avictoryはavexがモデル?M愛すべき人がいてのエービクトリーとは?

スポンサーリンク

テレビ朝日の土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」

浜崎あゆみさんをモデルにした「アユ」が歌姫として成長するまでと、プロデューサーの「マサ」との恋を描いた作品となっています!

これまで第3話まで放送されたのですが、第4話以降は新型コロナウイルスの影響で、放送が延期となってしまいました(/ω\)

早い放送再開を期待したいところですが、今しばらくの辛抱です。

そんな「M 愛すべき人がいて」でアユが所属するレコード会社が「a victory(エービクトリー)」と言うのですがモデルとなった会社はあるのでしょうか!!

やはり皆さんご存知「avex(エイベックス)」がモデル?

今回は「M 愛すべき人がいて」のレコード会社「a victory」のモデルについて紹介していきます。

M愛すべき人がいてのavictoryはavexがモデル?

M愛すべき人がいてモデルキャスト一覧画像比較!キャラ違いすぎ

「M 愛すべき人がいて」は歌手の浜崎あゆみさんの誕生秘話やプロデューサー・松浦勝人さんとの恋を描いた小松成美さんの同名小説をドラマ化した作品です。

浜崎あゆみさんをモデルにした「アユ」を演じるのは、安斉かれんさん。

そして「アユ」を見出したプロデューサー「マサ」を演じるのは、三浦翔平さんです(^^)/

マサは、ディスコで偶然出会った「アユ」を見初めて人生をかけてプロデュースすることを決意します。

しかし二人の前には、レコード会社の社長・大浜(高嶋政伸)、秘書の姫野礼香(田中みな実)などの妨害が入り前途は多難。

そしてアユは、ライバルからの壮絶ないじめも(/ω\)

そんな中でも二人は、試練を乗り越えていき歌姫として成長していきます。

そしていつしかマサはアーティストとしてだけではなく、一人の女性としてアユを愛していく事になるのです!

そんなプロデューサーのマサが設立したレコード会社が「a victory(エービクトリー)」!

現在は専務取締役という肩書で「マックス・マサ」なんて呼ばれていますが、後に代表取締役に就任する事になります。

そして「a victory」という会社は、現実にも存在する「avex(エイベックス)」で間違いないです!

「a victory」も「avex」もロゴが良く似ていますからね〜( *´艸`)

以降でモデルとなった会社「avex」について少しご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

エービクトリーのモデルのエイベックスとは?

Mきらのモデルは小室哲哉で実在?新納慎也演じるマサのライバル

avex(エイベックス)とは、日本を代表する音楽や映像ソフトの企画、製造、販売を行う企業です。

名前の由来は「Audio Visual Expert」の頭文字を取ったと言われています。

創業者は、現在の代表取締役CEOである松浦勝人さん。

日本大学在学中に貸レコード店でアルバイトを始め、その才能を認められ、後にエイベックスの前身、エイベックス・ディーディーを設立し、レコード屋CDの輸入卸売業を開始。
1990年代に全盛期を迎え、小室哲哉さんと共にダンスと歌を融合させた音楽を急成長させました。
TRF、安室奈美恵、そして浜崎あゆみを主力としてレコード業界の一大勢力を築き上げた会社と言っても過言ではありません!
現在は浜崎あゆみさん、ELT、AAA、そしてドラマの主人公である安斉かれんさんなど有名歌手が多数所属。
意外なところでは、杉良太郎さんやピコ太郎さんもavex所属なんですよね(^^♪

そんな「avex」に関して、ツイッター上でもドラマ視聴者から反響がかなりあったようです!

以降で見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

エービクトリーのモデルはエイベックス?視聴者の反響は?

エイビクトリーがエイベックスでは?

と突っ込む視聴者の声はやっぱり多かったですね(^^♪

そんなドラマ内のレコード会社「エービクトリー」が当時の携帯電話ガラケー使用のホームページを先日公開しました!

気になる方は是非是非、スマホからアクセスしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

M愛すべき人がいてには他にもモデルとなる人物が多数?

姫野礼香【田中みな実】モデルは?原作ネタバレも【M愛すべき人がいて】

「M愛すべき人がいて」にはエイビクトリー以外にも、実在の人物をモデルにしたキャラがたくさん登場します。

まずは、安斉かれんさん演じる主人公アユは浜崎あゆみさん!

三浦翔平さん演じるマックスマサさんは、エイベックスの松浦勝人さん!

新納慎也さん演じる輝楽天明は、小室哲哉さん

 

そして高嶋政伸さん演じる大浜社長は、かつてエイベックスの社長を務めていた依田巽さん。

高橋克典さん演じる芸能プロ社長の名高には、サンミュージックの元社長の相沢秀禎さんと言われています。

皆さん注目の的、田中みな実さん演じる秘書の姫野礼香は残念ながらモデルとなる人物は居ません(^_^;)

こんな秘書が現実に居たらかなりやばいですよね・・・

もし居たとしても、ドラマで登場させるのは難しいかもしれません(笑)

「M 愛すべき人がいて」は、現実のモデルキャラクターと比較してドラマを楽しむのも面白いかもしれません。

安斉かれんさんは、浜崎あゆみさんにかなり近いような気がします(^^♪

しかし、松浦勝人さんと小室哲哉さんは現実とはかなりかけ離れた容姿になっているいるような・・・

そんな現実とのキャラのギャップもこのドラマの面白さのひとつかもしれませんね( *´艸`)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です