天海天海一座のモデルは楽天会?2代目渋谷天外が活躍していた?

スポンサーリンク

天海天海一座(あまみてんかいいちざ)は、新朝ドラ「おちょやん」に出てくる人気喜劇一座です。

座長は天海天海(茂山宗彦)。

その座長の息子が、成田凌(なりたりょう)さん演じる天海一平(あまみいっぺい)です。

この天海一平は「おちょやん」のヒロイン、杉咲花(すぎさきはな)さん演じる竹井千代(たけいちよ)の結婚相手で夫となる人物。

天海一平のモデルとされるのは、2代目渋谷天外(にだいめしぶやてんがい)さんです。

天外さんの父親、初代渋谷天外さんが率いていたのが「楽天会(らくてんかい)」。天海天海一座のモデルはこの「楽天会」なのでしょうか??

今回は朝ドラ「おちょやん」に登場する「天海天海一座」のモデルについて、調べてまとめてみました!

天海天海一座のモデルは「楽天会」?2代目渋谷天外が活動してた?

おちょやん母親の栗子のモデルは浪花千栄子の義母で実在?

天海天海一座とは?

「おちょやん」に出てくる「天海天海一座」は、人気の喜劇一座。

座長の天海天海と、喜劇界のアドリブ王といわれた須賀廼家千之助(すがのや せんのすけ)の二人がこの一座を率いています。

そして座長の天海天海の息子が天海一平。のちに「おちょやん」のヒロイン、千代と結婚する人物です。

当時喜劇界は巨匠、板尾創路さん演じる須賀廼家万太郎(すがのや まんたろう)が率いる「須賀廼家万太郎一座」が喜劇界に君臨。

一座の客の入りは大変なものでした。

その「須賀廼家万太郎一座」に追いつくべく、奮闘していたのが「天海天海一座」です。

天海天海一座のキャスト一覧とは?

一座のメンバーをご紹介しましょう(^^)

初代天海天海(しょだい あまみ てんかい):茂山宗彦

天海一平の父。
酒好き、女好きで型破りな性格のため、息子からは嫌われている。
須賀廼家千之助とともに、天海天海一座を率いている。
万太郎一座を超えるために格闘するが、道半ばで倒れる。

須賀廼家千之助(すがのや せんのすけ):星田英利

一平の父、天海天海とともに喜劇一座を率いていたが、日本でいちばんおもしろいのは自分であるとの自負を持っている。
とっぴな行動で周囲を振り回す破天荒な男。千代と一平にとっては、師匠であり、ライバルであり、トラブルメーカーでもある。

天海一平(あまみ いっぺい):成田凌(子役:中須翔真)

人気喜劇一座の座長、天海天海の息子。
幼いころから子役として、いやいや役者をやっていたが、やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。
千代とともに新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。
やがて二人は結婚し、二人三脚で奮闘する。

須賀廼家天晴(すがのや あっぱれ):渋谷天笑

 

この投稿をInstagramで見る

 

渋谷天笑(@tensho_0104)がシェアした投稿

初代天海天海の時代からの座員で、千代や一平を幼い頃から見守ってきた。
のちに新たに旗揚げされた鶴亀家庭劇に参加する。
天晴という名前だが、雨男、いつもどしゃ降りの人生。

須賀廼家徳利(すがのや とっくり):大塚宣幸

初代天海天海の時代からの座員で、一座のムードメーカー。
のちに新たに旗揚げされた鶴亀家庭劇に参加する。
徳利という名前だが、酒よりビールが好き。ほら貝を吹くのが得意。

漆原要二郎(うるしばら ようじろう):大川良太郎

初代天海天海の時代からの座員。
体は大きめだが、女形の役者。
舞台に立ったときの美しさは圧倒的。
のちに新たに旗揚げされた鶴亀家庭劇に参加。
一平には、特別な思いがある。

キャスト引用元 公式サイト

以上が天海天海一座のみなさんです(≧∇≦)

成田凌さんと元ほっしゃん。さんの星田英利さん以外は、あまりテレビでお見掛けしない俳優さんですよね。

簡単にご紹介しましょう。

天海天海役の茂山宗彦(しげやま もとひこ)さんは狂言師です。

狂言方大蔵流の能楽師で、初舞台は4歳のときなんだそうです。

実は朝ドラには「ふたりっ子」「ちりとてちん」などにも出演されています。

天晴を演じる渋谷天笑さんは、なんと天海一平のモデル、渋谷天外さんの次男なんです(≧∇≦)

現在父の跡を継ぎ、喜劇役者として活動をされています。

朝ドラはちょい役でしたが「風のハルカ」「カーネーション」に出演していました。

徳利役の大塚宣幸(おおつか のりゆき)さんはミュージカルのオーディションに合格した経歴や、M-1グランプリに出場した経験をお持ちの、ちょっと型破りな俳優さん。

朝ドラは「マッサン」「ごちそうさん」に出演されています。

要二郎役の大川良太郎(おおかわ りょうたろう)さんは大衆演劇「劇団九州男」の座長です。

朝ドラには出演されていないようですが、2009年の紅白歌合戦で、北山たけしさんの応援で演舞を披露されました。

このように、実際にも個性的な俳優さんが集まった「天海天海一座」。

「おちょやん」では道頓堀で芝居をするため、千代が働く芝居茶屋「岡安」に滞在することになります。

このとき一平と千代は出会うことになるんですね~(#^^#)

ですが、このあと座長で一平の父、天海天海が倒れてしまいます。

「天海天海一座」のモデルは「楽天会」!

そんな「天海天海一座」のモデルはおそらく「楽天会」だと思われます。

天海一平のモデルとされている人物が2代目渋谷天外さんなのですが、2代目渋谷天外と深い関係があるのが「楽天会」です。

さて、どんな一座だったのでしょうか。

以降で詳しく「天海天海一座」のモデルは「楽天会」について、ご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

天海天海一座のモデル?楽天会とは?

おちょやん千代の子役は毎田暖乃!幼少期役の年齢や出演作品は?

「おちょやん」の天海天海一座のモデルは先ほどもご紹介しましたが「楽天会」だと思われます。

初代渋谷天外さんが主催者だった喜劇一座です。初代は天海一平の父である天海天海のモデルですね。

大阪で「俄(にわか)」というお笑いの芸をしていた、鶴家団十郎さんの弟子だった初代。

このとき初代は鶴家団治という芸名で活動していました。

このころに喜劇が誕生したといわれていて、「おちょやん」で板尾創路さん演じる、喜劇王といわれた須賀廼家万太郎(すがのや まんたろう)のモデル、曾我廼家五郎さんもこのころの役者です。

そして次世代喜劇が誕生します。

曾我廼家五郎さんの弟子だった曽我廼家箱王さんと、初代が一緒に一座を組み、楽天会ができました。

鶴家団治と箱王が改名し、渋谷天外、中島楽翁となり、ふたりから一文字ずつとって「楽天会」となったのです。

次世代喜劇団は、当時いくつもあったそうで、楽天会は中でもトップクラスの人気の一座。

興行主で、京都や道頓堀に芝居小屋を直営していた松竹の後押しがあったそうです。

このときに成田凌さん演じる天海一平のモデル、2代目渋谷天外さんが生まれました。

 

スポンサーリンク

 

天海天海一座のモデルの楽天会の座長の息子が2代目渋谷天外

おちょやんの元ネタは?朝ドラの喜劇女優の実話?

息子として

2代目渋谷天外さんは、楽天会の主催者だった初代渋谷天外さんの息子です。

初代が座長だったかどうかはわかりませんが、中島楽翁さんとのツートップだったので、主催者のほうが正しいかもしれません。

子役のときから舞台に上がっていたという二代目。

二代目ということで、周りからずいぶんと甘やかされていたそうです。

楽天会は、当時頂点だった曽我廼家兄弟一座をしのぐ人気の一座に成長。

ところが1916年、二代目が10歳のとき、初代は巡業先で倒れ、35歳で亡くなってしまいます。

父の死後

楽天会のもうひとりの主催者、中島楽翁さんが先頭となり楽天会を続けていましたが、その後中島楽翁さんも亡くなってしまいます。

このときには人気にも陰りが見え、大きな存在を失った楽天会。

二代目はかばってくれる人がいなくなり、子役をやる年齢も過ぎたことから、楽天会から遠ざかるようになりました。

だんだん酒や女に溺れるようになり、生活が荒れていった二代目。

主催者のふたりが亡くなってしまった楽天会も、1922年にとうとう解散してしまいました。

このように楽天会は、松竹指導のもと初代渋谷天外さんと中島楽翁さんのツートップで始め、ふたりが亡くなったことで解散となります。

楽天会解散後

その後二代目は、曾我廼家十郎さんの勧めで脚本を書くように。

「志賀廼家淡海一座」に参加したあと、1928年に曾我廼家十吾さんらとともに「松竹家庭劇」を立ち上げます。

この「松竹家庭劇」には楽天会にいた、曾我廼家天照さん、曾我廼家三郎さんなども参加しています。

「おちょやん」の天海天海一座のみなさんも一座が解散しても、きっと再登場があると思います。

そして1930年、「おちょやん」ヒロインの竹井千代のモデル、浪花千栄子さんと二代目渋谷天外さんはご結婚されます。

千栄子さんが23歳、二代目が24歳でした。

二代目渋谷天外さん、24歳までにかなりのご苦労があったんですね。浪花千栄子さんも同じですが。

ということで、「おちょやん」に出てくる天海天海一座のモデルは楽天会で、次世代喜劇団と呼ばれた時代の一座です。

そのころの喜劇、どうドラマで描かれるのか楽しみです(#^^#)

天海天海一座のモデルは楽天会で2代目渋谷天外が活躍してた?のまとめ

おちょやん子役キャスト一覧!幼少期と画像比較も

「おちょやん」の天海天海一座のモデルは楽天会です。

天海天海のモデル、初代渋谷天外さんと、須賀廼家千之助のモデル、中島楽翁さんにより結成されました。

楽天会は、ふたりの名前から付けられています。

楽天会で活動をしているときに、2代目渋谷天外さんが生まれ、2代目が10歳のとき、初代が亡くなります。

その後中島楽翁さんも亡くなり、楽天会は解散しますが、のちに二代目らが立ち上げる「松竹家庭劇」に、楽天会のメンバーも参加しました。

登場人物などを見ても、おそらくこの辺りは、史実どおりに描かれると思います。

この楽天会をモデルにした「おちょやん」の「天海天海一座」。

一座のメンバーたちの、個性あふれる演技も楽しみです♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です