4連休キャンセル高額で悲痛!ホテルなど業者も振り回される

スポンサーリンク

コロナウイルスの感染拡大防止のために、休業を余儀なくされてしまった施設やお店がたくさんあります。

営業を再開しても売上げの減少はまぬがれず、経済に大きな影響を与えました。

そこで、経済をまわすために、消費を喚起しようとGOTOキャンペーンの政策が発表され、7/22からスタートする予定でした。

ところが、GOTOトラベルキャンペーンの「東京除外」を大臣が発表。波紋が広がっています。

まだ8月だったらキャンセル料がかからないかもしれません。しかし、発表がったのは、7月の4連休間もなくの時。

4連休に旅行を計画していた多くの人がキャンセルをすることを選択。高額なキャンセル料に悲痛な声が。

また、予約を受けていたホテルなどの業者も振り回されている状況です。

今回の「GOTOキャンペーン」の「東京除外」決定からの4連休の旅行をキャンセルした人、キャンセルされたホテルなどの業者など悲痛な声や振り回されている人々の様子についてまとめました。

4連休キャンセル続出!キャンセル料高額な人も

緊急事態宣言でずっと我慢していた旅行。また痛手を負ってしまった観光地を応援するべくGOTOトラベルキャンペーンの実行が7月22日の4連休から決定!

これを受けて、自分たちが楽しむためはもちろんのこと、観光地応援の意味もこめて多くの人が4連休の旅行を予約したと思います。

しかし・・・

そんな中、GOTOキャンペーンの「東京除外」が決定したんです。

新型コロナウイルス対策として22日から始める観光支援策「Go To トラベル」について、赤羽一嘉国土交通相は17日の閣議後会見で、東京都民と都内への旅行を対象外とすることを正式に発表した。

支援策は当初、22日から全国一律で始める予定だった。しかし、東京都を中心に感染者の増加傾向が確認されたことなどから各地の首長らから批判が続出。政府は方針を転換し、東京都を外して予定通り行うこととして、16日開かれた政府の新型コロナ感染症対策分科会で了承された。

東京を外して事業を実施することで事業効果が薄れるとの指摘について、赤羽氏は「一定の経済的影響が出る」と認めた。「経済的効果より安全対策上やむを得ぬ措置だ」とも付け加えた。東京が対象から外れたことを理由に旅行の予約をキャンセルした場合の補償は「考えていない」という。

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASN7K3SHKN7KULFA008.html

当初、8月の予定とされていたGOTOキャンペーンですが、GOTOトラベルだけ、7月22日から前倒ししてスタートすることになっていたのです。

ところが直前の16日の夕方に、「東京除外」と呼ばれる、東京へ行く旅行と東京都民の旅行はキャンペーン対象外と発表したのです。

確かに「今なの?」という声はたくさんの人から聞かれましたし、小池都知事は「東京都民の不要不急の都外への移動は控えて欲しい」とは言っていました。

東京都の小池百合子知事は15日の記者会見で、政府の旅行需要喚起策「Go To トラベル」キャンペーンについて、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ「実施の時期や方法などは改めてよくお考えいただきたい」と述べた。都民には「不要不急の都外への外出はできるだけ控えていただきたい」と要請した。

引用元:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071501114&g=eco

ですが、誰も「東京をはずしてくれ」とは言っていないでしょう。

観光地を応援したいという気持ちもあったと思います。また難しい選択で、迷いながら4連休の旅行を決めた人もいると思います。

またGOTOキャンペーンの割引を見込んで、普段なら行かない、少し料金の高い遠くに旅行の予約をした人もいると思います。

キャンペーンスタートの直前に想定外の内容変更は無謀だと思います。

この変更で一気にGOTOキャンペーンへの期待感が削がれたのでは?と思います。

魅力がうすれてしまったのでは?と思います。

ツイッターでもやむなくキャンセルしましたの声がみつかりました。


コロナの感染拡大防止のために、キャンセルした人もいます。予定がなくなってしまっただけでも、かなりショックですよね。

なのに、「東京除外」のためにキャンセルしてもキャンセル料は補填されません。自己負担です。

ツアーやホテルによってはキャンセル料がかからなかったり、小額で済んだ人もいます。


ですが、ほとんどの人が「キャンセル料が高い」と言っています。

8月ならば、まだキャンセル料が発生しないと思いますが、GOTOが始まることで4連休に合わせて予約した人も多いと思います。

「東京除外」となったことで35%の旅行代金の割引(8月末までは旅行代金の半額補助のうちの7割だけ割引適応)も受けられないだけでなく、遠くの豪華なプランを申し込んだ人ほどキャンセル料が高いことになっています。

せめて、35%の割引分でキャンセル料に当てられたらいいと思いますが、それも出来ないそうで、かなり踏んだり蹴ったりな状況になっています。

自分は当事者ではないけれど、言いたいことはある!な人もたくさんいます。

 

大臣は「自然な形で対応して欲しい」「断腸の思いで決断した」なんて言ってますが、焦点がズレているように思います。

ツイートを見ていると、いろんな影響が考えられますよね。

  • 旅行会社とホテルでどっちがキャンセル料を負担するかでもめる。
  • 都民じゃないけれど、こんな騒ぎになったので旅行を自粛する人が増えて、観光業が打撃を受ける。
  • 高額なキャンセル料がかかるので旅行を決行したが、「こんな時に旅行するなんて」と自粛警察が行き過ぎた行動を取る。

 

どれも収益に結びつかないどころか、キャンペーンに水をさしていますね。

誰も喜ばない対策って、なかなかみませんよね?

普通、一般企業の企画って、サービスを提供する側も利用者もwin winになるものじゃないと採用されないと思いますが、誰一人喜んでいない企画って、逆にすごいかも?って思ってしまいます・・・。

 

スポンサーリンク

 

4連休キャンセル続出でホテルなど観光業界が悲劇

GOTOトラベルは東京を除外してスタートすることになりました。

もちろん、キャンセルした観光客もショックだったと思いますが、観光業・旅行会社・ホテルなどの宿泊施設なども大きな被害を受けています。

7月22日からスタートで、予約済みのものも対象だったのですが、「東京除外」となったことで、急転直下で旅行業界、観光業界はキャンセル対応に追われることになってしまいました。

旅行需要喚起策「Go Toトラベル」事業は東京都だけを外してスタートすることになった。旅行ツアーでは早くもキャンセルが相次ぎ、混乱が広がる。「やっとここからって時に……残念です」  旅行会社「四季の旅」(東京都)では16日夕方から17日にかけ、予約キャンセルの電話やメールが殺到した。同社のツアーの95%は東京発着で、会員約6万人の約7割は都内在住者。大半のツアーや旅客が対象から外れるという。

団体旅行を中心に手がける「関東観光社」(東京都)には夏場の予約キャンセルだけでなく、秋以降の予約も「保留させてほしい」との連絡が寄せられている。「希望が打ち砕かれました。9~11月は団体旅行シーズンでかき入れ時。いつ収束するのか不安で仕方ない」とため息をつく。

東京からの客を期待していた地方の観光地もショックは大きい。  一番のかき入れ時を迎えるはずだった長野県軽井沢町。17日に通常営業を再開したばかりの「旧軽井沢ホテル東雲」の予約担当者は、「1週間ほど前には殺到していた申し込みが鈍り始めた」と明かす。お盆の時期の宿泊予約も7割程度。

政府の対応について「ネット予約では(客の)住所を確認するのは難しく、東京からお客様が来た場合の対応も不明。キャンペーンに関し、情報が少ない」と不満を漏らした。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b41cefc41c1a06e79bbfa46d724e4aded459a4b6

宿泊業・観光業界が振り回されて大変であることがよくわかります。

テレビでもキャンセルの電話対応に追われる旅行会社の様子やGOTOトラベルに期待していた浅草の人力車の人が落胆している様子なども報じられていました。

おそらくは4連休で予約が入ったために、食材を揃えたり、人員を増員するなど、いろいろ準備していたのでは??と考えられます。

キャンセルが相次ぎ、準備していた食材や人員の必要がなくなってしまい、最悪の場合、損害賠償も発生するのでは??と想像されます。

GOTOトラベルが盛り上がっているからと、普段はしない準備にお金がかかってしまい、キャンセルが相次いだことで無駄になってしまうケースもあるのでは??と思います。

キャンセルすることになった人もかわいそうだけど、支援してくれるはずのGOTOに振り回されて、損害を受けるかもしれないので、逆に災難?となってしまった、宿泊業・観光業が気の毒に感じます。

私が住んでいる沖縄の那覇市のメインストリートである国際通りも、シャッター閉めたままのお店が多いのです。これがさらに加速してしまうのでは?と不安になります。

さらに、GOTOトラベルは「東京除外」だけではなくなってきました。

「GoToトラベル」について東京が対象外とされて困惑が広がっていますが、対象について新たなことが分かってきています。  一転した“東京外し”にショックが隠しきれません。「東京への観光」、そして「都外への観光」が対象外となったGoToトラベル。

さらに、外れるのは“東京”だけではなさそうです。

赤羽国交大臣:「若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行など感染リスクの高い旅行は控えることが望ましい」

 

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/c1896e63cccf8f37a03749e1940ef1f1ece80a8d

東京発着の旅行を当面、制度の対象外とすることが決まった「Go To トラベル」キャンペーン。旅行代金の半額を補助する仕組みだが、東京都に住む人や、都内での宿泊など東京を主な目的地とする旅行は除外される。

ただ、個人旅行で千葉県に泊まって東京に遊びに行く場合は宿泊分に割引が適用されるなど、分かりにくさが残る。事業者、旅行者ともに混乱しそうだ。  例えば、千葉県の観光を目的とするツアーで、宿泊地も県内の場合は東京を経由していても制度の対象。一方、旅程に東京観光が入ると、ツアー全体が対象から外れる。  ホテルだけを予約して千葉県を訪れる個人旅行も支援を受けられる。千葉に泊まり、東京観光をする場合でも、千葉のホテル代は割引対象だ。

東京で単身赴任をしている人も対応が分かれる。住民票を地元に残していれば割引を受けられるが、東京に移していると適用除外。都外に住む家族と旅行に出掛けたが、本人だけ割引されない、といった事態も起こる。

宿泊先では本人確認を行うが、団体旅行では代表者のみ確認する方向だ。団体客の中に東京在住者がいるかどうか直接確認はしない。住所を偽るケースがないとは言えない。

若者や高齢者の団体旅行、大人数での宴会を伴う旅行は「控えることが望ましい」とし、場合によっては割引の対象外とする方針。ただ、具体的な条件は決まっておらず、個別に判断することになる。

修学旅行は「若者の団体旅行」と見なさない。ただ、神奈川県の私立高校に東京から通っている生徒がいる場合どうするかなど、決まっていない部分も少なくない。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1da02fb15b737453444ce47cc5ddf552234d39f9

「若者の団体旅行」「高齢者の団体旅行」「大人数での宴会を伴う旅行」も割引の対象外とする方針です。

ですが、若者とは何歳から何歳のことを言うのか?高齢者とは何歳以上なのか?団体とは何人以上のことなのか?どれも具体的な条件は決まっていません。

私も書きながら、無責任かも?と思っています。このキャンペーンをきちんと把握している人はいるのだろうか?こんなわけのわからないキャンペーンを利用して旅行したいと思う人がいるのだろうか?かえってマイナスでは?と思えてきました・・・。

ツイッターでは、GOTOを強行しようとして、失敗している政府への意見がたくさんみつかりました。


ツイッターではこんな声も見つかりました。

GOTOの対象外だから、またはコロナの感染拡大を心配して、4連休の旅行の予約をキャンセルする人もいるでしょう。

旅行会社にキャンセル料をおさえる方法はありませんか?と相談するくらいならいいのですが、「キャンセル料なんか払えるかー。」とゴネて業者を困らせる人も出てきそうですよね。旅行業者も災難なのですからそういうことは止めましょうね。

 

スポンサーリンク

 

4連休のキャンセルは東京だけで大丈夫?

実はコロナウイルスは、東京だけでなく、全国的に感染者数が増えているのです。

大阪府

大阪府は12日、府内で新たに32人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。府民に感染状況を知らせる独自基準「大阪モデル」では、警戒を呼びかける「黄色信号」が初めて点灯することとなり、同日夜、通天閣(大阪市浪速区)が黄色の灯りに染められた。通天閣観光の高井隆光社長は「悔しい」と無念の表情を浮かべた。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ba65eb6aca92f8db03a6cdc1b33f441b433b99bb

広島県

広島県福山市は17日、新型コロナウイルスの感染が14日に確認された市内の男性を含む感染の広がりをクラスター(感染者集団)と判断し、厚生労働省に対策班の派遣を要請した。男性が参加したバーのイベント会場にいた人の感染が岡山県内で新たに確認され、一連の感染者が6人に増えたため。市は接触者が200人を超えるとし、熱などの症状がある人の積極的な相談を呼び掛けている。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/27f03bf71ead1143b882135ca7b3b0d25c120305

沖縄県

在沖米軍基地では7月に入り、大規模クラスターが発生。16日までに普天間飛行場で73人、ハンセンで58人、嘉手納基地など3施設で4人が確認されている。3月分を含めた在沖米軍の累計感染者は138人で、県内の累計感染者149人に迫る勢いで増えている。

玉城デニー知事は16日に県庁で記者会見し、沖縄県内で新たに、米海兵隊キャンプ・ハンセンに出入りするタクシー運転手の80代男性=沖縄市=の1人に新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。

引用元:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/602122

埼玉県

そごう・西武は17日、そごう川口店(埼玉県川口市)の従業員2人が新型コロナウイルスに感染し、18日から当面の間、店を全館休業すると発表した。同店では今月8~17日にかけて、今回の2人も含めて従業員計6人の感染が判明している。保健所からは、今のところクラスターではないとの見解を得ているという。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/d7607516676d994c65823bcacefb771a701c9a7c

コロナウイルスは未知のウイルスなので、まだまだわからないことが多いです。感染者が増えているところは地域性があるわけでも、共通点があるとも思えません。

ツイッターでは、コロナの感染者が増えているのは東京だけではないので、今後旅行をキャンセルする必要が出てくる可能性があること、また感染拡大してしまう危険性もあるとの声が見つかりました。

つぎはぎだらけ、穴だらけのキャンペーンを企画した官僚よりも、一般の人のツイートのほうが的を射ているような気もします。

安倍首相が「GOTOトラベル」を「GOTOトラブル」と言い間違えたと話題になりましたが、だんだん冗談ではなくなってきました。

もう「GOTA」とか「GOTE」とか言い換えたほうが良いかもしれません。

私個人としては、宿泊業、観光業が苦しんでいるのは事実なので、応援するためには、持病がなくて、高齢者や小さな子供を伴わない少人数のグループで、マスクを着用するなど対策をしたうえで、県内を旅行するのが一番良いのでは?と思っています。

もし、キャンセルすることになっても、近距離なら高額になりませんし、キャンセル料は地元への寄付やお布施と割り切れるからです。

まとめ

 

GOTOキャンペーンは当初、8月スタートの予定でしたが、GOTOトラベルだけ前倒しして、7月22日からスタートすることになりました。

ところが、直前の16日の夕方になって、東京への旅行、東京都民の旅行は対象外と「東京除外」が発表になりました。

しかも、キャンセル料を国が補填することはないというのですから、予約者はもちろん、旅行会社、宿泊業、お土産屋さん、観光スポットなどさまざまなところに大きな混乱をもたらせています。

今の政府には、「状況を見ながら判断する」と言い切れる統率力がないので、いろんな声でブレブレになっています。

コロナウイルスの感染者が増えているのは東京だけではないので、突然GOTOキャンペーンの除外や変更が発表になるかもしれません。

高額なキャンセル料を負担しないで済むように、お住まいの県内旅行を計画することをお勧めします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です