でした。

もちろんこれもすべて竜一の命令です。

一方で竜一は月となり、闇社会で生きていきます。竜一も義父母がため込んでいたお金を使って放浪し、整形を繰り返します。

それも2人が復讐のために決めたことでした。

2人は居場所は違いますが、会うことなく、電話でやり取りをするだけで、復讐するために進む決意をしました。

竜一は身代わりの男、斉藤一成を見つけ殺害。

そして斉藤一成になりすまします。やがて裏社会でのし上がっていきます。

 

ドラマ「竜の道」ネタバレ原作③義父母を殺害し別の人物になりすます

復讐の準備のため、大物やくざの曽根村の後ろ盾が欲しいがため、殺人もいとわない竜一。

冷酷に犯罪を犯し続けます。

そして曽根村の養女、咲と結婚し曽根村の家族になることに成功します。

しかしそのころ斉藤一成という養護施設で一緒だった、天涯孤独の男になりすましていた竜一。

しかし曽根村に見破られてしまいます。

そんな竜一ですが、巨額詐欺事件などいろいろありますが、その後更なる戸籍を得るため竜一はリオへと旅立つことに。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「竜の道」ネタバレ原作④竜二は華やかはエリートに

一方竜二は東大を卒業、運輸省で働いていました。

そう、華やかなエリートに。すべて竜一の指図です。復讐のためです。

竜一の言う通りに華やかな道を歩いていました。

そして、竜一から、敵である源平の娘、まゆみを口説けと言われた竜二。

まゆみを口説き落とします。

源平の愛娘、まゆみはいつか武器になると考えたからでした。

 

ドラマ「竜の道」ネタバレ原作⑤美佐が予知能力!?

一方美佐ですが、施設で育ち、離れ離れになった後、竜二と文通をしていました。

その美佐ですが、なんと予知能力が!

美佐には竜一は死んだと伝えていたのですが、竜一が生きてると言い出します。

竜一は美佐の存在が2人の復讐に邪魔になると思い、美佐と距離を置くように言われた竜二。

しかし、竜二の美佐を思う気持ちは止められません。

そして、竜一がリオから整形して日系ブラジル人の戸籍を手に入れ、日本に戻ってきました。

そして帰国後は咲の戸籍に入ります。

その後、竜一は投資会社を設立して、事業を拡大。復讐のために準備を進めていきます。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「竜の道」ネタバレ原作⑥愛し合う竜二と美佐

そんな中、竜二の美佐への気持ちはどんどん大きくなっていきます。

しかし竜一は竜二と美佐の関係を許せない理由がありました。

美佐は予知能力があったことから、マスコミに注目されます。

ここでマスコミが美佐と一緒にいる竜二のことが調べたら、過去の2人の犯行がバレてしまう可能性が。今までの苦労が水の泡です。

しかし、結局は竜一は竜二と美佐の関係を許してあげます。

ところが竜一が一番恐れていたことが、おこってしまいます。

美佐はその予知能力で死んでいると皆をだまして別人になっていた竜一を見抜いてしまったのです。

このことから、竜一は美佐に二度と会わないことを誓うのでした。

 

ドラマ「竜の道」ネタバレ原作⑦竜二がまゆみと結婚!?

その後、とうとう二階堂への復讐始めようとした竜一。

復讐のために、竜二に娘のまゆみと結婚するように言います。

もちろん竜二は美佐のことが好きでした。

しかし、竜一は結婚は、復讐を終えるまでの一時のことだと説得するのでした。

そんな中、竜一の後ろ盾になってしまっていた大物やくざの曽根村が脳梗塞で倒れてしまいます。

そして意識不明の重体。

今まで竜一がうまくいっていたのは、曽根村の存在があったから。

まだ復讐は実行できていません。

どうしよう・・・と思った竜一ですが廃人のようになってしまった曽根村を、利用して、さらにのし上がる計画を思いつきます。

そして・・・なんとここで終了!!!

そうなんです最初にご紹介しましたが、執筆途中で、原作者の白川道さんがお亡くなりになったことで、なんと未完成なんです。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「竜の道」最終回結末ネタバレ予想!原作と違うオリジナル

もちろん、原作は未完なので、結末はありません。なので、ドラマオリジナルの展開になると思います。

実際に全く復讐をしていない状況で未完。

気になりますよね。

そして原作とドラマは、おわかりのように、かなり設定が異なっているんです。

以降で、違いをまとめると

◆原作→竜一と竜二は捨て子で、もらわれた家から虐待を受けて育った 

ドラマ→ 竜一と竜二は拾われた家で大事に育てられます。

 

◆原作 → 美佐と双子は幼馴染

ドラマ → 美佐と双子は義理の兄弟

 

原作 → 養父母が酷い人たちで殺害

ドラマ → 義父母は良い人たちで殺害しないし、養父母は自殺する

 

原作 → 美佐が盲目

ドラマ → 美佐は盲目でない

 

原作 → 美佐に予知能力がある

ドラマ → 美佐に予知能力設定はない

 

美佐に予知能力設定は今のところないのですが、もしかしたら、今後ドラマでも出てくる可能性もあるかもしれません。

と、かなり違う設定なんですね。

そして結末予想ですが、おそらく2人は復讐を遂げるのですが、2人とも、もしくは竜一は死ぬラストであると思います。

上記は簡単に紹介しましたが、竜二と竜一は、復讐のために、何度も犯罪を犯します。

特に、人殺しも容赦なく行う竜一。そして裏の世界で生きている竜一。正直いつ殺されてもおかしくない生き方ですね(^^;

なのでラストは竜一が死ぬ、もしくは竜二と一緒に死ぬラストでは??と思います。

2人の境遇が悲惨すぎて、不幸すぎて、小説を読んでいてもどうしてもハッピーエンドはありえないと思います。

かなりのバッドエンドしか想像できないので、2人の死のラストという結末を予想します。

また新たな展開がありましたら更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です