監察医朝顔お母さんは見つかった?じいちゃんの歯の秘密や隠していることとは?

スポンサーリンク

フジテレビ月9「監察医朝顔」は、上野樹里さん演じる万木朝顔(あきあさがお)が、東日本大震災で行方不明の歯を探しながら、監察医として活躍する姿を描く感動ドラマです!

2019年放送が好評を博したことで、今回2クール放送として復活し、次回11月23日の放送が第4話となります。

今作では、監察医としてご遺体の声を聴く朝顔の姿を描くことと並行して、東北へ向かい母・里子の行方を探す様子も丁寧に描かれています。

そして第2話では衝撃のシーンがありましたね。

柄本明さん演じる里子の父でもある朝顔のおじいちゃんが、誰かの歯を持っていたのです!

さらに第3話ラストでは遂に朝顔に、その歯について告白しようとしていました。

やっぱりこの歯は朝顔のお母さんのもので、既に見つかっていたのかも。

じいちゃんの隠していることや歯の秘密とは何なのでしょうか?

今回は「監察医朝顔」の朝顔のお母さんと、おじいちゃんが持っていた歯が誰のものなのかネタバレ紹介したいと思います。

追記!監察医朝顔で歯はお母さんのもの・・・だと信じたかった

歯の真相がわかりました。

過去にお母さんの手袋が見つかった時、近くにあった歯で、まだお母さんの歯なのか?まだ確認していませんでした。

おじいちゃんは、歯を見つけた朝顔に「調べたくない。俺が死ぬまで調べるのを待ってくれないか」と言います。

きっとお母さんを探すのが疲れてしまったんですね。

このままお母さんが見つかったと思って、死にたいと思ったんですね。

この気持ちは、皆に理解できることではないかもしれませんが、お母さんを必死に探していて見つけたいお父さんがいるだけに、切ない真実でした。

 

監察医朝顔お母さんは見つかった?東日本大震災で行方不明に

監察医朝顔2は全何話まで?2クール連続で最終回はいつ?

主人公万木朝顔の母親は、石田ひかりさんが演じる里子です。

茶目っ気がありユーモア満載の心優しい母親だったのですが、2011年に朝顔と共に実家の東北の海沿いの街に帰省中、東日本大震災に遭遇してしまいました。

里子は、近所の足の悪い女性の様子が気になり、朝顔のことをじいちゃん(柄本明)のもとに先に行かせて、自らは一人様子を見に向かいます。

「朝顔、あと頼むね!」

これが里子が朝顔に呼びかけた最期の言葉だったのです((+_+))

その後里子は津波に巻き込まれて行方知れずに。

朝顔は父・平(時任三郎)と一緒に何度も東北に足を運ぶも里子を見つけることは出来ませんでした。

あるとき遺体安置所の体育館に向かうと、ブルーシートに包まれた遺体が多数ありました。

そこで朝顔は監察医の夏目茶子先生(山口智子)と運命的な出会いをするのです。

「あなた生きてるのよね?手伝って」

茶子先生のその言葉がきっかけとなり、朝顔は監察医を志すことになるのでした。

それから時が経ち、朝顔は監察医として働きながら、刑事の桑原真也(風間俊介)と出会い結婚し、一人娘・つぐみ(加藤柚凪)をもうけ、父の平とともに幸せに暮らしています。

しかし、いまだに母・里子の行方は分からず、週末に朝顔は東北に向かい母の手がかりを探しています。

 

スポンサーリンク

 

監察医朝顔お母さんは見つかった?おじいちゃんは朝顔に帰ってきてほしくない?

監察医朝顔2最終回ネタバレ結末は父親が死ぬ?余命わずかな病気が襲う展開?

朝顔は東北に帰り、ご遺体がたくさん見つかった沼で何か手がかりが無いかあさっていましたが、なかなか手がかりになるものは見つかりません。

そんな様子を見ておじいちゃんは「つぐみを一人にしたらかわいそうだから毎週来なくてもいい」と朝顔に言うのですが、朝顔は「来週また来るね」と笑顔でおじいちゃんに言うのです。

そんなおじいちゃん、一人仏壇の前でハンカチを取り出していました。

そのハンカチには「里子」の名前が刺繍されており、その中には「歯」が有ったのです!

これって誰の「歯」?と、視聴者の皆さん不思議に思ったことでしょう(^^;

歯はおかあさんのもの?それともじいちゃん自身のものか、はたまたひ孫のつぐみのものかなど様々な予想が上がっていましたね。

監察医朝顔2の歯は誰の?母親の歯をおじいちゃんが持っている?

そして第2話では、東京に戻った朝顔のもとにおじいちゃんから電話が入ります。

「今週は来なくていいよ。来なくていいからな」

朝顔は、じいちゃんはもしかしたら自分に来てほしくないのかも?そう思った朝顔は「分かった」と一度は了承するのです。

しかし、やはり東北に向かい母について探したいという思いは強く、じいちゃんに電話して「次の休み何だけどやっぱり行っていいかな?じいちゃんが来てほしくないかもしれないけど荷物置いたままだし。つぐみのこと心配してる?だったらつぐみも一緒に行くからさ。行ってもいい?」と言う朝顔。

するとおじいちゃんは「ごめんな朝顔、そうじゃないんだ。嫌だから来るなと言っているんじゃないんだ。」と本心を話し出し、仏壇に向かいハンカチに入った歯を見つめます。

「朝顔、実はな。黙ってたことがある」

「えっ・・・」

果たして、じいちゃんが隠していたこととは何だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

監察医朝顔お母さんは見つかった?じいちゃんの歯の秘密や隠していることとは?

監察医朝顔2の転出届の意味とは?父親が東北に移住?

じいちゃんが隠していたことはおそらく第4話冒頭で明かされると思いますが、やはり既に朝顔の母・里子は見つかっていたという衝撃の告白ではないでしょうか?

ツイッターの皆さんの声も見てみましょう!

第2話の時点では、おじいちゃんが少食になっているシーンや、つぐみの歯が抜けたシーンが有ったので、おじいちゃんの歯や、つぐみの歯では?と言う声もあったのですが、現段階では皆さんほぼほぼ「里子の歯」だと予想しているみたいです。

それでは、何故おじいちゃんはこれまで、朝顔と平に黙っていたのでしょうか?

その理由はいくつかあるかと思いますが、私は3つ考えてみました。

①夫である平が来た時にまず報告しようとしていた。

②娘の唯一の遺骨(歯)を短い時間だけでも、自分の手元に置いておきたかった。

③妻や母が生きていると思っている、平と朝顔の希望を打ち砕きたくなかった。

柄本明さん演じるじいちゃんは家族思いの優しい人物です。

娘の里子の死を早々に受け入れていましたが、平や朝顔はまだ望みを捨てていない。

そんな二人を見ていると、なかなか里子が既に見つかっていたという事が言い出せなかったのかもしれません。

しかし、そういつまでも隠し通すことは出来ない。

そう考えて、意を決して朝顔に電話で告白することにしたように私は思います。

その告白を聞いて、朝顔はどう思うでしょうか?

おそらく、じいちゃんを責めることなく素直に受け入れることでしょうね。

それにしても柄本明さん演じるおじいちゃんは、まさに好々爺という言葉がぴったりな素晴らしい演技ですよね〜。

全クールで演じていた悪徳政治家・箕部幹事長とのギャップが凄くて(^^;)

ベテラン俳優の凄みを感じました!

 

監察医朝顔お母さんは見つかった?じいちゃんの歯の秘密や隠していることまとめ

【監察医朝顔2】3話動画の見逃し配信を無料視聴する見放題公式

今回は「監察医朝顔」でじいちゃんが持っている歯や隠していることについてネタバレ予想してみました。

おそらくハンカチの中に隠し持っているのは、朝顔の母・里子の歯だと思います。

既に里子のご遺体は発見されており、自分たちで里子を見つけ出したいと思っている朝顔や平には切り出しづらくて、一人で見つかった歯をじいちゃんは持っていたのではないでしょうか?

しかし、ご遺体の一部の「歯」が見つかっていたら、まずは夫である平に連絡が行くような気もします(^^;)

「歯」が里子のものだったとしたら、ちょっとその点だけはしっくり来ないかも。

もしかしたら、大どんでん返しであの歯はじいちゃん自身のものの可能性も(笑)

第4話でおそらく明らかになると思いますので、皆さんお見逃しなく(^^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です