暁に祈ると福島三羽ガラスの実話!エールで映画の主題歌の軍歌

スポンサーリンク

朝ドラ「エール(えーる)」では、これからとうとう福島三羽ガラスが誕生、やっと始動します。

福島三羽ガラスとは、主人公の古山裕一(窪田正孝)と自称大型新人歌手(^_^;)の佐藤久志(山崎育三郎)、そしておでん屋を継ぐことになった作詞家志望の村野鉄男(中村蒼)のこと。

3人は福島出身の幼馴染。なので福島三羽ガラス、というわけです。

この福島三羽ガラスは実話で、それぞれ3人にはモデルがいて、「暁に祈る」という曲を手掛けました。

「暁に祈る」は映画の主題歌となり曲も大ヒット♪

そこでこの「暁に祈る」の実話と、福島三羽ガラスについて調べてみました。

さて、「暁に祈る」とはどんな曲なのでしょうか?

今後のネタバレありますので閲覧注意です。

▼今なら朝ドラ「エール」の見逃し配信動画を31日間無料で見放題で視聴できます▼

U-NEXT(ユーネクスト)https://video.unext.jp/

※U-NEXTでしたら、初回登録時に無料で1000ポイントもらうことができます。そしてこのポイントで「NHKまるごと見放題パック」は990ポイントで購入可能になっているので、ポイントを使い実質無料で購入可能です。

※U-NEXT経由で「NHKまるごと見放題パック」に登録することで1話から最新話までの見逃し動画を無料で視聴が可能です。

※登録から31日の間は一切料金が発生しません。無料期間内に朝ドラ『エール』の動画を見放題で無料視聴できます。

「暁に祈る」で福島三羽ガラスが結成?のネタバレは?

みゆきあやこ【幸文子】のモデルは幸田文?エールで若手小説家

ネタバレです!

「エール」の福島三羽ガラスとは、福島出身の古山裕一(窪田正孝)、佐藤久志(山崎育三郎)、村野鉄男(中村蒼)の3人のことです。

1937年、日中戦争が起こりました。

戦時下ではありましたが、まだ国民には大きな影響はありません。

そんなある日、裕一は新聞で公募された「露営の歌(ろえいのうた)」の歌詞を見て、一気に曲を書き上げます。

この曲を佐藤久志(山崎育三郎)が歌い大ヒットに。

そして「露営の歌」は出征する兵士たちの見送りのときに歌われるようになりました。

勝ってくるぞと勇ましく~

というあの曲です。

その大ヒットから1年後。裕一のもとに音(二階堂ふみ)の姉の吟(松井玲奈)と、夫の智彦(奥野瑛太)がやってきました。

智彦は陸軍の馬政課で働いていますが、その陸軍で「暁に祈る」の映画を作ることになり、その映画の主題歌の作曲を、裕一に頼みに来たのでした。

裕一はある条件を出します。

作詞は鉄男、歌は久志が歌うという条件です。

こうして福島三羽ガラスが誕生しました。

やっとですね。当初から「福島三羽ガラス」の名前はずっと出てきましたが、まだかな?まだかな??と思っていた視聴者も多いと思います。でも・・・とうとうやっと活躍できます♪

こんなころから友達?だった3人。

友達というか、裕一は鉄男にいじめられていましたけど・・・(^_^;)

そんな3人がまた東京で出会い、協力して曲を出していきます。なんだか、素敵な話ですよね~。

さて「福島三羽ガラス」実話はどうだったのでしょうか?詳しくまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

暁に祈るは映画の主題歌?福島三羽ガラスなの?

エール弟子の五郎役はハナコ岡部大!ネタバレは梅と結婚?

「暁に祈る」は1940年の映画「暁に祈る」の主題歌です。

作詞は野村俊夫(村野鉄男のモデル)さん、作曲は古関裕而(古山裕一のモデル)さん、そして歌は伊藤久男(佐藤久志のモデル)さん♪

「エール」の福島三羽ガラスのモデルとなった3人です。

一部だけですが、この動画で聴けますよ♪1分40秒過ぎからです。

引用元 YouTube

この映画「暁に祈る」は、陸軍省が軍馬振興のために制作されました。

早い話、軍馬をアピールするためのものです。

そう・・・スポンサーは軍だったんですね。なので曲の内容には軍の意向が反映されたようです。

ドラマ「エール」と同じですね。裕一に曲の依頼をしてきた吟の夫、智彦も陸軍の馬政課の人でした。

実話では、馬政課の人たちがとても力を入れていたそうで、作詞を担当した野村俊夫さんは、7回も書き直しをさせられたそうです(^_^;)

スポンサーが軍だったんで、軍の意向に逆らえなかったという背景もあったと思います。

歌いだしの「ああ」は頭を抱えた野村のため息である・・・と冗談とも本気ともつかない逸話が出るほどでした。

それだけ作詞に苦労したんですね。一方で、作曲も簡単なものではなかったようです。

歌いだしの処理に苦心した古関さん。冒頭部のできの良し悪しは、曲の命運を左右しかねないものですよね。

しかし大ヒット。さすが天才作曲家です。

大ヒットしたのには理由がありました。

「それは詩と曲に、望郷を思う兵士たちの思いが描かれていたから。」

1番の歌詞です。

ああ あの顔で
あの声で手柄頼むと
妻や子がちぎれる程に
振った旗遠い雲間に
また浮かぶ

「露営の歌」とともにこの「暁に祈る」も大ヒットとなりました。

では「暁に祈る」はどんな映画だったのか?

こんなストーリーです。

牧場の跡取り娘だった千代は、母のしげから牧童頭の冬木との結婚を勧められていました。

ですが隣村の真吉と恋に落ちた千代。真吉に嫁いでしまいます。

しげは怒り、親子の縁を切ってしまいました。

 

真吉の親友だった冬木はしげを説得しますが、しげの怒りは収まりません。

やがて真吉は兵士として出征することになります。

 

千代と真吉は太郎という馬を育てていましたが、その太郎も軍に取られてしまいました。

また冬木にも召集令状が。

 

冬木は太郎を自分の馬にしてもらい、太郎のおかげで手柄を立てることができました。

近くに真吉がいると知った冬木は会いに行きますが、真吉は前日に戦死していました。

 

真吉の死は千代やしげにも届き、しげは千代を迎えに行きました。

ですが千代は一生真吉の妻であり続ける、としげに言います。

 

千代の真吉への思いを知ったしげ。千代に謝罪をしました。

戦地では太郎にまたがった冬木が、真吉の遺骨を抱いて入城行進をする・・・。

というお話です。

ちなみにこの映画に、歌う兵隊役で伊藤久男さんも出演されています(≧∇≦)

そして、曲の大ヒットに反して、残念ながら映画自体は、不振だったそうです。

古関さんは後に自伝で「私の数多い作曲の中で、最も大衆に愛され、自分としても快心の作といえるのが【暁に祈る】である」と語っていました。

こうして、「暁に祈る」が福島三羽ガラスにとって、初の作品となりました。

 

スポンサーリンク

 

暁に祈るで誕生した福島三羽ガラスの実話とは?どんな曲があるの?

露営の歌など古関裕而と伊藤久男の軍歌の実話

福島三羽ガラスは実話です!

◆古山裕一(窪田正孝)=古関裕而

◆村野鉄男(中村蒼)=野村俊夫

◆佐藤久志(山崎育三郎)=伊藤久男

「エール」では同級生ですが、実際の3人は年が違い、伊藤久男さんは福島ではありますが、子供のときに接点はなかったようです。

・古関裕而 1909年生まれ

福島の呉服屋の長男として誕生。西洋音楽を独学で勉強し、世界的作曲コンクールで賞をとったことで日本コロムビアと専属契約。

 

最初はヒット曲に恵まれませんでしたが、流行歌や歌謡曲、応援歌など幅広く手掛け大作曲家になりました。

・野村俊夫 1904年生まれ

古関裕而さんより5歳年上ですが、家が近所で本当に古関裕而さんとは幼馴染。

 

福島民友新聞社で働いていましたが、古関裕而さんの勧めで上京。「福島行進曲」を作詞し、古関裕而さんが曲をつけ発売されましたが、残念ながら売れませんでした(^_^;)

 

その後フリーの作詞家として活動。1939年藤山一郎さんが歌った「上海夜曲」の大ヒットでコロムビアと専属契約を結びました。

・伊藤久男 1910年生まれ

古関裕而さんより1歳年下の伊藤久男さん。

「エール」の佐藤久志と同じ県会議員の父親を持ち、裕福な家で育ちました。

 

ピアニストを夢見て上京。そこで同郷の古関裕而さんと知り合い、コロムビアで吹き込みなどのアルバイトをするように。

 

古関裕而さんの勧めで「今宵の雨」で1933年にデビューしました。

伊藤久男さんの初のヒット曲は1938年の「湖上の尺八」」♪

 

その後連続でヒット曲を出し、スター歌手となりました。

このように大先生となられた福島三羽ガラス。

この3人による曲にはこのようなものがありました。

◆1940年 暁に祈る
◆1948年 若き日のエレジー
◆1953年 岬の灯り
◆1954年 福島音頭
◆1956年 メコンの舟唄

福島三羽ガラスの作品は、それほど多くはなかったようです。

さて、「エール」ではもうすぐ福島三羽ガラスが誕生します(≧∇≦)

梅ちゃんと五郎も気になるところですが・・・。

福島三羽ガラスの誕生、楽しみにしていてください(≧∇≦)

暁に祈ると福島三羽ガラスの実話!映画の主題歌を手掛ける

福島三羽ガラスのモデルは?古関裕而の実話

朝ドラ「エール」で、もうすぐ福島三羽ガラスが誕生します。

それは映画「暁に祈る」の主題歌を担当した福島出身の3人のこと。

作詞を古山裕一(窪田正孝)、作曲を村野鉄男(中村蒼)、そしてその曲を佐藤久志(山崎育三郎)が歌いました♪

3人は福島の幼馴染ですが、この3人にはモデルがいます。

作詞家の野村俊夫さん、作曲家の古関裕而さん、そして歌手の伊藤久男さんです。

3人とも福島出身。年齢はみなさん違いますが、野村俊夫さんと古関裕而さんは、実際に幼馴染です。

この3人も福島三羽ガラスと呼ばれていました。

3人の初めての曲は、ドラマと同じ「暁に祈る」です。おそらく誕生までのお話も実話と近いと思われます。

3人の活躍、どうぞご期待ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です