エールケン役の大人の俳優は松大航也!ネタバレは智彦の養子に

スポンサーリンク

窪田正孝さん演じる作曲家・古山裕一と二階堂ふみさん演じる妻・音の波乱の生涯をフィクションで描き、人気と話題を集めているNKH朝ドラ「エール」。

いよいよ最終回間近。のこりわずかとなってしまいました。

22週目に入り、子役から大人の俳優さんに変わられた役もいくつかあります。

その中でも注目なのが音の姉・吟の夫の智彦と闇市で知り合ったケン。

この少年だった子役だったケンが大人に成長したんです。

大人になったケン役のキャスト俳優は、松大航也(まつだいこうや)さんです。

この記事では朝ドラ「エール」で大人のケン役の松大航也さんのプロフィールやこれまでの主な出演作品、ネタバレについてご紹介していきます。

エールでケン役の大人の松大航也のプロフィールとは?

エールでケン役の子役は浅川大治!戦災孤児のネタバレは智彦とラーメン屋台?

松大航也

生年月日:1999年9月4日(21歳)

出生地:三重県

身長:180 cm

血液型:B型

趣味:映画鑑賞、運動、筋トレ

好きな食べ物:中華、唐揚げ、バナナ

事務所:スパイスパワー

大人になって、イケメンになったケン♪

松大航也さんは、年齢が現在21歳の俳優さんです。

スカウトで芸能界入り

中学3年の時に三重県でスカウトされますが、その時は決めきれず、地元の高校に進学します。

スカウトされたことも忘れて地元の大学に進学しようと思っていたある日、友達から見せられた映画「アベンジャーズ」に衝撃を受け、俳優の仕事に興味を持たれたとのこと。

スカウトしてくれた事務所に自分から「やってみたい」と声を掛け、話し合い、現場の見学もした上で、2017年に芸能界入り。

若いのに勢いに任せない慎重な性格ですね!

デビューは事務所の先輩・知英さんが前代未聞の一人七役で主役を務めた2017年のサスペンス・ドラマ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」の小林良役。

2018年には知英さんが監督を務めたショートムービー「星に願いを」での鬼塚晴彦役で出演。

緊張でカメラを向けられるだけでパニックになっていた松大さんに親身に丁寧にアドバイスをしてくれた知英さんに心から感謝されていると話されていました。

デビューからわずか2年で主演に抜擢

それから僅か2年で「GARO ‒VERSUS ROAD‒」の主演の座を射止めます。

「GARO ‒VERSUS ROAD‒」は年齢も地位も生き方も違う100人が、オンラインゲームの世界で目覚め、ゲームクリアと生き残るための壮絶な戦いを繰り広げていくという物語です。

この物語で松大航也さんは正義感が強いただの平凡な大学生・空遠世那(くおんせな)が過酷な戦いを経験する中で苦しみ迷いながら成長する様を見事に演じられました。

主演に決まった時、中々実感が湧かなかったと話される松大航也さん。

当初は「牙狼<GARO>」好きだったご両親の方がテンション高めに喜んでくれたそうです。

アクションの稽古や台本を読んでいくうちに段々「おれ、牙狼の主役になったんだな」と一人になった時に自然に嬉しさがこみ上げてきたと・・・。

学生時代には女子とあまり話も出来なかったという奥ゆかしい松大さんらしい初々しいエピソードですよね~。

好感度、爆上がりです!

他にはこれまでにどんな作品に出演させているのか、気になりますよね?

それでは松大航也さんのこれまでの出演作品をご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

エールでケン役の大人は松大航也の過去の出演作品【ドラマ】

エール智彦ネタバレ今後どうなる?ラーメン屋台から成功?

2017年・オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜(フジテレビ) –

小林良 役

2018年・崖っぷちホテル! 第4話(日本テレビ) – 筒賀猛 役

雲霧仁左衛門 4 第1話(NHK BSプレミアム)

深夜のダメ恋図鑑 第2話(朝日放送テレビ)

2019年・螢草 菜々の剣(NHK BSプレミアム) – 宗太郎 役

花にけだもの〜Second Season〜(フジテレビ)

遺留捜査 新作スペシャル1(テレビ朝日) – 八十嶋敏和

(高校時代) 役

2020年・GARO ‒VERSUS ROAD‒(TOKYO MX・BS日テレ) –

主演・空遠世那 役[5]

ドクターY〜外科医・加地秀樹〜(テレビ朝日) – 大根類 役

2018年の岩田剛典主演の「崖っぷちホテル」ではホテルの面接に訪れるガテン系の青年・筒賀猛役を演じました。。

負債3億円を抱えて倒産寸前の、かつては栄華を極めた高級ホテル「グランデ・インヴルサ」に現れた超一流ホテルの副支配人・宇海直哉(岩田剛典さん)が次々と無理難題を押し付けながらも、ホテルを再生させていくストーリーです。

このドラマでも松大航也さんは、短い出演シーンながら、そのイケメンぶりに「この俳優さん、誰?」と気になった人が多かったようです。

翌年2019年のNHK・BSプレミアムのドラマ「螢草 菜々の剣」では清原果那さん演じる主人公・菜々の幼なじみ・宗太郎役で出演。

主人公の菜々が藩内の不正を明らかにしようとして無実の罪で切腹させられた父の仇を討つために一筋縄ではいかない仲間と手を組み、強大な敵に大勝負を挑む物語です。

菜々が大好きで危険を承知で復讐に挑む菜々を見守る役を熱演され、好評を得ました。

この現場でも松大さんは監督、助監督、プロデューサー、すべてのスタッフのアドバイスに感謝の言葉を述べられています。

とにかく感謝の言葉をたくさん口にされる松大さん、素晴らしいですよね~!

2020年の勝村政信さん主演の「ドクターY〜外科医・加地秀樹」ではバスケットボール界の若きスター選手・大根類役で出演。

大根類はアメリカの大学バスケでMVPを獲得し、次のドラフトではNBA入りが確実と言われている中で、腹部大動脈瘤が見つかり、成鏡大学病院に特患として入院してくる青年です。

既に松大航也さんをご存じの視聴者の方は学生時代にバレーボールで鍛えた松大さんの筋肉美を拝めることに期待された方も多かったようです。

直接拝むことは出来なかった様ですが、ユニフォーム姿でも腕や足の美しい筋肉は堪能出来ました。

 

スポンサーリンク

 

エールでケン役の大人の松大航也の過去の出演作品【映画などその他】

【映画】

2019年・見えない目撃者(東映) – 浜中大樹 役

2019年公開の吉岡里帆さん主演の「見えない目撃者」では吉岡里帆さん演じる浜中なつめの亡くなった弟・浜中大樹を演じています。

なつめが視力を失った交通事故でなつめと同乗していて命を落とした弟・大樹。

愛らしい笑顔でなつめの最愛の弟を見事に演じ、観客の涙を誘いました。

【配信ドラマ】

2018年・ショートムービー 星に願いを 第1話・第3話(ネスレシアター on YouTube) –

鬼塚晴彦 役

2019年・花にけだもの〜Second Season〜(フジテレビオンデマンド)

フォローされたら終わり(AbemaTV) – 後藤孝一 役

2019年の岡田健史さん主演の配信ドラマ「フォローされたら終わり」では岡田健史さん演じる仲村壮太郎の高校のクラスメイト・後藤孝一役で出演。

ある行動がきっかけで秘密にしてきた全てが晒されてしまう恐怖を描いた「SNSサスペンスドラマ」。

この作品でのコメントで松大さんは自分にもネット上に丸裸にされたくない秘密があると語りつつ、「当たり前のように使っているSNSやサイトの危険性、脆さを体験していただけたらなと思います」と述べる一方、「そんななかでも、忘れてはいけない、恋や友情もありますので、楽しみながら観ていただけたら嬉しいです!」と。

奥深いながらも爽やかなコメントに是非、観てみたくなりますね~!

【CM】

2018年・Amazonプライム・ビデオ「年末年始を、プライムに。」篇

2018年から2019年にかけて放映されたAmazonプライム・ビデオのCMでは地方から東京に出てきた新社会人という役どころを演じられました。

満員電車で通勤するシーンや、会社で上司にミスを叱られるシーン、先輩の家に遊びに行くシーンなど、実際の松大さんの状況とシンクロする若者の日常をリアルに演じられています。

デビュー当初から謙虚に真摯に作品に向かい合ってこられた松大航也さん。

「エール」で演じられる関内ケンとはどんな人物なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

「エール」ケンのネタバレは大人になって智彦の養子になってた!戦災孤児だった過去

【役柄紹介・関内ケン】

闇市で暮らす戦災孤児。財布を盗んだことをきっかけに智彦と知り合い、次第に親しくなっていく。智彦のラーメン屋を手伝うため、関内家に住み込み、その後、ふたりの養子となる。

引用元:エール 公式サイト

戦争後に、家族を亡くし、1人闇市で暮らしてきた、ケン。朝ドラ「エール」での初登場は、闇市に来ていた劇作家・池田二郎(北村有起哉)の財布をすり、つかまった場面でした。

池田二郎から名前を聞かれ「ケン」と答えたシーンが印象的でした。

そうやって、スリをしないと生きてはいけなかった孤児の現状。

智彦とも、スリをしたことから出会います。

軍人だった智彦。軍人としてプライドを持って生きてきたのに・・・戦後は軍人としての経験過去は何も役に立ちません。プライドが邪魔するばかりで、仕事もうまく決まりません。

そんな智彦は、妻の吟にだまって、闇市のラーメン屋で働くことに。

そんなラーメン屋で働く智彦にちょっかいをかけてくるケン。

ケンと智彦は交流を深めていきます。

2人のシーン微笑ましかったですよね。

しかし・・・智彦が軍人時代の同僚から、仕事を紹介されたことで、ラーメン屋を辞めることに。

ケンとの別れが。明らかにさみしそうなケン。「また遊びにくるから」と言い、智彦は闇市を去っていきました。

その後闇市に様子を見に行くと、ケンが倒れていました。びっくりして、病院に連れていく智彦。

栄養が足りなかったことで、倒れてしまったケン。智彦に頼まれて付き添っていた吟は、智彦が仕事中に、退院したケンが心配で自宅に連れて帰り、ごはんを食べさせて、布団で寝かせてあげます。

智彦は新しい仕事を懸命にこなしますが・・・軍人時代の同僚が闇市のラーメン屋の仕事をバカにしたことが許せず、同僚が紹介してくれた仕事を辞め、もう一度、闇市に行きます。

そしてラーメン屋さんの店主に頭を下げて再びラーメン屋さんで働くことに。店主から厳しい指導を受け、一生懸命ラーメン屋で働き、なんと店長が独立して他にお店を持つことになり、闇市のラーメン屋さんを任されることになった智彦。

そのタイミングで、ケンにラーメン屋を手伝ってもらうように頼みます!しかも・・・住み込みで。ケンに居場所ができた本当に良かったです。

そして・・・大人になったケンはなんと智彦夫妻の養子となっていました。

素敵なエピソードですよね。闇市で出会った、もともとは他人だった智彦と交流を持ち、仲良くなり、仕事を手伝い、家族のようになり養子に。

なんだか・・・それだけで泣きそうです。そんな大人になったケンと智彦夫妻はどんな戦後を最終回まで送っていくのでしょうか?

新しい展開がわかりましたら更新していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です