アンサングシンデレラ瀬野は死ぬの?肺がんで治験に奇跡の希望が?

スポンサーリンク

最終回に向けて驚きの展開を迎えた石原さとみさん主演のフジテレビの木曜テレビ「アンサングシンデレラ」。

石原さとみさん演じる薬剤師の葵みどりを厳しくも温かく見守ってくれていた上司の田中圭(たなかけい)さん演じる瀬野章吾(せのしょうご)になんと死亡フラグ!?という衝撃のシーンが。

第8話のラストでは吐血し・・・その後の予告動画では「肺がん」「ステージ4」「命のタイムリミット」という驚きのワードが出てきました。

え!?もしかして瀬野さん・・・死ぬの??多くの人が「死亡フラグ!?」と衝撃を受けたと思います。

でもでも・・・原作漫画では、瀬野さんが病気になったり、死ぬなんてなかった気が・・・。

今回はドラマ「アンサングシンデレラ」で田中圭さん演じる瀬野が本当に死ぬのか?助かるのか?原作のネタバレとともに予想考察していきたいと思います。

また治験にトライする展開になったので、追記します!

▼今ならドラマ「アンサングシンデレラ」見逃し動画を2週間完全無料で視聴できます▼

アンサングシンデレラのスピンオフも視聴可能です。また原作漫画もポイントでお得に読めます。

FOD公式サイト

FODでは先日お亡くなりになられた三浦春馬さん出演の「ラストシンデレラ」「TWO WEEKS」「僕のいた時間」「奈緒子」「ガリレオ」「オトナ高校」が無料で視聴可能です!

FODは、2週間以内に解約すれば無料で視聴でき、違約金もありません。

追記!アンサングシンデレラで瀬野は死んだ?最終回あらすじ予告!

治験をスタートしたと思ったら、いきなりの2年後。

はたして、瀬野さんはどうなったのか!?以下、最終回のあらすじ予告です。

 葵みどり(石原さとみ)が瀬野章吾(田中圭)の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過した。

その頃、みどりは萬津産婦人科医院で働いていた。そこに小野塚綾(成田凌)が訪ねて来る。喫茶店に行くと、小野塚は萬津総合病院薬剤部に簑島心春(穂志もえか)が研修に来ていることからみどりに話し出す。心春の指導担当が相原くるみ(西野七瀬)と聞いたみどりは嬉しそう。だが、瀬野が不在なので自分が救急薬剤師を任されていると話す小野塚に、みどりの顔が曇る。みどりは瀬野に行った治験薬の投与に責任を感じていた。小野塚は萬津総合病院に戻って来るよう促すが、みどりは今の仕事が大事だと断る。そんな時、みどりは産婦人科から呼び出された。

みどりが病院に戻ると、妊娠35周目の向坂千歳(土村芳)が家でお腹を打って倒れたと、母の世津子(朝加真由美)に連れて来られていた。幸い母子ともに大事はなかったが、てんかんの既住を持つ千歳が立ちくらみで転倒したと聞いたみどりは、抗てんかん薬をきちんと服用しているかと尋ねる。千歳と世津子は服用していたと答えた。

そんな萬津産婦人科医院の常勤医師は、道場健太郎(前原滉)。まだ研修を終えたばかりの道場は、てんかん合併の妊婦を小さな産婦人科で診ることに自信がない。みどりは、スタッフは道場を信じていると励ます。

入院した千歳はこっそり抗てんかん薬を捨てた。それを同室の星名優(入山法子)が見てしまう。しかし、服薬を確認するみどりに、千歳は飲んでいると嘘をついて…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/index.html

予告には瀬野の死については書かれていません。

しかし、瀬野の治験が理由で、みどりは、病院をやめたことがわかっています。

そして瀬野が働いていないことを考えると可能性としては

・瀬野は死んでしまった

・瀬野は生きているけど、後遺症が残って仕事は不可能

といったかんじでしょうか?

どうにか生きていてほしいけど、難しい状況であると思う最終回。

もちろん、奇跡の完治という可能性もありますが、「みどりは瀬野に行った治験薬の投与に責任を感じていた。」の文言がきになります。

治験が成功していたら、こんなことにはならないと思います。

ちなみにツイッターでは、こんな意見も。

逆に不在なだけに、死んだ?と思わせる展開。だからこそ、生きてるのでは??という意見。

それに刈谷さんは「瀬野さんは亡くなった」ではなく「2人はここに居ない」と言っていたので、もしかしたら、どこかにいる??という期待も。

瀬野さんの安否についてわかり次第追記します。

 

スポンサーリンク

 

アンサングシンデレラ瀬野は死ぬの?肺癌余命3か月だけど治験に希望が?

第9話で病名が発覚しました。

非小細胞肺癌(ステージ4)

しかも遺伝性のがんです。食道と副腎にも腫瘍がありました。いわゆる重複がんです。

なんと、瀬野さんおお母さんと同じ病気で、驚きの余命3か月。

もう、手の施しようない、やはり手術ができない状況です。

ちなみに、以下、遺伝性のがんの解説です。

一年間で新しくがんになる患者さんは約60万人に及びますが、その中で遺伝性のがんは5~10%程度と言われています。がんの発症には遺伝要因と環境要因が関わっていると考えられます。

引用元:https://www.akiramenai-gan.com/column/10324/

治療はせずに、薬剤師として働くことを選択した瀬野さん。

しかし・・・部長は七尾先生に治験の相談をします。そして第10話の予告です。

 葵みどり(石原さとみ)は瀬野章吾(田中圭)の担当薬剤師となる。瀬野の担当医師は消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)だ。瀬野の重複がんで問題となるのは、標準治療が確立されていない副腎がん。効果が期待できる既存薬の投与が始まるが、数週間後も改善しなかった。

みどりは副腎がんを調べるが有効な手立てが見つからない。そんなみどりに、七尾拓(池田鉄洋)が海外に副腎がんへの有効性が認められる薬があると教える。しかし、治験薬を萬津総合病院で使用するには問題が多い。七尾は治験薬の承認を得るための3つの関門を伝える。畑中に治験責任医師になってもらうこと、病院内の治験審査委員会の承認を得ること、何より瀬野の同意を取得すること。その全てをみどりの責任でクリアすることを条件とした。

そんな時、瀬野は救急搬送される患者を見かけて後を追う。患者は心筋梗塞で倒れた丸岡はじめ(近藤公園)。瀬野は付き添って来た妻の彩乃(宮澤佐江)に丸岡の常用薬を医師か看護師に伝えるようアドバイス。彩乃がすぐに看護師に教えたため丸岡は難を逃れた。そして、丸岡は瀬野の隣のベッドに入院する。

みどりは瀬野への治験薬投与について薬剤部の仲間に話す。相原くるみ(西野七瀬)は希望を抱くが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)たちは承認へのハードルの高さに難色を示す。それでも治験の実現を目指したいと言うみどりに、刈谷は他の患者へ迷惑をかけるようなことは許さないと釘をさした。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/index.html

おそらく、みどりが治験の承認のために、奮闘する第10話が描かれると思います。

そして見事困難の中、治験の承認を勝ち取るみどり。

しかし、やはり瀬野さんの死は避けられない展開だと思います。

治験の承認がおりたとしても、治験が成功する可能性は低いと思い、その奇跡をドラマで描くのか??疑問です。

なので、みどりが瀬野のために、治験を勝ち取る、しかし治験で改善せずに・・・やはり死んでしまうラストでは??と予想します。

この一連を通して、みどりが薬剤師として、精神的にも成長する過程が描かれるのかな??と思いました。

また治験の承認されたことは、今後、救える命もあるかもしれないという希望があるラストでは?と予想します。

 

スポンサーリンク

 

アンサングシンデレラで瀬野は死ぬの!?肺がんステージ3!?

まずは、瀬野さんが死ぬのか??とびっくりした病気に関するネタバレをご紹介していきます。

まず、最初に「瀬野さん病気なの!?」と話題になったのが、第8話のこの予告動画です。

この動画のラストで、瀬野さんが吐血するシーンとともに「瀬野に病魔が」というテロップが。

びっくりした人が多いと思います。

第8話のストーリーは、終末医療。

 葵みどり(石原さとみ)たちが“調剤の魔術師”と称える荒神寛治(でんでん)が、休暇を取る事になった。手品を練習するためと言う販田聡子(真矢ミキ)に、みどりたちは納得出来ない。ただでさえ忙しい薬剤部に人員の余裕はないのだ。販田は荒神の仕事は自分が兼務すると言うが、薬剤部から一名を調剤薬局の研修に出す事になったとも伝える。みどりが名乗り出るが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)は猛反対。だが、みどりの代わりに瀬野章吾(田中圭)が薬剤部に張り付き、救急センターへは必要な時に行くよう販田は手配していた。

みどりが研修するのは在宅医療に特化した『笹の葉薬局』。みどりが笹の葉薬局を探していると小野塚綾(成田凌)に声をかけられる。小野塚も在宅医療を学ぶよう『ナカノドラッグ』の店長に指示されていた。二人が薬局を見つけると、店から代表の仁科敦夫(東根作寿英)が飛び出して来て、挨拶もそこそこに二人を患者の家へと連れて行く。仁科は様々な患者の家を回りながら、みどりたちに仕事を説明。高齢者の患者が多いため、仁科たちは薬の管理の他に、食べ物や副作用のチェックなども行っていた。そんな時、末期がん患者の家へ行ったみどりたちを荒神が出迎える。患者は荒神の妻、泰子(大塚良重)だった。

一方、相原くるみ(西野七瀬)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗)に服薬指導。くるみは服薬量が多い事が気になるが、増田は意に介さず帰ってしまう。そんなやり取りを見ていた瀬野は、航平と一緒に来ていた息子の翔太(川原瑛都)が気にかかる。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/story08.html

みどりは研修で、末期がんである荒神寛治(でんでん)の妻の在宅医療にかかわることになります。

その過酷な現実に、ツイッターでも「見ていてつらい・・・」の声が多数出ていましたが・・・

そんな第8話のラストで、問題のシーンが。

瀬野さんが予告動画通り、突然吐血して、倒れる瀬野さん。

そして・・・衝撃の9話予告です。まだ公式から公開されていないのですが、いきなり「瀬尾に迫る【命のタイムリミット】」というテロップが。

そして瀬野のセリフ「小細胞肺癌のステージ4」という衝撃の病名が。

え!?ガン・・・しかもステージ4。

医療分野では、素人の私ですが「死」の文字が頭に浮かびました。

一体、「小細胞肺癌のステージ4」とはどういう病気で病状なのでしょうか?

以降で詳しく見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

アンサングシンデレラで瀬野は死ぬの?肺がんステージ3とは?

では、瀬野さんが本当に死んでしまうのか?予想考察していきたいのですが・・・

その前に瀬野さんの予告に出てきた病名です。

小細胞肺癌とは

比較的小さな細胞が密集して広がっていることから、小細胞がんと呼ばれます。肺の入り口近く(肺門部)に発生することが多く、痰の中にがん細胞がみられることがあります。ほとんどが喫煙者です。

増殖が速く、転移しやすいのですが、薬物療法や放射線療法に対する効果が高いのが特徴です。

引用元:https://ganclass.jp/kind/lung/type/type02.php

肺がんのようですが、「薬物療法や放射線療法に対する効果が高い」という、希望が持てますね。

しかし気になるのがステージです。予告動画では「ステージ4」ということですが癌のステージについても念のためご紹介です。

、I期(ステージ1)・II期(ステージ2)・III期(ステージ3)・IV期(ステージ4)の4つに区分されています。ステージが進むにつれて、より進行したがんであることを示しています。

引用元:https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/clinic/thoracic_surgery/130/index.html

残念ながらステージ4は、一番進んだステージ・・・ということです。いわゆる初期の状態で見つかったがんがステージ1だと思います。

しかも、このような情報も。

通常、IV期(ステージ4)と診断された肺がん患者さんの場合には、手術を行うことはありません。

IV期の状態では、他の臓器に肺がんが転移しているため治療の主体は薬物療法となります。

このように肺がんの治療法はステージ(病期)によって異なります。

大まかに言って手術の対象となるのは、I期(ステージ1)とII期(ステージ2)およびIII期(ステージ3)の一部です。

このため治療前にステージ(病期)をしっかりと見極めることが適切な治療を受けるために重要です。

引用元:https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/clinic/thoracic_surgery/130/index.html

『「ステージ4」と診断された肺がん患者の場合には、手術を行うことはありません。』という文字。

いわゆる、もう手術する段階ではない、進んでしまったがんである可能性が高いようなんですね。

これは・・・かなりの末期の状況であることがわかります。

では、本当に瀬野さんは死んでしまうのでしょうか?この予告動画は「死亡フラグ」なのでしょうか?以降で詳しく予想考察していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

アンサングシンデレラで瀬野は死ぬの?ネタバレ考察!原作と違うオリジナル考察

では、本当にアンサングシンデレラで瀬野さんは死んでしまうのでしょうか?

まずは、この衝撃の展開へのツイッターの反響です。

やはり、多くの人が死を予感していますね。

◆瀬野さんが死んでしまう

まず、考えたくないですが、瀬野さんが死んでしまう・・・という観点で考察していきます。

末期がんで、奇跡的に助かる確率は非常に少ないと思います。

また予告動画のテロップには、【命のタイムリミット】の文字が。

このテロップが死を意味している気がしました。

その奇跡をドラマで描くのか??そう考えると、死んでしまう可能性が残念ながら高いと思いました。

おそらく「手術のできない」病状であることが予想され、予告でも瀬野の「俺の治療と薬のことはすべて薬剤師のあおいみどりに任せる」というセリフが。

また、第8話では、がんの終末医療に携わったみどり。これって、瀬野の週末医療にも携わるかもしれないフラグかもしれないと思いました。

なので、みどりが薬剤師として成長する1つの大きな出来事として、瀬野の末期がんにかかわっていという結末になることでは??とそうなると、瀬野の死がラストに来る可能性もあると思いました。

 

スポンサーリンク

 

◆瀬野さんが奇跡的に助かる!

一方で、気になるのは原作にはないオリジナル設定だということ。

瀬野は原作漫画に登場するキャラクターです。

原作もドラマ版の瀬野さんのように、冷めた雰囲気ですが、あおいのことをやさしく見守ってくれる先輩です。

それなのに、原作に出てくるキャラクターをドラマで死なせるでしょうか?

ドラマと漫画は別ものということもあり得ますが、ドラマでは、生きているキャラクターが、死んでしまうという展開はありえない気がしました。

もちろん、可能性は低いですが、奇跡的に助かる!!という確率もゼロではないと思います。

 

◆「小細胞肺癌」は瀬野さんの病名じゃなかった!かもしれない

あくまで予告なので「小細胞肺がん」の病名を言った瀬野のセリフはどういうシチュエーションで言ったのかわかりません。

もしかしたら、患者さんの病名で自分の病気の話ではない可能性もあるのでは??と希望的展開を少し予想したいと思いました。

ただ、予告のテロップには「命のタイムリミット」と書いてあったので、そこは気になりますが、ドラマである予告詐欺の可能性もあるのでは??と期待したいと思いました。

 

アンサングシンデレラ瀬野は死ぬの?肺がんスタージ3は死亡フラグ?まとめ

ドラマ「アンサングシンデレラ」の瀬野の死についての考察いかがだったでしょうか?

残念ながら、病名とステージ、そして予告の「命のタイムリミット」というテロップを考えると、瀬野さんが死んでしまう可能性は非常に高いと思いました。

ただ、原作漫画には出てこないオリジナル展開だけに、こんな結末があるのか?と疑問も残ります。

果たして最終回に向けてどのような展開を迎えるのか?

瀬野さんの病状を見守っていきたいと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です